金魚

フレンチポップスの訳詞

ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプル・フェイバー」のサントラ曲

ポワソン・ルージュ(poisson rouge 意味は「金魚」)というフレンチ・ポップスを紹介します。歌っているのは、Saint Privat (サン・プリヴァ)というオーストリア出身の音楽ユニットです。

この曲は、2007年に発売されたアルバム、Superfluに収録されている曲です。2018年にアメリカ映画、「A Simple Favor(邦題:シンプル・フェイバー)」のサントラに使われ、話題になりました。

映画「シンプル・フェイバー」は日本でも3月に公開されます(記事の後半で予告編を紹介します)。



ポワソン・ルージュ

歌詞つきの動画です。難しい単語は出てきません。

2分29秒

それでは和訳に挑戦。

ポワソン・ルージュ

子供のとき、私は花のようだった
隅っこが好きだったけど
端っこにいくと怖かった

金魚が大好き
金魚は昼も夜も私を呼ぶ
金魚は私のために、丸く回る
そして私はだまる、金魚だけのために

バラの庭が好き
その香りは私を幸せにする
沈黙が私に語りかける
まるでシャルルのように

私達が愛し合うとき
言葉はない
私達が愛し合うとき
言葉はない
私達が愛し合うとき

ああ、人生はどんどん過ぎていく
知らないうちに
私は限界を越えてしまう
でも、そのことを口にしたことはない

私が儀式が好き
ほとんど身動きのいらない儀式が
音楽が楽しいの
すべてはリズムの中に
すべては早く過ぎていく
それとわからないうちに
すべては早く過ぎていく
それとわからないうちに
それとわからないうちに

単語と表現メモ

limite  limite は、境(さかい)、境界、限界ですが、隅という意味もあるので、最初に出てくるlimites は「隅っこ」と訳してみました。ですが、momentsと出てくるから、限界や制限と訳したほうがいいのかもしれません。

2つめのlimites は「限界」と訳しました。

rien que … ただ…だけ、たったの…

faire l’amour セックスをする、寝る ☆訳詞では、「愛し合う」と美しくしておきました。

hélas ああ

sans que + subj ~することなしに
この表現は、sans qu’on aperçoit と、sans qu’on comprenne の2つ、出てきます。

ne … toujours pas いまだに ~していない

contiennent < contenir 含む

この曲の歌詞に、そこまで深い意味はなく、情景を楽しむ歌だと思います。

サン・プリヴァについて

Saint Priva については、あまり情報がないのですが、Wikipediaによれば、2002年に Valérie Sajdikという女性シンガーと、エレクトロニカのミュージシャン、Klaus Waldeckが結成した音楽ユニットです。

最初に書いたように、オーストリアのウィーンで結成されました。このWaldeckという人はオーストリアの音楽シーンでは有名な人のようです。

現在の、Saint Privaのメンバーは、ヴァレリーと男性3人となっています。

Saint-Privatは、南フランスにあるコミューンの名前です。ヴァレリーがここに住むことに決めたから、この名前になったそうです。現在、ヴァレリーは、サン・プリヴァとウィーンを行き来しながら、活動しているようです。

サンプリヴァは、過去に、Riviera (2004)、Superflu (2006)の2枚のアルバムを発売しています。

Poisson Rouge の収録されているSuperflu。

近年アルバムの発売はありませが、もともとこのバンドは音楽ユニットなので、ゆるいつながりかと思います。

ヴァレリーは、ソロ活動もしており、オーストリア、ドイツ、フランスでさまざまなプロジェクトにかかわっています。オーストリアでは有名なシンガーのようです。



映画「シンプル・フェイバー」について

上に書いたように、サン・プリヴァは、エレクトロニカが好きな人以外には、あまり知られていないと思うのですが(日本でもデビューしていないと思います。輸入盤は手に入ります)、2018年に、Poisson Rougeという曲が、A Simple Favor のサントラに使われたので、「あら、何、この曲、いいじゃない?」と注目を集めました。

A Simple Favor は2018年秋に公開されヒットしたアメリカ、カナダ制作のサスペンス映画です。

予告編でも、ポワソン・ルージュが流れています。

アナ・ケンドリック演じるステファニーと、とブレイク・ライブリー演じるエミリーは、ママ友であり、親友。ある日、エミリーが疾走し、スレファニーがその行方を追う、というストーリーです。

監督はポール・フェイグ。

この映画のサントラにはほかにも何曲かフレンチ・ポップスが使われています。みんな有名な曲で、このブログでも紹介している曲がいくつかあります。

たとえば、

さよならを教えて~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)

夏の終わりにしんみり聴きたいラ・マドラグ~ブリジット・バルドー:歌と訳詞

Laisse tomber les filles~フランス・ギャル(娘たちにかまわないで)歌と訳詞

クール・ドゥ・ピラートやZAZの曲も使われており、また順番に訳していこうかなあ、と考えています。

なお、A Simple Favorの原作は、Darcey Bell(ダーシー・ベル)の同名の小説です。本の邦題は、「ささやかな頼み」です。

なんと、アマゾンでは映画のチケットも買えるのですね。前売り券まで売っていました。いまや、映画の券もデジタルなんですね。

*****
シンプル・フェイバー、劇中、使われている衣装が50着以上、などと言われています。

けっこうおもしろいらしいのですが、私は見たことはありません

AmazonのMovieに入っていて、4ドル99セント出せば見られるのですが(私はカナダに住んでいます)、主演の2人があまり好きなタイプではなく、いまひとつそそられません。それに、待っていれば、そのうちNetflixで見られるだろうし。

ですが、フレンチポップスがどんなふうに使われているのか、そこは興味があります。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. クリスマス

    フレンチポップスの訳詞

    歌と訳詞:プチ・ギャルソン(小さな男の子)

    クリスマスにちなんだ曲をご紹介します。1960年代に発売され、…

  2. バラの花

    フレンチポップスの訳詞

    あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ドロン(歌と訳詞)

    フレンチ・ポップスでフランス語になじむシリーズ、今回は懐メロです。…

  3. ベッドルームに置いたマグ
  4. バラ

    フレンチポップスの訳詞

    Savoir Aimer~フローラン・パニー(歌と訳詞)

    フランスを中心にヨーロッパで人気のあるフランスの男性シンガー、フローラ…

  5. pen 謹賀新年

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:Bonne et heureuse annee(あけましておめでとう)

    あけましておめでとうございます。きょうは新年にふさわしい、Bo…

  6. こうもり

    フレンチポップスの訳詞

    歌と訳詞:こうもり~トマ・フェルセン 後編

    ハロウィンにちなんで、トマ・フェルセンの「 La chauve-sou…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  2. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  3. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  4. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…
  5. 地球を守るために日常生活でできること。
  6. プラリーヌの作り方(フランスのお菓子32)
  7. フランス語の学習に役立つおすすめの本
  8. 新しいもの:かわいいフランス語(130)
  9. エピファニー(公現祭)とはどんな意味?
  10. 今年はフランス語をがんばるぞ、という新年の目標を達成するには…

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語の数字【第21回】~19(ディズヌフ)
  2. メリークリスマス!~一番すばらしいクリスマスの贈り物は?
  3. 「渚の想い出」ミッシェル・ポルナレフ:歌と訳詞
  4. クリストフ・マエ『ダング・ダング・ダング』の訳詞
  5. アルミスティス(第一次世界大戦休戦記念日)とは?
  6. マキシム・ル・フォレスティエのかわいい曲、『小さなフーガ』の…
  7. フランス語の数字【第25回】31 – 40
  8. 『人魚姫』はフランス語で何と言う? 第4回
  9. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  10. 簡単おやつ、シュケットの作り方:フランスのお菓子(22)

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  2. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  5. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  7. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  8. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  9. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  10. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP