ハロウィン

時事ニュース

ハロウィンの仮装用、ニセの血の作り方。意外な材料を使います

10月31日はハロウィンですね。仮装する人のために、うその血、ニセの血の作り方を書いた子ども新聞の記事を紹介します。



Halloween : qui veut la recette du faux sang ? ハロウィン:ニセの血のレシピ、欲しい人いますか?

Nous avons rencontré Jacques-Olivier Molon, maquilleur d’effets spéciaux. Ce créateur de monstres, qui fabrique lui-même son faux sang, nous a confié sa recette.

スペシャルエフェクトのメーキャップアーティストのジャック・オリヴィエ・モロン氏に会いました。彼は怪物を作る仕事をしており、ニセの血も自分で作っています。作り方を教えてもらいました。

Un four, une perceuse, des pinceaux… Dans l’atelier d’un créateur de monstres, il y a un peu tout ça. Et sur les étagères, des têtes d’extraterrestre ou de zombie prennent la poussière. « Il faudrait que je les nettoie », sourit Jacques-Olivier Molon, le papa de ces monstres.

オーブン、ドリル、筆…。彼のアトリエにはほとんど何でもあります。棚にはほこりをかぶった宇宙人の頭やゾンビの頭が並んでいます。

「掃除しないとね」、この怪物を作った本人のモロンさんは笑顔で言いました。

モロンさんはスペシャルエフェクトのメイクをするプロで、映画、テレビ、美術館で腕をふるっています。もっとも最近の作品は、パリの人類博物館のオープニングのために作ったネアンデルタール人の顔です。

Des monstres entre les mains 手作りの怪物

スペシャルエフェクトのメイクをする人は、怪物の職人とも言えます。彼はすべて手づくりします。グレーズ(glaise)という想像上の人物を掘るのに用いられる粘土の一種を使います。

グレーズで型を取り、シリコンのマスクを作ります。それから彩色します。色をつけてこの世のものとは思えないものにしたり、反対にすごくリアルなものにします。

Maître du faux sang ニセの血作りの名人

Il est le maître du faux sang, qu’il fabrique parfois lui-même.
Il nous en a confié la recette :
Ingrédients :
– Sirop de sucre (glucose) ou sirop de grenadine
– Colorants alimentaires rouge (beaucoup) et jaune (un peu)
– Café soluble
– Lait
Préparation :
Mélanger les ingrédients.
Attention à ne pas mettre trop de colorant jaune. Le café servira à assombrir le sang et le lait à le rendre opaque [moins transparent].
Conserver le mélange au frigo et l’utiliser rapidement, sans l’avaler.

彼はニセの血づくりの名人で、時折作っています。作り方を教わりました。

材料
●砂糖(グルコース)のシロップかグレナデンシロップ(ザクロのシロップ)
●食品用の着色料、赤をたくさんと黄色を少し。
●インスタントコーヒー
●牛乳

作り方
●材料を全部混ぜます。
黄色の着色料を入れ過ぎないように注意してください。インスタントコーヒーは血を暗くして、ミルクは血を不透明にします。

冷蔵庫に保存して早めに使い切ってください。飲んではいけません。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Halloween : qui veut la recette du faux sang ? ☆記事が削除されたので、リンクをはずしました(2020/08/10)



単語メモ

confier 打ち明ける

perceuse ドリル

poussière ほこり

glaise グレーズ、粘土

Musée de l’homme à Paris パリの人類博物館
改装のため6年間、休館していましたが、2015年の10月15日にオープンしました。

ニセの血の作り方ですが、すごく意外なものを使っていますね。私は絵の具か何かで色をつけるのかと思っていました。

Sirop de sucre(砂糖のシロップ)はそういう名前の商品が市販されているようです。記事では分量が書かれていなかったので、参考になりそうな動画を貼っておきます。1分20秒です。

この動画のニセの血の材料は
●水
●ラズベリーのピューレ
●インスタントコーヒー
●はちみつ
●着色料、赤
●水

ラズベリーのピューレ意外は家にあるもので作れますね。

「ニセの血のり」のレシピはたくさんあるようです。興味のある方は関連動画を見て研究してください。

それでは Happy Halloween !






女の子中国の一人っ子政策廃止へ(フランス語のニュース)前のページ

ヌテラのCMで基本動詞の聞き取り練習次のページヌテラ

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. ハロウイン pen

    時事ニュース

    ハロウインでピエロの仮装禁止令~南仏の村で

    10月31日はハロウィンですね。子ども新聞でフランスのある村が…

  2. 七面鳥のロースト

    時事ニュース

    オバマ大統領、ホームレスの退役軍人に感謝祭のごちそうを給仕

    11月の第4木曜日は、アメリカのサンクスギビングデイ(感謝祭)です。こ…

  3. バービー

    時事ニュース

    バービーの光と影 後篇

    アメリカで、バービーの売上がどんどん落ちているというニュースの後半です…

  4. ベルリンの壁

    時事ニュース

    ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 前編

    2014年11月9日はベルリンの壁が崩壊してから25周年にあたります。…

  5. 凱旋門

    暦、年中行事

    5月8日、ヨーロッパ戦勝記念日(VEデー)の起源とは?

    5月8日は、フランスでは、Fête de la Victoire(直訳…

  6. ランブラス通り

    時事ニュース

    スペインのバロセロナとカンブリスで起きたテロ

    2017年8月1日の午後から夜にかけてスペインでテロの襲撃がありました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ギロチンの歴史(前編)
  2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP