お墓

フランスの暦、年中行事

『諸聖人の祝日』(ラ・トゥーサン)の起源とは?

現在、フランスの子どもたちは「諸聖人の祝日のバカンス」で2週間のお休みの最中です。

La Toussaint (諸聖人の祝日)は11月1日。お墓に行き、菊の花を供えます。きょうはこの日の由来を説明しているビデオのスクリプトを訳します。

学習者むけのビデオですから、構文は難しくなく、フランス語のスクリプトもすべて字幕で出ています。



La Toussaint 諸聖人の祝日

まずはビデオをごらんください。

(日本語らしくなるように意訳しています)

みなさん、こんにちは。イングリッドです。 
なぜ11月1日がフランスで祝日なのかご存知ですか? 
フランス人は、『諸聖人の祝日』をお祝いするからです。これはカトリックの祝日で、死者の日でもあります。
このコースでさらに詳しくお話しますね。

「フランス人がお墓に供えるためにどんな花を買うかご存知ですか?」
この答えを、ビデオの最後でお教えします。

『諸聖人の祝日』はカトリックの祝日です。カトリックのパンテオンに祭られているすべての聖人をたたえる日です。

その起源は諸説あります。というのも、地方によって、違う時期に始まっているからです。

5世紀には、ローマ人がペンテコステの次の日曜日に、聖人と殉教者をたたえました。

8世紀になって、教皇グレゴリウス3世のとき、ローマ人は11月1日に、すべての聖人をたたえて、ローマのサン・ピエトロ大聖堂の中に小聖堂を作りました。

1835年、教皇グレゴリウス4世は、世界中でこの日を祝うことを命じました。

その後、『死者の日』が、『諸聖人の祝日』と結びつきました。 

11世紀になって、クリュニー修道院のオディロンが11月2日をすべての死者をたたえる日と制定しました。

けれでも、この2つの日の違いは、フランス人にとって決して明確ではありませんでした。少しずつ、『死者の日』は、『諸聖人の祝日』に取って代わっていったのです。

今日でも、たくさんのフランス人が、ラ・トゥーサン(諸聖人の祝日)は、死者の日で、聖人の日ではないと思っています。

『諸聖人の祝日』(11月1日)が、11月2日とは違って祝日なので、このような考えが一般的になりました。

こうして『諸聖人の祝日』は、大部分のフランス人にとって『死者の日』となったのです。

この日、フランスの人々は、先祖の墓に集います。家から離れた一族の墓に参るために、遠いところから車でやってくる人もいます。

墓を掃除し、亡くなった人に花を供えるが慣例です。

****
子どもや学生は『諸聖人の祝日』が大好きです。ふつう、この時期は「トゥーサンのヴァカンス」と呼ばれる2週間のお休みになり、ゆっくりできます。

では、最初にした質問の答えを言います。

「フランス人がお墓に供えるためにどんな花を買うかご存知ですか?」

フランスでは、菊やマリゴールドで、墓をおおいます。こうした花は死者の花と考えられており、愛の象徴です。
*****

このレッスンはどうでしたか?
何かおもしろいことを学びましたか?

あなたの国では、亡くなった人を思い出す日がありますか?

FrenchPod101.com にコメントを残してくださいね。
それではまた。

・・・〈和訳ここまで〉・・・



単語メモ

férié (宗教・法律で)祝祭日と定められた

panthéon パンテオン 古代ギリシア・ローマで神々を祭った万神殿。偉人たちを合祀(ごうし)する霊廟(れいびょう);神々、パンテオンに祭られるような偉人たち

Pentecôte 聖霊降臨祭、ペンテコステ 復活最後の第7日曜。聖霊が使徒に君臨したことを祝う日。

basilique 大聖堂、バジリカ

net, nette 明確な

déborder (河川などが)氾濫する、あふれる

généraliser 一般化する、普及させる

défunt 故人、死者

trajet 道のり
faire un long trajet 長い道のりをゆく

se rendre à ~に行く、赴く

afin de ~するために

prélasser くつろぐ

chrysanthème 菊

œillet d’Inde フレンチマリゴールド

『諸聖人の祝日』についてはアメブロでも書いています⇒11月1日は諸聖人の祝日(La Toussaint)、その由来は?

『死者の日』は11月2日なのに、11月1日に、亡くなった先祖をしのんでお墓参りに行く、ということですね。

フランスの祝日はカソリックに関係しているので、その由来を訳すのはなかなか骨が折れます。

11月は日本でも祝日が多いですが、さすがに2週間も休めないですよね。来月は年末年始の休暇がありますし。

それでは、次回の暦の記事をお楽しみに。






ランス ノートルダム大聖堂柔らかい肌~入門日記第27回前のページ

フランス語のことわざ59~バターとそれを売ったお金をいっしょに持つことはできない次のページバター

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ブドウの木

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その1

    ジルベール・ベコーの「故郷の9月」をご紹介します。ジルベール・…

  2. 黒猫

    フランスの暦、年中行事

    13日の金曜日恐怖症

    先週の13日は金曜日でしたね。もう過ぎてしまいましたが、13日の金曜日…

  3. ローストダック

    フランス語の語彙

    クリスマスの単語 その7 レヴェイヨン~イヴやおおみそかのごちそう

    12月の土曜の夜はクリスマス関連の単語を集めています。きょうは…

  4. クリスマスマーケット

    フランスの暦、年中行事

    フランスでのクリスマスマーケット(マルシェ・ド・ノエル)の起源。

    フランスでいつマルシェ・ド・ノエル(marché de Noël)が始…

  5. ガレット・デ・ロワ
  6. イースターエッグ

    フランスの暦、年中行事

    イースター(復活祭)に卵を使う風習はどのようにして生まれたのか?(1分で説明)

    イースター(復活祭)は、キリストの復活を記念するキリスト教の祝日です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. やわらかヨーグルトケーキの作り方:フランスのお菓子40
  2. 5月20日は、世界ミツバチの日:なぜミツバチは、私たちの生活…
  3. カンヌ国際映画祭が果たしている4つの役割
  4. 読者さまの質問とその回答特集(その2)モーパッサンのことなど…
  5. 読者さまの質問とその回答特集(その1)
  6. 5月9日はヨーロッパの日。欧州連合の歴史を簡単におさらいしよ…
  7. わが心の風車(風のささやき):ミシェル・ルグラン(歌と訳詞)…
  8. 外出制限の中、あるフランス人家族はどんなふうに暮らしているか…
  9. 労働者の日(メーデー)がある理由。子ども向けの簡単な説明。
  10. アナと雪の女王 2、予告編のフランス語

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP