パリ祭(革命記念日)

時事ニュース

パリ祭(フランスの革命記念日)とは?どんなふうにお祝いするの?

7月14日はフランスの革命記念日です。この日を日本ではパリ祭と呼びますね。フランスでは、日付(le 14 juillet)をそのまま読んで、ル・キャートーズ・ジュイエと呼びます。

英語ではBastille Day(バスティーユデイ)です。



革命記念日の由来

今回はこの、キャトーズ・ジュイエ、つまりフランスの革命記念日について説明している動画を和訳します。由来や当日の催しものまで3分でうまくまとまっています。

学習者向けの動画なので、比較的簡単です。フランス語と英語の字幕もついています。

皆さん、こんにちは。イングリッドです。

なぜ、7月14日が、フランス人にとってとても重要な日か知っていますか?

なぜならこの日は、休日で、特に国の祝日だからです。

この日は2つのできごとを記念してお祝いします。

1つは1789年7月14日のバスティーユの襲撃(la prise de la Bastille)です。もう1つは1790年に制定された連盟祭(la Fête de la Fédération)です。

このレッスンでは、なぜフランス人がこの祝日を祝うのかお伝えします。

[クイズタイム]
Quel spectacle les Français peuvent-ils admirer le soir du 14 juillet, dans toutes les villes de France ?
7月14日の夜、フランスの全都市でどんなイベントをフランス人は楽しむことができるでしょうか?

動画の最後に答えをお教えします。

7月14日のお祝いは1880年から行われています。1789年のこの日に起こったバスティーユの襲撃は、フランス革命の始まりを象徴しています。

この日、王政にたいして怒りをいだいていたパリ市民はバスティーユの要塞を奪ったのです。ここは牢獄でもありました。

連盟祭は1790年に議会によって制定されました。この日は統一とフランス国民の和解を体現しており、同時にバスティーユの襲撃も記念しています。

1880年以来毎年パリで大統領出席のもと、軍事パレードがあります。

軍人は、徒歩、騎馬、車、飛行機に乗っています。彼らはシャンゼリゼ通りを下り、エトワール広場に向かい、コンコルド広場までパレードします。

コンコルド広場で、軍隊は大統領と政府に敬礼します。

大勢のフランス人がこのパレードに注目しています。

パリに実際に見に来られない人々は、家でテレビ中継を見ます。フランスの2つのテレビ局がイベントを中継し、毎年大勢の人が見ます。

この夜、大部分の都市でダンスパーティが開かれるので、フランス人はお祝いできます。さまざまなスタイルのパーティが行われるので、選ぶこともできます。場所によって独自の音楽が提供されます。

パリでもっとも人気のあるパーティは「消防士のダンスパーティ(le Bal des pompiers)」です。消防署内で行われます。

このパーティにはあらゆる年齢、あらゆる職業の人が参加します。

[おもしろいできごと]
知っていましたか? ほとんどのフランス人は7月14日は2つのできごとを記念しているとは知りません。一般に、この日は、バスティーユの襲撃のみを記念していると思われています。

連盟祭はフランスでもあまり知られていません。

では、冒頭に出したクイズの答えをお伝えします。

7月14日の夜、フランス人はほとんどの都市で行われる花火を楽しむことができます。これは1880年に連盟祭ができてからの伝統です。

パリではトロカデロ広場の花火だけでも、大勢の人が集まります。

このレッスンはどうでしたか?何かおもしろいことを学びましたか?あなたの国では、国民の祝日がありますか?

FrenchPod101.comにコメントを書いてください。ではまた。

単語メモ

fête nationale 国の祝日
建国記念日や、独立記念日のような国民的に大々的に祝う日を指します。

fête de la Fédération
連盟祭:1790年7月14日のフランス革命1周年記念祭、建国記念日

verrons  voir の1人称複数(nous)の単純未来

symbolizer  象徴する

s’emparer  奪う

incarner  抽象的なものを具象化する

réconciliation  和解、仲直り
réconciliation des Français (分裂後の)国民的和解

caserne  兵舎、兵営

méconnue  知られていない = ignoré méconnaître の過去分詞からできた形容詞

rassembler   寄せ集める

☆fête nationale は「国の祝日」より、建国記念日としたほうがいいかもしれません。la Fête de la Fédération も建国記念日としたほうがいいかも。こういうの、訳すの難しいですね。



関連動画:2017年は式典にトランプ大統領が参加

2017年はパレードにアメリカのトランプ大統領が招かれました。そのことを伝えるニュースです。

こちらはトランプ大統領が式典を見ていることを伝える英語メディアのニュース

関連記事もどうぞ⇒映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~後編 豆知識としてバスティーユをとりあげています。

2016年はニースでこの日テロが起きました⇒フランス革命記念日に起きたニースのトラックテロ事件の象徴すること

フランスでは消防士は大変人気のある職業だそうです。パリの消防団は、フランスの陸軍に所属する軍隊の一部でもあるので、パレードにも参加します。

FrenchPod101.comの動画はよくできていますね。それでは次回の暦の記事をお楽しみに。






夜間飛行ちあきなおみ「夜間飛行」に出てくるフランス語前のページ

「渚の想い出」ミッシェル・ポルナレフ:歌と訳詞次のページ海とボート

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 聖アンドリュー教会

    時事ニュース

    オランド大統領がプーチン大統領とサプライズ会談

    フランスのオランド大統領が、モスクワでプーチン大統領と会見したニュース…

  2. 黒板にラントレの文字

    時事ニュース

    ラントレ:フランスで新学年開始。2017年の学校改革はこんな感じ。

    2017年9月4日は、フランスではラントレ(la rentrée)でし…

  3. 抗議デモ

    時事ニュース

    アダマ・トラオレ(黒人青年)の死に対する抗議デモ。

    6月2日、パリで起きた黒人差別に対する抗議デモのニュースを紹介します。…

  4. アリとキリギリス

    暦、年中行事

    フランス語のことわざ16~朝(あした)に笑う者は夕べに泣く

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。金曜日に笑う…

  5. iPhone

    時事ニュース

    スティーブ・ジョブズのドキュメンタリー映画「Steve Jobs: The Man in the M…

    アップル社の共同設立者で、2011年に亡くなったスティーブ・ジョブズの…

  6. 哀悼のキャンドル

    時事ニュース

    シャルリ・エブド(フランスの風刺週刊誌)での銃撃

    7日の午前中に起こったシャルリ・エブドでの銃撃事件を報じる子ども新聞記…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. 夜間外出禁止令にショックを受けるフランスのレストランのオーナ…
  2. 魔女の指クッキーの作り方:フランスのお菓子43
  3. なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?
  4. 子供の質問(フランスのスーパーのCM)
  5. 死刑って何ですか?
  6. Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞…
  7. パリで初のシャネルの回顧展、始まる。
  8. ギロチンの歴史(後編)
  9. ギロチンの歴史(前編)
  10. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP