手作りキャンドル

フランス語を読む練習

香り付きのナチュラルキャンドルの作り方。

環境にも健康にもいいナチュラルキャンドルを手作りする方法を見せている2分46秒の動画を紹介します。

タイトルは、RECETTE – Comment faire ses bougies maison ? (手作りキャンドルの作り方)。



Bougie maison

2分46秒。フランス語の字幕あり。

作り方を説明しているマチルドさんは、体や健康にいい生活にこだわっています。

トランスクリプション

Avoir des bougies chez soi contribue à notre bien-être, malheureusement, les bougies de bonne qualité qu’on trouve dans le commerce sont parfois très chères et celles qui sont moins chères pas très “écolo-compatibles”.

Je vais vous montrer comment faire vos bougies naturelles vous-mêmes.

D’abord, que ce soit dit une bonne fois pour toutes : aucune bougie n’est bonne pour la santé !

Quoi qu’il arrive, qu’elles soient faites avec des produits naturels, la combustion va dégager du benzène qui est nocif pour notre air et nos voies respiratoires.

Mais elles nous réconfortent tellement bien, nos petites bougies !

Alors c’est comme tout, à consommer avec modération.

Alors pour faire des bougies, vous avez besoin d’un pot, de cire, d’une mèche et 4 piques en bois ou cure-dents, que vous allez entrelacer, je vais vous montrer.

Si vous voulez obtenir des bougies parfumées, vous ajoutez de la fragrance ou de l’huile essentielle.

Il y a pas mal de règles à respecter dans ce domaine.

Démonstrations.

Faites chauffer au bain-marie de la cire de soja ou cire d’abeille, une fois qu’elle est fondue, sortez la cire du feu et ajoutez la fragrance ou l’huile essentielle de votre choix.

Attention ! La fragrance ou l’huile essentielle ne doit pas dépasser 5 % de la totalité de la recette.

Par exemple, si vous mettez 100 g de cire d’abeille, vous avez droit de mettre 5 g ou 5 ml de fragrances ou d’huiles essentielles.

Point très important pour les bougies parfumées : il faut savoir le point éclair de chaque fragrance ou de chaque huile essentielle que vous voulez utiliser.

Ce point éclair doit être supérieur à 65 degrés, sinon toute la surface de la bougie va s’enflammer.

Pour trouver le point éclair des huiles essentielles ou des fragrances, il vous suffit de regarder sur internet et vous trouverez toutes les caractéristiques du produit.

Trempez légèrement la partie métallique de votre mèche dans la cire et collez-la au fond du pot de la bougie puis, pour maintenir la mèche droite, formez un croisement entre les piques en bois ou les cuer-dents comme ceux-ci et versez la cire fondue dans le pot.

Attendez qu’elle refroidisse et coupez la mèche.

Alors personnellement, je préfère utiliser des fragrances plutôt que des huiles essentielles dans mes bougies.

Pourquoi ? Parce que déjà c’est moins cher et les fragrances sont moins voraces en matières premières.

Alors pour vous rendre compe pour produire 1 kg d’huile essentielle de rose, par exemple, il va vous falloir 6 tonnes de pétales de roses.

Voilà, vous savez tout ! Profitez bien de vos bougies. Sur ce, je vous laisse et n’oubliez pas qu’on peut sauver le monde tout en restant dans son salon ! Salue.

手作りキャンドル・和訳

自宅にキャンドルがあるのは、ウェルビーイングに役立ちますが、残念ながら、販売されている高品質のキャンドルはときに、とても高価で、安いものは、あまり環境によくありません。

みなさんに、ナチュラルなキャンドルを手作りする方法をお見せします。

まず、何よりも言っておきたいのは、キャンドルはすべて健康によくありません。

原材料がなんであろうと、自然な素材でできていようと、燃やすとベンゼンが放出され、空気を汚し、呼吸器によくありません。

でも、キャンドルがあると、とってもやすらぎますよね。

だから、使いすぎないようにしてください。

キャンドルを作るのに必要なのは、ポット(ガラス瓶)、ろう、芯、木のスティックか爪楊枝を4本、これは交差させます。これから見せますね。

香りつきのキャンドルがいいなら、香料か精油を加えます。

この分野(香り付きのキャンドルを作るとき)は、守るべきルールがたくさんあります。

実演します。

ソイワックスか、蜜蝋を湯煎であたため、溶けたら、火にかけたまま香料か好きな精油を加えます。

注意してください。香料や精油はレシピ(キャンドル)のトータルの5%を越えてはいけません。

たとえば、蜜蝋を100グラム使うなら、5グラム、つまり5ミリリットルの香料か精油を入れます。

香料入りのキャンドルでとても大事なポイントは、使う香料や精油の引火点を知っておくことです。

引火点は、65度より高くなければなりません。さもないと、キャンドルの表面が燃え上がります。

精油や香料の引火点を調べるには、インターネットを見れば十分で、そうすれば、その商品の性質すべてを見つけることができます。

芯の金属部分を軽くろうにつけ、キャンドルの瓶の底にくっつけます。その後、芯をまっすぐにするために、(芯のまわりに)木のスティックか爪楊枝をこんなふうに交差して、溶かしたろうを瓶に注ぎます。

ろうが冷えるのを待ってから、芯を切ります。

私は、精油より香料をキャンドルに使うほうが好きです。

なぜか? そのほうが安いし、自然のままの材料ほど、欲張らずにすむからです。

たとえば、1キロのバラの精油を採るのに、バラの花びらが6トン必要です。

さあ、すべてわかりましたね。

キャンドルを楽しんでください。ここで終わりにします。リビングルームにいるときも、世界の助けになれることを忘れないでください。さようなら。

単語メモ

mèche (灯油ストーブ、灯油ランプなどの)芯(しん)

entrelacer  (糸などを)交差させる

point d’éclair  引火点

supérieur à  ~より大きい、を上回る

s’enflammer  燃え上がる

vorace  貪欲な



手作りキャンドル。関連動画

DIY Bougie parfumée & naturelle(DIY ナチュラルで香り付きのキャンドル)

4分。

湯呑みたいな陶器でキャンドルを作るとおしゃれですね。この人は、芯をまっすぐに保つのにマスキングテープを使っています。こちらのほうが手軽ですね。

このチャンネルは、かわいいものをいろいろ手作りしているので、そういう世界が好きな人におすすめします。

この人、ETSYでも販売しているようです。

■関連記事もどうぞ⇒香りやアロマに関する言葉:かわいいフランス語教えます(115)

*****

たまに、みつろうのキャンドルを買っていますが、すごく高いんです。

自分で作ったほうがよさそうですね。






ピンクのワンピースを着た女性バービー人形はいつからあるか?前のページ

船に関する単語、及び語基-nau-について:かわいいフランス語(154)次のページ船

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」

関連記事

  1. セーター

    フランス語を読む練習

    2014年秋冬のファッションのトレンドその2~シックな山ガール

    2014年-2015年秋冬ファッションのトレンドの記事、2回めです。…

  2. レオナルド・ダ・ヴィンチの像

    フランス語を読む練習

    レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき

    誰もが知る天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)を取り上…

  3. 女性ドライバー

    フランス語を読む練習

    Uber(ウーバー)のドライバーの横顔。

    スイスのUberのドライバーが、自分の生活について語っている1分20秒…

  4. ウォータースプレー

    フランス語を読む練習

    エビアン水を顔にスプレーする習慣に思うこと。

    ARTEのKarambolageのシリーズから、ドイツ人女性が、ミネラ…

  5. 映画の撮影

    フランス語を読む練習

    映画を発明したのは誰?

    リュミエール兄弟がはじめての映画を上映したことを、簡単なフランス語で説…

  6. 都会

    フランス語を読む練習

    ヒートアイランド現象とは?(簡単な説明)

    ヒートアイランド現象について簡単に説明している1分半の動画を紹介します…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP