マーガレット

フレンチポップスの訳詞

Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラン・ヴルズィ(歌と訳詞)

ロラン・ヴルズィ( Laurent Voulzy)の1992年のヒット曲、Le pouvoir des fleursという曲を紹介します。

花のちからが世界を変える、という内容です。

作詞はフランスの有名なシンガーソングライター、アラン・スーション(Alain Souchon)、作曲はロラン・ヴルズィです。



Le pouvoir des fleurs

3分45秒。

とても美しい曲ですね。

歌詞の中に、花の名前がいくつか出てきます。ミドルテンポなので、わりと聞き取りやすいと思います。

それでは訳詞に挑戦!

花のちから・訳詞

地球のための計画があったことを思い出す
人間と自然のための
柵や壁がこわされるのも
アーサー王の時代の古い欄干がこわされるのも
見なければならなかった
僕たちの希望を思い描こう
人はこころをはせた
花のちからに
ジャスミン、リラ
それは僕たちの師団で兵隊だった
すべてを変えるための

世界を変えるために
すべてを変えるために、バラの花束で
女性を変えるために
男性を変えるために
ゼラニウムで

歌や言葉があったことを思い出す
花びらや花かんむりのような
夢を見ながらきいていた
ターンテーブルを持って夢中だった小さな女の子
花の香り
香りを思い浮かべて
エデン、その庭
それは明日のためにあった
でも明日はいつも同じ
いつも同じ望みが寝ずの番をしている
皆の心の奥底で
すべてをやさしく変えるために

魂を変えるために
心を変えるために、花束で
風の戦争
愛が前にくる
野の花のおかげで

ああ、地球上には、
たくさんやることがある
子どもたちのために、人々のために、ゾウのために
ああ、本当にたくさんやることがある
僕は、
勇気づけるために
この花々をきみに送り届ける

君は僕たちがスカーフやシャツ身にまとっているのを見るのさ
ほらとても鮮やかな色だ
愛が失われたとしても
それはちょっと遅れただけ
鮮やかな色、ハーモニー、香りで
古い世界を変えるために
庭を作るために
君は見るのさ
君は見るのさ
花のちからを
僕の歌の中にはポップなアイデアがある

魂を変えるために
心を変えるために
花束で
風の戦争
愛が前にくる
野の花のおかげで

単語メモ

parapet 欄干(らんかん)、手すり

corolle  花かんむり

tourne-disque  ターンテーブル

Le pouvoir des fleurs は、フラワーパワーと訳してもいいかもしれませんが、そうすると、60年代後半の、サマー・オブ・ラブやヒッピームーブメントのイメージがあるので、「花のちから」としました。

PVではサーカスが出てきますね。これはいったいどんなコンセプトなんでしょうか?

このPVを見る限りでは、花にはちからがあるんだよ、ぐらいの感じなのですが、この歌は歌詞の内容から、平和や自然を大事にしよう、といったエコロジーの歌として今も歌い継がれています。



花のちから・カバーバージョン

2016年にキッズ・ユナイテッド(Kids United)がカバーしており、いまはどちらかというとこちらのバージョンのほうが有名かもしれません。

キッズ・ユナイテッドは歌のうまい子達ばかりが集まっていて、美しいハーモニーを聞かせるのですが、オリジナルにあるロックっぽいところがみごとに抜け落ちているような気がします。

PVも、母の日にはカーネーションを送りましょう的な、花屋の宣伝っぽい印象がありますけど、私だけですかね?

YouTubeには、ロラン・ヴルズィとアラン・スーションが一緒に歌っているライブの映像もありますので、興味のある方はごらんください。

この曲は Caché Derrière というアルバムに収録されています。

また、Saisonsというロラン・ヴルズィのベスト・アルバムにも入っています。

■関連記事もどうぞ

「4月の少女」ロラン・ヴルズィ:歌と訳詞。12ヶ月の名前がすべて復習できる美しい歌

歌と訳詞:Le Cantique Mécanique~ロラン・ヴルズィ

鳥と子ども(L’oiseau et l’enfant)キッズユナイテッド:歌と訳詞

かわいいフランス語、教えます~その12 花の名前

アラン・スーションは詩人で言葉遊びがふんだんにあったりし、彼の歌詞は訳しにくいのですが、この曲は、訳しやすいほうだと思います。

それでも、よくわからないところがあり、「だいたいこんな感じかな」と思いながら訳しましたので、フランス語が得意な方は、ご自身で解釈していただき、そうでない方は、「だいたいこんな感じなんだな」と思ってください。






海を見る人いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(137)前のページ

フランスの猛暑(2019年6月)のニュース次のページ暑い夏

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 黄金のバーリー麦畑

    フレンチポップスの訳詞

    とどかぬ愛~ジョニー・アリディ(歌と訳詞)

    きょうは「虎と小鳥のフランス日記」第110話で話題になっているジョニー…

  2. サメ
  3. 雨の夜
  4. 猫のイラスト
  5. モンマルトル

    フレンチポップスの訳詞

    Je veux (私の欲しいもの)~Zaz (ザーズ)の歌と訳詞

    フランスのシンガー、Zazのデビュー曲の Je veux をご紹介しま…

  6. ボート

    フレンチポップスの訳詞

    スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)

    フレンチポップスを聞きながら、フランス語に親しむシリーズ。今回は、フラ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. なぜ4月の魚(エイプリルフール)の習慣が生まれたのか?
  2. アステリックス、魔法の薬の秘密:予告編のフランス語
  3. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  4. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  5. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  6. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  7. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  8. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  9. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  10. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 柔らかいもの:かわいいフランス語教えます(121)
  2. フランス語の数字【第33回】101から199
  3. 北のヴェニス、ベルギーのブルージュを散策
  4. なぜ4月の魚(エイプリルフール)の習慣が生まれたのか?
  5. とどかぬ愛~ジョニー・アリディ(歌と訳詞)
  6. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  7. フランス語のことわざ54~息を吸いながら吐くことはできない
  8. なぜボジョレー・ヌーヴォーは人気があるのか?
  9. かわいいフランス語教えます~その29 季節の単語
  10. スワッガー(Swagger):予告編のフランス語

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語入門日記~目次を作りました
  2. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  3. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  4. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  6. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  7. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  9. ハロウィン関連記事の目次
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 日めくりとpen

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP