カミーユ@北ホテル

虎と小鳥のフランス日記

パリの「北ホテル」でランチ「虎と小鳥のフランス日記」第126話

今週の「虎と小鳥のフランス日記」第126話はは久しぶりにレストランが舞台です。

レストランの名前は、« L’Hôtel du Nord » (北ホテル)

今は、レストランであるこの場所は、以前は« L’Hôtel du Nord » という名の安宿で「北ホテル」という映画の舞台です。

ただし、ストーリーは実際にこのホテルで起きたことをベースに展開されているものの、撮影はスタジオで行われたそうです。

今回はこのエピソードの冒頭40秒のサンプルビデオがあります。

レストランに向かうカミーユが映っています。発話はありませんがごらん下さい。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

きょうのメニュー

  • 3つの大切な表現
  • 表現をちょっと解説
  • キノア
  • 映画「北ホテル」とレストラン「北ホテル」
  • 今回はあんまりしゃべりがなくて短かったです。それでは、さっそく、復習行ってみよう!



    3つの大切な表現

    想像できないわね

    入り口はせまいけれど、中に入ると想像以上に大きなこのレストランに入ったカミーユの感想です。

    外からはこんなに広いなんて本当に想像できないわね。

    カミーユ@北ホテル

    C’est vrai que de l’extérieur on s’attend pas du tout à un endroit aussi grand.

    確かに広いです。

    北ホテル

    そうなんですか?

    「映画はここで撮影したわけではない」、と聞かされて驚くカミーユ

    え、そうなんですか?

    カミーユ@北ホテル

    Ah bon ?

    じゃなくて

    はい、スタジオで撮影されたんです。ですが、インスピレーションを与えた話は、じゃなくて、本は・・・

    北ホテル

    Non, il a été tourné en studio. Et euh…Mais par contre euh…l’histoire euh…qui a…inspiré ‘fin, le livre.

    表現をちょっと解説

    s’attendre à 予想する

    C’est vrai que de l’extérieur on s’attend pas du tout à un endroit aussi grand.

    この一文はいろいろ学びどころがあるし、使い道がありそうなので、ちょっと詳しく見てみましょう。

    まず、C’est ~ que の強調構文です。

    強調されているのは vrai 本当に

    何かが本当だ、と強く言ってるのですね。

    de l’extérieur 外から

    s’attendre à ~を予想する
    Je ne m’attendais pas à votre venue.
    いらっしゃるとは予想していませんでした。

    Il ne s’attendait pas à gagner.
    彼は勝つなんて思っていなかった。

    pasがついているので、否定で、予想していなかった

    さらに、du tout で強調し、予想だにしていなかった

    un endroit aussi grand こんなに広い場所

    全部合体させて直訳すると
    外からは、(中が)こんなに広いと全く予想しないことは本当だ⇒外からは中がこんなに広いとは想像できないわね。

    ‘fin = enfin ではなくて

    ‘fin は enfin を早くしゃべているので、最初の en の発音が落ちて、fin しか聞こえないのを、表記しています。

    ここでの enfin は、言い間違いを修正したり、前言を補足する enfin。
    「ではなくて、むしろ,というよりは、つまり」といった意味です。

    Ce livre、enfin, ce film était tres intéressant.
    この本、じゃなくて、この映画、とても面白かったよ。

    C’est un très bon restaurant, enfin à mon avis.
    ここはとてもよいレストランよ、まあ、私の意見だけど。

    しかし、この fin、私は聞き取れなかったですね。enが落ちるとすごく短い発音になるので。

    キノア

    キノアとは?

    今回、ウエイトレスさんとあんまり話がはずまなかったのか、会話が短かったので、カミーユは自分とアントワーヌの注文した料理を逐一説明していました。

    その中で、ひとつだけ知らない料理があったので、調べてみました。

    それはマス(la truite)の付け合せのキノア・グラタン(un gratin de quinoa)というもの。上にのっているのはトマトソース

    グラタンキノア

    「つぶつぶしていて、押し寿司みたいだな」、と思ったのですが、quinoaは元スペイン語で、辞書にはアカザ科の草木、とあります。草ですが、雑穀みたいな形状でアンデス地方では、種をおかゆにして食べるそうです。

    こちらはキノアについて説明した動画(英語です)
    3分54秒

    タンパク質やミネラルが豊富で、肉の替りとなるようですね。実は、私はキノアというものを知らず、これまで食べたことがなかったのですが、とてもヘルシーそうではありませんか? 今度買ってきて食べてみようと思います。

    キノアグラタンの作り方(フランス語 音声はなし)

    2分

    グラタンにすると牛乳や卵が入るので、乳製品を控えている人はNGですが、こちらも簡単でおいしそうですね。



    映画「北ホテル」とレストラン「北ホテル」

    映画「北ホテル」

    「北ホテル」マルセル・カルネ監督の1938年の映画で、北ホテルに逗留している人々の人間模様を描いています。安宿のここは貧しい人々の吹きだまりみたいな場所。

    こんな感じの映画。
    このホテルはパリのサン・マルタン運河ぞいにあります。

    1分42秒

    レストラン「北ホテル」

    最後に今回のビデオから、このレストランの中をご紹介します。

    北ホテル

    とても雰囲気のいいお店ですね。パリに行ったらチェックしてみてください。






    サンタクロースクリスマスの単語 その1「クリスマス」前のページ

    エリック・サティ~Je Te Veux(ジュ・トゥ・ヴ)、歌と訳詞次のページモンマルトル

    ピックアップ記事

    1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. パサージュ・デュ・グラン・セール

      虎と小鳥のフランス日記

      パサージュ・デュ・グラン・セール その1~「虎と小鳥のフランス日記」第133話

      2014年はじめての「虎と小鳥のフランス日記」のエピソードが届きました…

    2. ブシー・サン・マルタン教会

      虎と小鳥のフランス日記

      ブシー・サン・マルタン教会(パリ郊外)「虎と小鳥のフランス日記」第121話

      今週の虎と小鳥は、パリから東へおよそ25キロ行ったところにある村、ブシ…

    3. クルセグル

      虎と小鳥のフランス日記

      南仏の村~クルセグル「虎と小鳥のフランス日記」第119話

      今週の「虎と小鳥」も夏休みシリーズ。前回の第118話 ベルヴェ…

    4. パリ

      虎と小鳥のフランス日記

      フランス語で「ブロンズになる」とは~「虎と小鳥のフランス日記」第46話

      先週にひきつづき、虎と小鳥のフランス日記のバックナンバー、第46話を学…

    5. 緑の葉っぱ

      虎と小鳥のフランス日記

      復興への願いをこめて~バイオリンと『雨ニモマケズ』

      「虎と小鳥のフランス日記」第57話に出てきたバイオリンと、宮沢賢治の『…

    6. 国虎屋パリ

      虎と小鳥のフランス日記

      オペラ地区で聞くジャズ・マヌーシュ「虎と小鳥のフランス日記」第115話

      新しい虎と小鳥のフランス日記が配信されました。第115話はオペ…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. 自由の女神像は、フランスからアメリカへの贈り物(前編)
    2. サマータイム(le changement d’h…
    3. 夜間外出禁止令にショックを受けるフランスのレストランのオーナ…
    4. 魔女の指クッキーの作り方:フランスのお菓子43
    5. なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?
    6. 子供の質問(フランスのスーパーのCM)
    7. 死刑って何ですか?
    8. Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞…
    9. パリで初のシャネルの回顧展、始まる。
    10. ギロチンの歴史(後編)

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 日めくりとpen
    2. 黒板
    3. 星の王子さまの本

    アーカイブ

    PAGE TOP