フランスのカフェ

フランス語を読む練習

フランスのカフェ入門。

フランスのカフェについて3分で説明している動画を紹介します。

タイトルは、Au café (カフェにて)。

イタリアのマルチメディア教育チャンネルがフランス語を学習している中学生向けに作ったものなので、フランス語は平易です。

動画の説明には、 B1-B2とありますが、私の体感では、A1-A2あたりです。



Au café

3分。

勉強用コンテンツなのでエンタメ性には欠けますが、ゆっくりしゃべっているので、勉強には向いています。

トランスクリプション

Les cafés en France sont une institution. On y va pour se détendre, pour lire le journal, rencontrer les amis.

Les cafés, tout comme les restaurants, représentent l’art de vivre ensemble.

Les Français et les touristes aiment s’y attarder.

Les cafés sont en général très fréquentés, car on peut s’y désaltérer et on y déjeune à toute heure.

Il est agréable de prendre un thé ou un café en terrasse les beaux jours tout en regardant les passants.

Il existe des cafés de grande renommée à Paris, tels que le Café de Flore ou Les Deux Magots, probablement le café le plus célèbre du quartier de Saint-Germain-des-Prés, où se côtoyaient les grands intellectuels de la société française du 20e siècle.

De grands écrivains comme Jacques Prévert, Jean-Paul Sartre et Simone de Beauvoir, y ont laissé leur empreinte.

On trouve aujourd’hui une atmosphère raffinée à l’intérieur des Deux Magots.

Observez les magnifiques miroirs qui sont typiques de ces cafés.

Aujourd’hui, le monde des arts et de la littérature y côtoient aussi celui de la mode et de la politique.

Le Café les Deux Magots est l’un des plus anciens cafés de Paris.

Le service y a conservé son caractère original.

Les serveurs, en habit noir et blanc selon la tradition, servent encore certaines consommations : vin, champagne, alcool, whisky devant le client avec présentation de la bouteille.

Ils servent également le chocolat préparé à l’ancienne, à partir de tablette fondue dans du lait et le café, comme autrefois, dans de vrais pots, apporté fumant à table.

カフェにて・和訳

フランスのカフェは1つの制度です。人々はカフェに、くつろぎに、新聞を読みに、友人に会いに行きます。

カフェは、レストランと同様、共に生きる技術を表しています。

フランス人や観光客は、カフェで長居するのが好きです。

通常、カフェは人でいっぱいです。というのも、そこではいつでも、喉をうるおせるし、食事ができるからです。

天気のいい日に、路行く人を眺めながら、テラス席でお茶やコーヒーを飲むのは気分がいいものです。

パリにはとても有名なカフェがあります。たとえば、カフェ・ドゥ・フロール。そして、レ・ドゥ・マゴは、おそらくサンジェルマンデプレで一番有名なカフェで、20世紀のフランス社会の偉大な知識人たちがここに集っていました。

ジャック・プレヴェール、ジャン=ポール・サルトル、シモーヌ・ド・ボーヴォワールといった偉大な小説家がこの店に足跡を残しました。

今日、ドゥ・マゴの店内には、洗練された雰囲気があります。

この種のカフェの典型である素晴らしい鏡を見てください。

今は、芸術家や文学者だけでなく、政治家もこの店にやってきます。

レ・ドゥ・マゴはパリで一番古いカフェの1つです。

この店は独特の特徴があるサービスを維持しています。

ウエイターは、伝統にのっとって、黒と白の服を着ており、ワイン、シャンパン、蒸留酒、ウイスキーなどいくつかの飲み物をいまだに、客の前で、ボトルからサーブします。

またココア(ショコラ)も昔と同じように、本物のカップに入れたミルクとコーヒーの中でチョコレートのタブレットを溶かし、湯気がたったものが運ばれてきます。

単語メモ

s’attarder  長居する

Ne t’attarde pas trop en soir. 今夜はあまり遅くならないでね。

désaltérer  乾きをいやす

Le thé vous désaltérera. お茶を飲めば、喉の乾きがおさまりますよ。

côtoyer  (人と)接する、交わる

Il côtoie chaque jour des savants réputés. 彼は毎日著名な学者たちと接している。

une empreinte  (精神的な)跡、刻印

Cette lecture a laissé une empreinte ineffaçable dans mon esprit. この読書は私の心に消し難い跡を残した。

une consommation  (レストランなどでの)飲食、飲食物

À la terrasse du café, je commande une consommation. カフェのテラスで、ドリンクを注文する。

fumant  湯気を立てている

La soupe est encore fumante. スープにはまだ湯気が立っています。



フランスのカフェ・関連動画

最初に紹介した動画が簡単すぎて物足りなかった方はこちらをどうぞ。

Lipp, Flore et Deux Magots: visite de trois cafés parisiens mythiques(リップ、フロール、ドゥ・マゴ:フランスの伝説的な3つのカフェへの訪問)。

4分30秒。

Les deux magots のマゴは、人形の置物のことで、この店にもとからあった中国製の陶器の彫像みたいなものが由来です。この人形は中国の高官だそうです。エキゾチックですね。

■関連記事もどうぞ

サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所

L67 フランス人にとってカフェとは?

「虎と小鳥のフランス日記」第28話 カフェでのひととき

*****

フランスのカフェや、作家がよく行くんですね。

日本だと、朝活をする会社員が行くイメージがあります。






女性ドライバーUber(ウーバー)のドライバーの横顔。前のページ

子供の位置情報がわかるアプリが人気。次のページGPSのアプリ

ピックアップ記事

  1. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. スマホを見ている女の子

    フランス語を読む練習

    スクリーンへの依存とは? なぜ依存してしまうのか?

    高校生のスクリーン(デジタル機器、モニター)への依存について2分半で説…

  2. タマラ・レンピカ、バナー

    フランス語を読む練習

    1920年代のパリの女性アーチストの作品を見せるピオニエール展。

    2022年3月2日から7月10日まで、パリのリュクサンブール美術館でP…

  3. ブロブ

    フランス語を読む練習

    驚くべきブロブ、謎の生物の正体は?

    2019年の秋、ブロブと呼ばれる単細胞の生物が、パリの動物園で公開され…

  4. パリ

    フランス語を読む練習

    世界最大級の首都をめざすグラン・パリ計画。

    パリでは2007年以来、グラン・パリ計画という都市開発を行っています。…

  5. ヘッドフォンで音楽を聴いている女性

    フランス語を読む練習

    絶対音感はどこから来るか?(前編)

    絶対音感に関するLe Monde の動画を紹介します。絶対音感…

  6. 花とミツバチ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP