シャネルの5番

ファッション

シャネルを物語る5つの色(前編)

フランスのファッションブランド、シャネル社が制作した動画シリーズ、Inside CHANEL (インサイド・シャネル)から、第11章、「シャネルの色(LES COULEURS DE CHANEL)」を紹介します。

シャネルといえば、ココ・シャネルがデザインした黒いワンピースや、黒いキルティングのバッグが有名ですが、ほかにもよく出てくる色があります。

それぞれの色にはどんな意味が込められているのでしょうか?



シャネルカラーとは?

動画の長さは3分20秒。音声はフランス語、英語や日本語などほかの言語の字幕を表示させることができます。

では、フランス語のスクリプトと和訳を紹介します。前編は1分59秒まで。

Chapitre 11 LES COULEURS DE CHANEL

第11章 シャネルの色

Noir, blanc, beige, or, rouge.

黒、白、ベージュ、ゴールド、赤。

黒 noir

Noir, parce qu’il souligne l’essentiel, rappelle la rigueur monacale des uniformes de l’orphelinat d’Aubazine, parce que, pour Gabrielle Chanel, il « rend visible le rayonnement d’une femme. »

Grâce à Chanel, le noir quitte le deuil et les domestiques pour devenir, dès 1926, la couleur de l’élégance avec la « petite robe noire ».

« J’ai imposé le noir. Il règne encore car le noir flanque tout par terre. » déclarait Mademoiselle.

黒、なぜならそれは本質を引き立たせるから、オーバジーヌの孤児院の修道士の制服の厳格さを思い起こさせるから。ガブリエル・シャネルにとって、「女性の輝きを引き出す色」だから。

シャネルのおかげで、1926年以来、黒は喪服と使用人の色から、「リトルブラックドレス(黒いミニドレス)」のエレガンスの色に変わった。

「私は黒を押し通しました。黒はいまでも支配する色です。それはすべてを床にたたきつけますからね」そう、マドモアゼル(シャネルのこと)は宣言した。

白 blanc

Blanc, parce qu’au commencement était le blanc, parce qu’il capte la lumière, éclaire le visage, rehausse la beauté.

Parce que c’est la couleur de l’absolu de la transparence et de la transcendance, blanc parce qu’il rappelle à Coco les cornettes des religieuses de son enfance et la robe de communiante offerte par son père.

白、なぜなら始めに白があったから。白は光をとらえ、顔を輝かせ、美しさを引き立てるから。

それは、完全に透明で、超越した色だから。白、それはココに幼いころなじみのあった修道女のコルネット(白いずきん)を思い出させるから、父親にもらったコミュニオンのときのドレスを思い出させるから。

ベージュ beige

Beige parce qu’il est chaleureux, évident, naturel,

parce qu’il est la couleur de la terre battue de son Auvergne natale et celle du sable des plages de Deauville, de Biarritz ou du Lido,

parce qu’il est pour Coco la couleur du teint naturel de la belle mine, du grand teint, et de la peau qui dore au soleil.

ベージュ、それはあたたかくて、明らかで自然な色だから。

それは、生まれ故郷のオーバーニュの踏みならされた土地の色だから、ドーヴィルやビアリッツ、リドの海岸の砂浜の色だから。

それはココにとって、自然の色、きれいな顔色、すばらしい顔色、太陽に輝く肌の色だから。

ゴールド or

Or, parce qu’il supporte le vrai et le faux : le vrai des bijoux que lui offre Le Duc de Westminster, le faux des parures fantaisie qu’elle bricole sans fin.

Or, parce que les objets liturgiques et les robes de brocart du clergé d’autrefois ont illuminé son enfance.

Or, parce que les trésors de Saint-Marc à Venise, de Byzance et de l’art baroque l’inspireront toujours.

ゴールド、なぜならそれは本物も偽物も受け入れるから。ウエストミンスター公爵からもらった本物の宝石の色、そして彼女が作り続けた模造パールの偽物の色。

ゴールド、それは典礼に使う物の色であり、かつて子供の頃に光を与えてくれた、聖職者が着ていたブロケードの衣装の色だから。

ゴールド、それはヴェニスのサン・マルコ寺院や、ビザンチン様式、いつもひらめきを与えてくれたバロック芸術の宝の色だから。

赤 rouge

Rouge, parce que « c’est la couleur de la vie, du sang, » disait Gabrielle Chanel.

Rouge, parce qu’il permet lorsqu’il double un sac, de retrouver tout de suite ce que l’on y cherche.

Rouge, parce que transformé en rouge à lèvres, il devient avec Gabrielle Chanel une parure, une déclaration de bonne humeur.

« Si vous êtes triste, mettez du rouge à lèvres et attaquez : les hommes détestent les pleureuses. » conseillait Mademoiselle.

赤、それは「それは命の色、血の色よ」とガブリエル・シャネルは言った。

赤、それはバッグの裏に使った色で、この色のおかげで、何がどこにあるかすぐわかるから。

赤、それは口紅に姿を変え、ガブリエル・シャネルにとって、よい気分にさせてくれる装いであり、上機嫌を宣言するものだから。

「悲しいときは、赤い口紅をつけて、挑みなさい。男性は泣き虫が大嫌いよ」こう、マドモアゼルはアドバイスした。

単語メモ

essentiel  要点、大事なこと

rigueur  厳格、厳しさ

monacal  修道士の、修道士のような

rayonnement  輝き

deuil  喪の悲しみ、哀悼、近親の死

domestique  使用人、お手伝いさん、女中

imposer 強制する、押し付ける

régner  君臨する;権力を持つ;支配する、存続する、流行する

flanquer  投げつける、叩きつける、ほうり出す。

rehausser  (価値、効果などを)いっそう高める、引きあげる、引き立たせる

transparence  透明、透明度;明瞭、明快

communiante  聖体拝領者

☆聖体拝領(コミュニオン)とは、キリスト教徒の儀式で、6~8歳ごろ、教会でキリストの身体と血を象徴するパンとぶどう酒をいただくこと。このとき、女の子は白いドレスを着ることが多いです。

mine  顔つき、顔色

teint  顔色

supporter  引き受ける、許す、受け入れる

parures fantaisie 模造パール

liturgique  典礼の ☆キリスト教の教会が行う公の礼拝や儀式。

brocart  ブロケード、金銀糸入りの絹紋織物。

doubler  裏をつける

parure  装い、身支度 parure de + 無冠詞名詞  ~製の装身具、アクセサリー、おそろいのアクセサリーのセット。

☆ガブリエルはシャネルの本名。ウエストミンスター公爵は、一時期、シャネルの恋人だった人です。大金持ちなので、シャネルにゴージャスな贈り物をしました。

シャネルは、彼からもらった宝飾品にヒントを得て、イミテーションパールのついたアクセサリーを創作しました。



シャネル関連動画と記事

英語版はこちら

シャネルは12歳のときから、修道院(孤児院)で育ったこと、修道院で体験した色に影響されたこと、生まれ故郷がオーバーニュであること、ビアリッツやドーヴィルに店を開いたことなどは、シャネルの生涯をつづっている動画を見るとよくわかります。

シャネルの仕事ぶりを紹介した動画や、シャネル社(カール・ラガーフェルド)が作った若き日のシャネル(ドーヴィルに帽子ブティックを開いた頃)を題材にしたショートフィルムを紹介⇒ココ・シャネルの名言~その1 上品な服装が引き立たせるものとは? 

Inside Chanelのシリーズから、シャネルの生涯を紹介した動画のスクリプトを訳した記事⇒孤児、ガブリエル・シャネルはいかにしてココ・シャネルになったのか?(1)

シャネルの伝記映画の予告編を紹介⇒映画『ココ・アヴァン・シャネル』の予告編でフランス語を学ぶ

*****

シャネルは1883年8月19日生まれです。お誕生月なので、久しぶりにシャネルの動画を紹介しました。

1883年は明治16年です。そんな前の人なんだという感じもするし、わりと最近の人なんだ、という気もします。生きていたら135歳になります。亡くなったのは1971年で、87歳でした。

それでは後編をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. シャネルのブティック

    時事ニュース

    ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くなる。

    シャネルのデザイナー(クリエイティブ・ディレクター)、カール・ラガーフ…

  2. pen シャネル5番

    ファッション

    ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)

    おしゃれやファッションに関する記事のまとめ、その3です。この回…

  3. つけ爪

    ファッション

    新世代のネイルチップ(つけ爪)「インプレス」その1

    週に一度ファッション関係のフランス語を読んでいますが、きょうは「つけ爪…

  4. 春

    フランス語の語彙

    2014年春夏のトレンド・カラー~その3

    2014年春夏のトレンドの色を紹介している記事の和訳、3回め(最終回)…

  5. シャネルのコンパクト

    ファッション

    シャネルを物語る5つの色(後編)

    シャネル社が制作した、シャネルカラーを説明する動画、後編のスクリプトの…

  6. ロングヘア

    ファッション

    2013年、春夏流行のヘアスタイル~後編~ソバージュとワンショルダーヘア

    夏も終わってしまいましたが、今年の春夏流行のヘアスタイルの記事の後編で…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜイランとアメリカは対立しているのか?(子供向けの説明)
  2. 2分で学ぶ、レオナルド・ダ・ヴィンチのプロフィール。
  3. モナ・リザのプロフィール、またはその謎。
  4. ウクライナ航空の旅客機(ボーイング737)、イランで墜落。生…
  5. Jardin Secret (秘密の庭):ピエール・ラプサッ…
  6. なぜ1月にガレットを食べるのか?(エピファニーの説明)。
  7. いろいろな新年の祝い方。
  8. フランス語で新年のあいさつはどう言う?(2020年版):年末…
  9. 複合過去の復習、助動詞は、être か avoir か?
  10. サンタクロースの本当の起源。

おすすめ記事いろいろ

  1. 『パリ20区、僕たちのクラス』で条件法現在を学ぶ:予告編のフ…
  2. 性数一致がややこしすぎる tout とその仲間のまとめ
  3. フランス語の勉強ができる日めくり買いました~2015 Dai…
  4. パリ・オペラ座バレエ学校の『小さなネズミたち』
  5. L12 郵便局~フランスには宅急便がない!?
  6. 東京の人混みに慣れません~フランスダイレクトスクール『不思議…
  7. ジャン・フェラ「季節」:歌と訳詞。季節の単語の復習をしよう
  8. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  9. 秋(季節の単語)~フランス語の暦(3)
  10. フランス語のことわざ11~勘定のけじめは友情のかなめ

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  2. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  3. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  4. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  5. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  7. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  8. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  9. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  10. 『タイトルのフランス語』の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 日めくりとpen

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP