女性のバッグ

ファッション

サンドリーヌのバッグの中身。

スイス放送協会(SRG SSR)の LE SAC DES FILLES (女性のバッグ)というシリーズから、サンドリーヌさんのバッグの回を紹介します。

これは、いろいろな女性が自分のバッグの中身を見せるシリーズです。

動画のタイトルは、Le sac de Sandrine Salerno, magistrate サンドリーヌ・サレルノ、行政官のバッグ

magistrat(e) は行政官(市町村長、大臣、大統領など)または司法官(裁判官や検察官など)です。

この動画は、TV5MONDEの、フランス語学習サイト、Apprendre Le Français のA2のところにあったので、フランス語の初心者の方でも、いやにならずに見ることができるでしょう。短いですし。



サンドリーヌのバッグ

2分30秒

服装やアクセサリーもおしゃれな感じですね。

バッグの中身・トランスクリプション

C’est un sac assez flash, qu’on voit. C’est un sac un peu punk comme ça, parce qu’il a une crête. Et c’est un sac assez joyeux parce que, voilà, il a des coloris un peu beiges mais jaunes aussi. Je suis pas quelqu’un de conformiste et je suis pas quelqu’un de conservateur, de traditionaliste. Ça m’a jamais fait rêver d’avoir un Kelly. Alors, il est assez petit mais y a quand même toujours beaucoup de choses dans ce sac.

On va dire que… y a quand même pas mal de maquillage, ouais, y a pas mal de maquillage dans cette petite trousse. Ensuite, y a mon porte-cartes. Y a mon porte-monnaie. Y a mon Natel qui est plus avec moi que dans le sac. Mais là… J’ai mes clefs avec un Playmobil. Ouais, mais c’est un Playmobil Lego. Voilà… ça je l’ai piqué à mes filles. J’ai plus d’un tour dans mon sac. Y’a ma trousse avec mes stylos. Je vais montrer celui-là : c’est le stylo que j’ai reçu de ma famille quand j’ai été élue en 2007 au conseil administratif. Il est certainement rouge, comme la couleur de mon parti, le parti socialiste. En même temps, il fait très socialiste mais il fait très suisse aussi.

C’est un feutre, donc, du coup, il est aussi bien adapté à la calligraphie de la gauchère que je suis. Voilà, ça c’est mon stylo. Il est important pour moi. Alors ça, bon, c’est un petit carnet quand j’essaie de me concentrer… j’écris, je fais des petits dessins, voilà, je marque mes idées. J’ai toujours un peu un carnet qui est dans mon sac. Le sac, il est aussi le reflet, au-delà de l’apparat et de l’apparence, aussi de choix et de défenses politiques que je fais, qui sont dans la modernité et puis qui sont aussi dans l’affirmation.

☆トランスクリプションの引用元⇒Le sac de Sandrine Salerno, magistrate | Apprendre le français avec TV5MONDE

サンドリーヌのバッグ・和訳

ごらんの通り、かなり派手なバッグです。パンクっぽくもありますね。羽飾りもついていますから。

とても楽しいバッグですよ。ベージュと黄色の配色なので。

私は順応主義でも、保守主義でも、伝統主義でもありません。ケリーバッグを持ちたいと思ったことは一度もありません。

わりと小さいんですが、たくさん、ものが入っています。

たとえば、化粧品がたくさん入っています。この小さなポーチに化粧品がいっぱい。

それから、これは身分証明書入れ(カード入れ)です。財布です。これは携帯電話。カバンの中に入れておくより、身につけているときのほうが多いのですが。

それから、プレイモービルがついている鍵です。ええ、プレイモービルのレゴです。娘から盗みました。

私のバッグにはいろんな仕掛けがあるんですよ。

これをお見せしましょう。2007年に行政庁の審議会の行政官に選ばれたとき、家族からもらったペンです。

しっかり、赤です。私の政党の社会党の色と同じです。

とても社会主義的なペンであるのと同時に、とてもスイスらしいものです。

フェルトペンなので、私のような左利きが書くのにぴったりですよ。

これが私のペンです。大切なものです。

これは、手帳で、精神を集中させたいときに、小さな絵なんかを描きます。アイデアを書いたり。バッグにはいつも、小さなノートを入れています。

バッグは、反映ですね。見た目のきれいさだけでなく、それを越えて、私の政治的な選択や守りたいものの反映です。それは現代的なもので、自己主張でもあるんです。



単語メモ

une crête  とさか、羽飾り、前たて、フリンジ

un coloris  彩色法、配色の効果、色合い

conseil administratif  行政庁の審議会

gaucher, gauchère  左利きの

un apparat  華麗、豪華

Kelly は、エルメスのケリーバッグのこと、Natal はスイスの携帯電話のブランドで、携帯電話の総称として使われています。

この動画は9年前にアップされたものなので、今は、サンドリーヌさんはスマホを持っていると思います。

バッグの中にあるものを順番に見せているだけなので、文法はむずかしくありません。

サンドリーヌさんは、行政官ですから、高い教育を受けているはずです。そういう人でも、会話では、否定の ne をすべて省略してしまうということがよくわかる動画です。

■バッグに関する過去記事もどうぞ

2014年春夏のバッグのトレンド[第1回]

*****

ブログで紹介している動画が難しすぎるという意見をいただいたので、今回は、accessible な動画を選びました。

バッグシリーズ、ほかにもたくさんあるので、動画が見つかったら、また紹介しますね。






スマホを見ている若い男性ノモフォビアって何?前のページ

マネの代表作、「草上の昼食」のおもしろいところ。次のページ草上の昼食

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。

関連記事

  1. ボーダーのTシャツ

    ファッション

    メイド・イン・フランスの象徴、マリニエール(ボーダーのTシャツ)の話:後編

    とてもフランスらしいものの1つ、La marinière (紺色のボー…

  2. モデル

    ファッション

    ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)

    フランスのモード、おしゃれに関する記事のまとめ、4回めです。こ…

  3. サンダル

    ファッション

    2013年春夏ファッション、靴のトレンド~サファリ

    フランスの若い女性向けのWebマガジンMagazine féminin…

  4. パステルカラーのバッグ
  5. スカート

    ファッション

    2014年春夏ファッションのトレンドその2~ロマンチック

    フランスのWebマガジンの、2014年の春夏のトレンドの記事を読んでい…

  6. カモフラージュ柄ロゴ

    ファッション

    2013年秋冬ファッションのトレンド その4 カモフラージュ柄

    2013~14年秋冬ものファッションのトレンドの記事を読んでいます。4…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

コメントありがとう。

アーカイブ

PAGE TOP