ミニスカート姿のバービー

フレンチポップスの訳詞

Laisse tomber les filles~フランス・ギャル(娘たちにかまわないで)歌と訳詞

フランス・ギャルの Laisse tomber les filles という曲を紹介します。1964年発売された曲です。ドリフのズンドコ節をおしゃれにしたような歌です。

邦題は「娘たちにかまわないで」です。「娘たち」と書くと、なんか親が歌っているみたいですが。



娘たちにかまわないで

2分44秒

ひじょうに覚えやすいこの曲を作ったのは、セルジュ・ゲンズブールです。それでは訳詞に挑戦!

Laisse tomber les filles
女の子たちをほっておけば?

女の子たちをほっといたら?
女の子たちをほっといたら?
いつか今度、ふられるのはあなた
女の子たちをほっといたら?
女の子たちをほっといたら?
いつか今度、泣くのはあなた☆

ええ、私は泣いたわよ。でもこの次は
いいえ、もう泣かない
いいえ、もう泣かない

私はあなたにそれは当然のことって言うわ
わかったでしょって言うわ
わかったでしょって言うわ

女の子たちをほっといたら?
女の子たちをほっといたら?
この次痛い目を見るのはあなた
女の子たちをほっといたら?
女の子たちをほっといたら?
今度報いを受けるのはあなた

ただですむわけないじゃない
無垢な心をもてあそんだら
無垢な心をもてあそんだら
私がどんな気持ちかわかるわよ
すぐにね
すぐにね

運に見捨てられるわよ
人の心を傷つけることしか
知らない人はね
あなたをなぐさめてくれる人は
誰もいやしない
あなたは当然の報いを受けるのよ

☆~☆ 繰り返し

あなたに同情してくれる人なんて、
自分しかいないわよ
自分しかいないわよ
そのとき、あなたは思い出すわよ
私があなたに今言ったことをみんな
私があなたに今言ったことをみんな

単語メモ

laisser tomber qn (話)人を見捨てる、忘れる、関心を失う
Elle a laissé tomber son mari pour un autre.
彼女は夫を捨て、別の男に走った

Laisse tomber ! それは気にするな、あきらめろ。

s’apprendre ~を自分で学ぶ

se payer 償う、報いを受ける

impunément 罰せられずに、とがめられずに
On ne peut pas voler impunément.
盗みをすれば必ず罰せられる

ressens < ressentir ~を強く感じる、受け取る

ne pas l’avoir volé (話)当然の報いである
Cette punition, il ne l’a pas volée.
彼が罰せられたのは自業自得だ。

plaindre 気の毒に思う、同情する

Laisse tomber les filles カバーソング

この曲を英語でカバーしたものが、クエンティン・タランティーノ監督の2007年の映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』«Death Proof»のエンド・クレジットで流れました。

曲名はChick Habit。歌っているのはApril・Marchという春爛漫な名前の方です。
2分30秒

また、2012年のサリュ・レ・コパン«Salut Les Copains»というミュージカル・コメディー映画でも歌われています。

Salut Les Copains, Le Spectacle Musical – Laisse tomber les filles (Clip Officiel) 2分36秒

この3人はフランス・ギャルより歌がうまいですね。まあ、アイドルはへたうまのほうがいいのかもしれません。

この映画に出てくる«Salut Les Copains»というのは、1959年から1976年までフランスで平日の夜、毎晩やっていたラジオ番組です。

イエイエの時代を作った番組と言われてます。社会現象になるほど人気があり、後に番組でかかった当時のヒット曲を集めたレコードが発売され、同じ名前のティーン向けアイドル雑誌もできました。

*このページに雑誌の表紙が集めてあります⇒Couverture magazine Salut les copains

そして、今、こんなミュージカルまで制作されたわけです。



フランス・ギャルについて

フランス・ギャルは1965年に「夢見るシャンソン人形」でユーロビジョン・ソング・コンテストの1位になり、ブレイクしました。この曲は日本でもとても人気があるので、ご存知の方も多いと思います。

こちらで訳しています⇒夢見るシャンソン人形:フランス・ギャル(歌と訳詞)

フランス・ギャルは先日紹介したクロード・フランソワの映画にもちらっと出てきます。

もちろん映画に出てくるのは本人ではなく、フランス・ギャル役の女優さんです。

というのもクロクロ(クロード・フランソワのニックネーム)とフランスは昔、少しつきあっていたのですね。まだフランス・ギャルがごく若い10代のころです。でもクロクロがいろいろとわがままだったらしく、結局彼女は彼のもとを去ります。

クロクロがその失恋の痛手を歌ったのが『いつものように』 «Comme d’habitude»だと言われてます⇒クロード・フランソワの代表曲、いつものように/ マイウエイ(コム・ダビチュード)の訳詞

こちらは映画の中のクロクロとフランス

クロクロ

フランス・ギャルのCDは年代別にいろいろ出ていますが、買うなら1960年代の曲を集めたものがいいでしょう。

☆フランス・ギャルの曲は他にもこんなのを訳しています。

歌と訳詞:すてきな王子様~フランス・ギャル

歌と訳詞:「新学期」~フランス・ギャル

おしゃまな初恋:フランス・ギャル~歌と訳詞、フランス・ギャルの詳しいプロフィールつき

最近、懐古趣味がはやってるんでしょうかね? 確かに60年代の音楽のほうが今より楽しくてよかったとは思いますが。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 天使のオーナメント
  2. 貝殻と赤い靴

    フレンチポップスの訳詞

    フランスワーズ・アルディの Soleil (お日さま)の訳詞

    私の好きな歌手、フランソワーズ・アルディの曲を紹介します。1970年に…

  3. レトロスーツケースを持って旅立つ女性

    フレンチポップスの訳詞

    ルアンヌ・エメラの歌うJe vole の訳詞~『エール!』挿入歌

    フランス映画『エール!』(La Famille Bélier ベリエ一…

  4. 黄昏

    フレンチポップスの訳詞

    オール・オーヴァー・ザ・ワールド:フランソワーズ・アルディ(訳詞)

    フランソワーズ・アルディが1964年に発表したアルバム、Mon ami…

  5. 学校

    フレンチポップスの訳詞

    学校は終わった~シェイラ、歌と訳詞。

    フランスの女性歌手、シェイラ(1945~)の1963年のヒット曲をご紹…

  6. クリスマス

    フレンチポップスの訳詞

    サンタクロースの娘:ジャック・デュトロン。歌と訳詞

    もうすぐクリスマスなので、クリスマスにちなんだ曲を紹介します。ジャック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  2. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  3. 国際女性デーが生まれた背景。
  4. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  5. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  6. ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くな…
  7. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  8. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  9. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  10. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…

おすすめ記事いろいろ

  1. iWatch (アイウォッチ)って何?
  2. かわいいフランス語教えます~その36 おもちゃ 後編
  3. サンデー・ガール:ブロンディ(フランス語バージョン)
  4. 11月11日はリメンブランスデイ(戦没者追悼記念日)。赤いケ…
  5. 2013年春夏ファッションのトレンドその6~スモーキング(タ…
  6. フランス語のことわざ53~涙ほど速く乾くものはない
  7. 猫は人間の最良の友?フランスでは犬より猫の人気が上昇中
  8. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  9. L5 フランスの若者はどうやって就職する?
  10. フランス語を始めて二ヶ月半たったころ~入門日記第13回

おすすめのまとめ記事

  1. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  4. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  5. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  6. ハロウィン関連記事の目次
  7. フランス語の名言の記事の目次
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  10. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP