少女

フレンチポップスの訳詞

夢見るシャンソン人形:フランス・ギャル(歌と訳詞)

フランス・ギャル(France Gall)のPoupée de cire, poupée de son『夢見るシャンソン人形』という曲を紹介します。

言わずとしれたセルジュ・ゲンズブールが作った超有名曲。ほかのブログでもたくさん訳されていますが、私がフランス語を勉強し始めて初めて訳してみた記念の曲なので、取り上げました。

まずは歌をお聞きください。



Poupée de cire, poupée de son ろう人形、おがくず人形

ロシア民謡を思わせるアレンジがいいですね。これを聞くたびに、ポーリュシカ・ポーレを思い出してしまいます。

さて、邦題は「夢見るシャンソン人形」と可愛らしい感じなのですが、歌詞の内容はわりとシニカルです。私は何も知らずに、歌を歌う人形なのよ」と自嘲的な歌詞です。フランス・ギャルは笑顔で歌っておりますが。

それでは訳詞に挑戦!

Je suis une poupée de cire, une poupée de son
Mon cœur est gravé dans mes chansons
Poupée de cire, poupée de son

わたしはろう人形、おがくず人形
私の心は歌の中に刻みこまれているの
ろう人形、おがくず人形

客間にある人形よりいい?それとも悪い?
私、世界をバラ色の眼鏡をかけて見てる。
ろう人形、おがくず人形

★Mes disques sont un miroir
Dans lequel chacun peut me voir
Je suis partout à la fois
Brisée en mille éclats de voix

私のレコードは鏡なの。
そこからみんな、歌っている私が見える。
私は同時にいろんなところにいるの。
声はちりぢりになって、こわれそうだけど★

私のまわりで、ぼろきれの人形が笑うのが聞こえる
彼女たち、私の歌にあわせて踊ってる
ろう人形、おがくず人形

ぼろきれの人形は名前や「はい」という返事に簡単に身を任せる
愛は歌の中にあるだけじゃないってことね
ろう人形、おがくず人形

★~★ くりかえし

ひとりでときどきため息をつく
自分に聞いてみる。「いったい何になるの?」
「わけもなく愛の歌を歌う。男の子たちのこと、何も知らないのに」
わたしはただのろう人形、おがくずの人形
太陽のような金色の髪の
ろう人形、おがくず人形

でもいつか、自分の歌のように生きるつもりよ
ろう人形、おがくず人形
男の子たちの情熱を怖れないでね
ろう人形、おがくず人形

単語メモと文法ポイント

セルジュ・ゲンズブールは言葉遊びやダブルミーニングをするのが好きというか、得意な人なので、よく裏の意味が込められています。

cire:ろう

son:おがくず 同音異義語で「音」がありますが、ここは『de+材料』と解釈して、おがくずの人形にしました。おがくずをつめた人形はフランスの伝統的なおもちゃです。ろうでできていて、音がでる人形という解釈もできるかもしれません。

gravé:graver の過去分詞 ~を彫る、刻み込む (この文は受動態)

meilleure: よりよい (cf. bon )

pire: より悪い (cf. mauvais )

poupée de salon:salon は 応接間、客間、店、サロン、ラウンジ、展示会、等々あり、またしばしば複数形で社交界。客間に飾ってあるちょっといい人形=自分よりきれいな女の子やモデルたち。

voir la vie en rose :人生をばら色に見る、物事を楽天的に考える 
rose bonbon:濃いピンク色。お菓子の色。
Je vois la vie en rose bonbon の rose は、ばら色のめがねのばら色と、ローズボンボンというピンク色のお菓子の rose とをかけあわせてます。bonbonは韻をふませるため。

最初のパッセージでは、son-chansons-son-salon-bonbon-son と韻をふみ、2つ目では miroir-voir-fois-voix と韻をふんでいます。

brisée: briser の過去分詞 砕く、壊す。 briser en mill で 「こなごなにこわれる」

éclat:破片、大きな音 éclat de voix で「突然の大声」
éclats は briser en éclats (こなごなにくだける)、と éclat de voix (大声)の両方に使われています。ふたつあわせて突然大声をだして、こわれる感じでしょうか?

Celles qui:celles は 関係代名詞、quiの先行詞。前の名詞の les poupées de chiffon をさしています。

les poupées de chiffon ぼろきれでできた人形。 chiffon (シフォン)は英語や日本語では、シフォンは平織りの薄い絹で、素敵なイメージなのですが、フランス語では、雑巾やボロ切れ、しわくちゃの布、という意味です。

se laissent ←se laisser: 身をまかせる、という感じ。

séduire: 誘惑する

nom*:ここがnonになってる歌詞もあります。

soupire ←soupirer ためいきをつく

ne ~ que :~しかない

vivrai← vivre の未来形。生きるつもりだ。生きるだろう。

craindre: 恐れる

la chaleur: 熱、ぬくもり
en chaleur だと「さかりのついた」という意味です。

文法ポイントとしては、
ne … que A は Aしか…ない、Aだけ…である
これ、すごくよく出てきます。こちらで詳しく説明しています。

前置詞+関係代名詞 lequel
Mes disques sont un miroir dans lequel chacun peut me voir
鏡(レコード)の中に、人は、私を見る⇒人は、鏡の中に映っている私を見ている。
他の例: le milieu dans lequel il vit 彼が生きている環境
詳しい説明はこちら

歌詞付き動画

この曲は1965年、ユーロビジョン・ソング・コンテストで、ルクセンブルクの代表曲として参加しグランプリを取りました。ギャルもゲンズブールもフランスのパリ生まれですが。

その後、ヨーロッパを中心に大ヒットしました。日本でも、大変人気があり、たくさんの日本人女性歌手がアルバムなどで歌っています。日本人受けする曲調なのかもしれません。



「夢見るシャンソン人形」カバーバージョン

この曲、いろいろな言語で実にたくさんカバーがあるのですが、やはりフランス語版が一番いいと思います。

アレンジが少し違うものを2つ紹介します。
ロカビリースタイル。

ロックなバージョン

あまり好きなアレンジではありませんが、英語版も紹介します。

ツインクルは1960年代に活躍したイギリスのシンガーソングライター。フランス・ギャルと同年代ですが、去年の5月にガンで66歳で亡くなっています。

フランス・ギャルについてはこちらで詳しく紹介しています。

他にはこんな曲を訳しています。

セルジュ・ゲンズブールの曲はこちら。

この曲も、ゲンズブール作。

2018年1月7日、残念なことに、フランス・ギャルは70歳で亡くなりました。


ゲンズブールは、「何も知らないのに愛の歌を歌っているあやつり人形ちゃん」という意味を、歌詞に込めているのですが、ギャル(当時17歳)は、まだ若くて世間知らずだったので、そんなことには全く気づいていなかったそうです。

それでは、次回の歌の記事をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. 青い空と海
  2. リンゴの花

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その1

    今月はクロード・フランソワ(1939年-1978年)の春の喜びを歌った…

  3. 双子
  4. チョコレート
  5. スズラン

    フランスの暦、年中行事

    すずらんの咲く頃・ダニエル・ダリュー、歌と訳詞。

    フランスでは5月1日はスズランの日( La Fête du Mugue…

  6. コルヴィザール通り

    フレンチポップスの訳詞

    霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詩)

    フランソワーズ・アルディがご主人のジャック・デュトロンとデュエットして…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  2. 国際女性デーが生まれた背景。
  3. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  4. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  5. ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くな…
  6. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  7. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  8. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  9. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…
  10. 地球を守るために日常生活でできること。

おすすめ記事いろいろ

  1. イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~前編
  2. 祖母の日はいつで、どんなことをするのでしょうか?
  3. フランス語のことわざ55~待つことができる人には、すべてがち…
  4. ヨーロッパを襲った大寒波(2018)
  5. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…
  6. スティーブ・ジョブズの神話を砕く。ドキュメンタリー映画「St…
  7. フランスで初めての猫カフェがオープン その3(終)
  8. 歌と訳詞:リベルタ~Pep’s(ペプス)
  9. フランス語のことわざ45~良い猫には良いネズミ
  10. 映画 «Dans la maison» 邦題『危険なプロット…

おすすめのまとめ記事

  1. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  2. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  3. フランス語のことわざ~目次 その2
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  5. ニュースの記事のまとめ(2)
  6. ハロウィン関連記事の目次
  7. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  8. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  9. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  10. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP