パリ

ファッション

パリで初のシャネルの回顧展、始まる。

2020年10月1日から、パリのパレ・ガリエラ(Palais Galliera)にて、パリで初めてのシャネルの回顧展が行われています。

回顧展のタイトルは、Gabrielle Chanel: Manifeste de Mode

回顧展、やってますよ~、とシャネル社が告知している1分の動画を紹介します。



Manifeste de mode

1分。フランス語の字幕あり。

トランスクリプション

Gabrielle Chanel fait une synthèse, pour codifier un peu ces tailleurs.

Sa proposition est aux antipodes de la mode des années 50.

C’est une nouvelle élégance qui est fondée sur le confort, la liberté, le naturel. C’est une sorte de manifeste. Imaginez cette robe en mouvement. Ça doit être… C’est une fleur dans le vent, je ne sais pas. C’est aérien, c’est souple.

C’est radical, c’est vraiment radical.

Ces pièces rejoignent l’idée de répondre à un besoin des femmes.

Elle se détourne des codes habituels.

Elle crée quelque chose d’intemporel.

Avec, toujours, cette idée de simplicité, de légèreté.

Et ça, c’est fort, quand même.

Ah, mais c’est fort.

Du début à la fin, de conserver, la même vision, les mêmes principes. Son travail est hors du temps de la mode.

和訳

ガブリエル・シャネルは統合したんです。このようなスーツを体系化するために。

彼女の提案は、50年代のモードとは、正反対です。

それは、新しいエレガンスで、着心地がよく、自由で、自然なことを基調にしていました。

ある種のマニフェストです。

このドレスが動いているところを尊像してください。それはきっと…。それは風の中の花みたいでしょうね。軽やかで柔らかくて。

革新的ね、とてもラジカルです。

ここにある服は、女性の欲求に応えるという考えを反映しています。

従来の体系から離れたのです。

シャネルは、時を越えるものを作り上げました。

ずっと、シンプルさと軽さをもって。

それは本当にすごいことです。

すごいわね。

最初から最後まで、保っていました、同じヴィジョン、同じ原則を。シャネルの仕事は、モードという次元を越えています。



単語メモ

être aux antipodes de … …と正反対である

rejoindre (道が)つながる、通じる

se détourner 方向を変える、それる

intemporel 非時間的な、時を越えた、永劫の

この回顧展は、2020年10月1日から、2021年の3月14日まで、パリ16区にあるパレ・ガリエラにて行われています。

■シャネルに関するほかの記事

シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。

ココ・シャネルの好きだった花、カメリア。

シャネルを物語る5つの色(前編)

シャネルを物語る5つの色(後編)

孤児、ガブリエル・シャネルはいかにしてココ・シャネルになったのか?(1)

孤児院を出たガブリエル・シャネルは、シンプルな帽子を作った(2)

シャネルは女性の服に革命を起こした:シャネルの物語(3)

*******

いま見ると、シャネルの服は、クラシカルな雰囲気がありますが、動画に出てきた人が言っていたように、当時はとても斬新でした。

シャネルが帽子屋を開店したのは、1909年、服を売る店の第1号を出したのは、1913年。

いまから100年前です。

イギリスでヴィクトリア朝が終わってから10年ほどあとのことですから、まだ女性はコルセットをして、重たいペティコートや、やたら裾の長いドレスをずるずると着ていたと思います。

羽がいっぱいついていた帽子もかぶっていたでしょう。

そんな時代に、シャネルは体をしめつけない、シンプルで軽く、スポーティな服を提案しました。

そのデザインは普遍的で、今見ても、ふるびていませんね。

シンプルさは、普遍性につながるのでしょう。

パリ・ガリエラは、ファションを紹介する博物館で、長らく改築をしていましたが、より広く、きれいになって再オープン。改築後、最初に見せているのが、シャネルの回顧展です。






パリギロチンの歴史(後編)前のページ

Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞)次のページコスモス

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. インディアンの羽

    ファッション

    2014年春夏のバッグのトレンド[第3回]フォークロア

    春夏流行のバッグに関する記事の3回めです。タイトルはLes…

  2. カメリア

    ファッション

    ココ・シャネルの好きだった花、カメリア。

    インサイド・シャネルというシリーズから、「第16章、カメリア」を紹介し…

  3. ハロウィンのpenとパム

    ファッション

    ハロウィン・コスチュームのアイデア その1

    毎週一つずつファッションの記事を読んでいます。先週から、帽子の…

  4. プレスオンマニキュア

    ファッション

    新世代のネイルチップ(つけ爪)「インプレス」その3

    「インプレス」という名前のつけ爪のレビュー記事の三回目です。シ…

  5. ヴィンテージファッション

    ファッション

    シャネルは女性の服に革命を起こした:シャネルの物語(3)

    ココ・シャネルのプロフィールを3分でまとめた動画のフランス語を訳してい…

  6. スニーカーをはいた足

    時事ニュース

    フランスのティーンエイジャーの間で流行っているファッション。

    最近のフランスのティーンエイジャーのファッションを取り上げたニュースク…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. 夜間外出禁止令にショックを受けるフランスのレストランのオーナ…
  2. 魔女の指クッキーの作り方:フランスのお菓子43
  3. なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?
  4. 子供の質問(フランスのスーパーのCM)
  5. 死刑って何ですか?
  6. Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞…
  7. パリで初のシャネルの回顧展、始まる。
  8. ギロチンの歴史(後編)
  9. ギロチンの歴史(前編)
  10. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

アーカイブ

PAGE TOP