トルソー

ファッション

モードの帝王、イヴ・サンローラン:予告編のフランス語

イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)という2014年のフランス映画の予告編のフランス語を紹介します。

20世紀を代表する有名デザイナー、サンローランの伝記映画です。

彼の映画はドキュメンタリーをあわせて、3本作られています。



イヴ・サンローラン 予告編

☆スクリプトと和訳☆

Tu émets la beauté, Yves ! On ne sait pas d’où vient un goût, un instinct. Personne ne vous l’apprend. 

Ce jour-là, tu as rencontré la gloire… et depuis, elle et toi ne vous êtes plus quittées. 

きみは美を放つ、イヴ。そのセンスや天分はどこから来るのかわからない。誰にも君を知ることはできない。

いま、君は栄光の中にいる。その輝きときみを分けることなど、もうできない。

Avec mes robes, avec mes dessins, j’essaie de m’exprimer, mais si on m’en empêche, je vais mourir. 

Le talent, tu l’as. Le reste, je m’en occupe. 

ドレスとデザイン画で、自分自身を表現しているんだ。それができなかったら、僕は死んでしまう。

きみには才能がある。ほかのことは僕にまかせてくれ。

J’ai quatre collections par an. C’est toi qui va les faire peut-être ? J’en peux plus. Je suis épuisé ! 

Mais tout ça, tu l’as voulu !  

僕は年に4回コレクションがある。そうさせたのはたぶん君だよね? これ以上はできない。僕は疲れた。

でも、すべては君が望んだことだ。

Yves, regarde-moi ! Tu veux vivre ou tu veux mourir ? Parce que si tu veux mourir, moi, je peux rien faire pour toi. 

イヴ、僕を見て。 きみは生きたいのか死にたいのか? 死にたいのなら、僕にはきみのためにできることは何もない。

Tu peux pas isoler Yves, comme ça. 

Si je t’entoure de paravents, tout le monde va dire que je suis un Tyran. 

こんなふうにイヴを孤立させることはできないわ。

まわりに囲いを作っていたら、みんなきみを暴君だと言うよ。

La mode, ce n’est pas un art majeur. Non, ce n’est pas un art du tout même. 

Mais, pour la faire comme tu la fais toi, il faut être un artiste.

T’es un génie, Yves. 

Sans toi, y aurait rien eu.

モードはメジャーな芸術じゃない。いや、芸術なんかじゃないんだ。

でも、君がやるようにモードを作るためには、芸術家になる必要がある。

君は天才だ、イヴ。

君なしでは、何もできなかった。
 
Espèce de raté ! 

Ils attendaient tellement. Je pouvais que les décevoir. 

大失敗さ!

みんな熱心に待っていてくれた。僕ができたのはみんなをがっかりさせることだけ。

Quand on aime, on est en danger. Moi, c’est ça qui me plait. 

好きになると、危険が待っている。僕はそこが気に入っているけど。

単語メモ

émettre  (光、音などを)発する、放出する

goût  良い趣味、センス、美的感覚

instinct  本能;天分、素質;直感

paravent  びょうぶ、ついたて、スクリーン

tyran  暴君、専制君主

raté  しくじった、成功しなかった

イヴ・サンローランのプロフィール

この映画は、イヴ・サンローラン(1936-2008)のビジネスパートナーで恋人でもあった重要人物、ピエール・ベルジェ(1930-2017)とイブサンローラン財団が公認のオーソドックスな伝記映画です。

ベルジェの視点から描いているので、2人の関係はわりと美しく(喧嘩したりはするけれど)描かれていると思います。「イヴ・サンローラン」というブランドは、デザイン担当のサンローランと、ビジネス関係すべてを担当するベルジェの2人が作ったものです。

天才すぎて傷つきやすく、はちゃめちゃなことをするサンローランを、ベルジェが母親のように温かく包み込んできた、という感じです。

イヴ・サンローランは、フランス領アルジェリアで、中流階級の家に生まれました。お父さんは保険会社に勤めていて、大金持ちでもなく、かといってシャネルのような孤児でもなく、ごくふつうの家に生まれたわけです。

イヴは子供のときにパリに引っ越し、ファッション学校で学び、デザインコンクールで賞をとります。

この時の審査員が、イヴの才能を見抜き、クリスチャン・ディオールに紹介。ディオールも彼の才能にいたく感銘を受けます。

1957年の秋、ディオールが52歳で亡くなったあと、イヴはディオールのメゾンの主任デザイナーになります。このときサンローランは弱冠21歳です。

21歳から、2002年、66歳で引退するまで、徴兵されて留守のときや、スランプもありましたが、40年以上、彼はフランスのモード界を牽引してきました。

ピエール・ベルジェと知り合ったのは、イヴが最初のコレクションを発表した1958年です。

ベルジェは固い仕事を持つ両親のもとに生まれましたが、ジャーナリストかライターになりたくてパリに出てきました。

まず始めたのが古本の売買。政治にも興味があったので、政治新聞も作りました。

ベルジェは才能のある人が好きで、1950年代はじめ、ベルナール・ビュッフェ(画家)と知り合い、公私ともにサポート。ビュッフェは画家として成功します。

その後、サンローランと知り合い、ベルジェは今度はサンローランに惚れ込みます。

予告編でパジャマ姿でぼーっとしているイヴに、ベルジェが、「生きるのか、死ぬのかはっきりせい」と言っているのは、イヴがアルジェリア独立戦争に徴兵され、3週間ぐらい、軍隊にいたとき、いじめやら何やらにあって、すっかり精神がまいっていたときの話です。

この頃のイヴは疲れ切ってデザインができずディオールを退職。その後ベルジェと2人で、自分のブランドを立ち上げます。その後はデザイナーとして順調で、数々のモードをつくりだしました。

とはいえ、仕事のプレッシャーも多く、繊細だったイヴは、薬物に溺れたり、放埒な生活をしたりもします。

ですが、完全に破滅することはなく、引退までがんばりました。その功績を認められて勲章をもらったりしています。

イヴは2008年、ガンで亡くなりました。

この映画の見どころの1つは、本物のサンローランのドレスの数々です。財団が後援しているので、コレクションをリアルに再現しています。

とはいえ、デザイナーとしてのサンローランのどこがそんなにすごかったか、という点については、そこまで掘り下げてないと思います。あくまで、イヴとベルジェの関係にスポットがあたっています。



イヴ・サンローラン:関連動画など

日本向けの予告編です。

主演のピエール・ニネはサンローランにそっくりだし、ベルジェ役のギョーム・ガリエンヌも熱演しています。

ピエール・ニネはこの映画で、第40回、セザール賞の主演男優賞を獲得しました。

いかに、ピエール・ニネがサンローランにそっくりかは、この動画を見るとわかります。1968年、インタビューに答えている本物のサンローランです。

「僕はまだバレンシアガやシャネルの域には達していません」と謙虚に話しています。

シャネルの映画はこちらで紹介⇒映画『ココ・アヴァン・シャネル』の予告編でフランス語を学ぶ

*****

この映画、私は映画館で見ました。

本当にサンローランは、布切れを引き裂いて、モデルの腰に巻いたんですかね? きっとすごく高い布だと思います。

「風と共に去りぬ」ではヴィヴィアン・リーが、カーテンからドレスを作っておりましたが。

センスさえあれば、なんでもおしゃれな服になるのでしょう。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ラディアント・オーキッド

    フランス語の語彙

    2014年春夏のトレンド・カラー~その1

    この春夏の流行色についてご紹介します。たまに読んでいるフランスの若…

  2. ウエディングケーキ

    フランス映画・テレビ

    ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲(2)~予告編のフランス語

    「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」というフランス映画の予告編のスクリプトを…

  3. 靴

    ファッション

    ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)

    根強い人気がある、ファッションやおしゃれがテーマの記事を集めました。…

  4. マリー・アントワネット

    フランス映画・テレビ

    映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~前編

    『マリー・アントワネットに別れをつげて』という映画の予告編を勉強しまし…

  5. モデル

    ファッション

    ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)

    フランスのモード、おしゃれに関する記事のまとめ、4回めです。こ…

  6. シャネルの5番

    ファッション

    シャネルを物語る5つの色(前編)

    フランスのファッションブランド、シャネル社が制作した動画シリーズ、In…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  3. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  4. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  5. フランス語で知るハロウインの由来。
  6. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  7. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  8. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  9. シャネルを物語る5つの色(後編)
  10. 猛暑をフランス語でなんと言う?

おすすめ記事いろいろ

  1. 序数(1)~フランス語の数字【第42回】
  2. エマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペンが決選投票へ(20…
  3. 求職中の人は口座維持費が無料に。CIC(フランスの銀行)のC…
  4. なぜ赤いケシの花(ポピー)を身につけるのか?11月11日はリ…
  5. ココ・シャネル~かけがえのない人間になる方法とは?(名言その…
  6. ロイヤルベイビーの誕生を待つエリザベス女王
  7. 歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その2
  8. Un pere (父) シメーヌ・バディ、歌と訳詩
  9. パリの20の行政区~第4回~グランパリ計画
  10. かわいいフランス語、教えます~その11 愛をこめた呼びかけ

おすすめのまとめ記事

  1. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  2. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  3. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  4. フランス語入門日記~目次を作りました
  5. ニュースの記事のまとめ(1)
  6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  7. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  8. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  9. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  10. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP