鳩時計

フランス語を読む練習

アニメ:『ジャックと機械じかけの心臓』~その2

現在フランスで公開されているアニメーション映画、『ジャックと機械じかけの心臓』の原作者であり監督のマティアス・マルジュウへのインタビューの続きです。

記事のタイトルは、Cinéma : le cœur de Jack fait “tic tac”
映画:チクタクするジャックの心臓

きょうは映画の1シーンをごらんください。



ジャックと機会じかけの心臓

う~ん、いい曲ですね。歌詞を訳してみたいです、そのうち…

ミス・アカシアの声は歌手のオリヴィア・ルイズ(Olivia Ruiz)です。記事の最後に彼女のインタビューの動画をご紹介しています。

この映画の概要についてはその1をどうぞ。
アニメ:『ジャックと機械じかけの心臓』~その1

それでは続きを訳していきます。

記事の和訳(2つめの質問から最後まで)

だからと言って、『ジャックと機械じかけの心臓』は子どもむけの映画というわけでもありませんよね。

MM:そうですね。子どもむけの映画を作ろうとしたわけではありません。子どもむけのアニメ映画の作り方は、どんどん型にはまっていっていると思います。

子どもを馬鹿にすべきじゃないですね。甘いものやカラフルな色、しゃべるフルーツ、ディスコで踊る動物などを入れるのが子どもにいいんだ、と思うのはやめるべきですよ。子どもたちが全部理解できなくても、それはそれで仕方がありません。

この映画の登場人物は磁器のような顔色で、素晴らしい目をしていますね。こういうふうにしたかったのですか?

MM:危うさを出したかったんです。磁器と真珠の中間の感じです。目をしっかり映しだす時、目の中に小さな光の反射を入れました。そうすることで、より目がはっきりするんです。

計画の段階で、カーチェイスシーンにジョークを入れることはできないとわかっていました。ふつうの映画ならできたかもしれませんが。人間の目みたいにする必要があったんです。

この映画はとても美しく、悲しく、あらゆる感情を喚起させますね。

MM:子どもたちに、どんな感情も語ることができると思っています。喜びも、冒険も、ゆううつな気分も。

特にこの映画を楽しむためには、少しばかり恋する気持ちを感じることが必要です。とにかく、恋愛感情を持つとか、少なくともそういうことがあるんだ、と思うことですね。もしそういう気持ちになれないなら、この映画の魅力は、たぶん少し失われてしまうんじゃないでしょうか。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Cinéma : le coeur de Jack fait "tic tac" ☆記事が削除されたので、リンクをはずしました(2020/08/10)

単語メモ

pour autant (否定表現で)だからといって(・・・でない)
Les prix augmentent chaque mois, mais les salaires n’augmentent pas pour autant.
物価は毎月上昇するがだからといって給料があがるわけではない。

se moquer de ~を馬鹿にする

teint 顔色

carrément はっきりと

course-poursuite カーチェイス

résonner  鳴り響く

*カーチェイスのジョークのシーンは、映画を見るか、原作を読まないと意味がわからないですね。



オリヴィア・ルイズのインタビュー

最後にミス・アカシア役のオリヴィア・ルイズの短いインタビューの動画をご紹介します。

ミス・アカシアが演奏している楽器はなんでしょうかね?手回しオルガンのたぐいでしょうか。

オリヴィア・ルイズは以前、マティアス・マルジュウのパートナーだったので、小説では、たぶん彼女をイメージしてミス・アカシアというキャラクターを書いたのだと思います。

魅力的な声の持ち主のオリヴィアさん。私、ファンです。名前もきれいですし。昔はオリヴィア・ニュートン・ジョンが好きでした。

★関連記事もどうぞ:
『チョコレート女』La femme chocolat オリビア・ルイズ~歌と訳詞~命令文の練習に最適 この曲はマティアス・マルジュウの作ったものです。

この映画は1870年代のエジンバラから始まって、ジャックが鉄道にのってヨーロッパを横断する旅に出ます。

だから、なんだかノスタルジックですね。機会があったら、私も見てみたいです。






ブドウ収穫祭(モンマルトル)ブドウ収穫祭・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第21話前のページ

『虎と小鳥』2014年パリ新年会@ビストロ・ヴィヴィエンヌ その2次のページパリ

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。

関連記事

  1. レッド・カーペット

    フランス語を読む練習

    カンヌ国際映画祭のパルムドールの起源

    第66回カンヌ国際映画祭が26日の夜に終了しました。コンペティ…

  2. 都会

    フランス語を読む練習

    ヒートアイランド現象とは?(簡単な説明)

    ヒートアイランド現象について簡単に説明している1分半の動画を紹介します…

  3. ダカールのピカソ展、ポスター

    フランス語を読む練習

    ダカール(セネガル)で50年ぶりのピカソ展

    2022年の4月1日から6月30日まで、セネガル共和国の首都、ダカール…

  4. 塗り絵

    フランス語を読む練習

    世界の子どもぬり絵の日 前編

    5月6日は「世界ぬり絵の日」だそうです。日本ではあまり話題になっていな…

  5. パンドラの箱

    フランス語を読む練習

    パンドラの箱の意味とこの表現の由来。

    『パンドラの箱』は、ギリシャ神話が元になっている表現です。『パ…

  6. ツリーのデコレーション

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーの飾り方のアイデア その1 ナチュラル

    12月になりましたね。フランスの師走は「クリスマス」という一大イベント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP