カメリア

ファッション

ココ・シャネルの好きだった花、カメリア。

インサイド・シャネルというシリーズから、「第16章、カメリア」を紹介します。Camélia は椿のことです。

カメリアは、ココ・シャネルが好きだった花で、さまざまなデザインのモチーフとなっています。

この動画は、カメリア自身が、シャネルと自分との関係について語るという趣向です。



Chapitre 16:Le Camélia

2分16秒。

トランスクリプション

Je me souviens que Gabrielle Chanel n’a jamais vraiment dit pourquoi elle a fait de moi sa fleur. Mais doit-on tout dire…

Je me souviens qu’à 13 ans, la jeune Coco aurait pleuré à en mourir en voyant sur scène Sarah Bernhard dans la Dame aux Camélias.

Je me souviens que Marcel Proust, et ses amis dandys, me portent alors au revers de leur veste, comme un signe de raffinement, de ralliement et d’ambigüité.

Je me souviens qu’après avoir emprunté le jersey et le pantalon au vestiaire masculin, Coco m’a décroché de leurs boutonnières.

Je me souviens, qu’un jour, sur une plage d’Étretat, elle a eu l’idée de me glisser simplement à la ceinture de sa marinière.

Je me souviens qu‘elle m’a aimé aussi parce que j’ai la délicatesse de n’exhaler aucun parfum… pour mieux offrir aux femmes la liberté de choisir le leur.

Je me souviens que nous nous ressemblons, elle et moi : je fleuris en hiver toujours en avance d’une saison !

Et je ne perds jamais mon feuillage pour demeurer « irrésistible à tout âge » !

Je me souviens pourtant qu’un jour Mademoiselle m’a surpris : à une dame qui lui demandait ce qu’elle prenait au petit déjeuner, elle répondit « un camélia » !

Je me souviens que Gabrielle m’a toujours préféré blanc, comme un bouquet de lumière partout où l’on me pose.

Je me souviens de la première fois où elle m’a épinglé sur une de ses robes en mousseline.

C’était en 1923. Je me souviens m’être plié à toutes ses fantaisies : brodé, imprimé, gravé, froissé, effiloché… en mousseline, en satin, en organdi, en tweed, en plume…

Je me souviens de mes premiers diamants, posés comme des gouttes de rosée sur mes pétales immaculés.

Je me souviens de toutes les bagues, les broches, les boucles, les colliers, les sautoirs, les montres et les rivières.

Je me souviens éclore aussi en céramique, en onyx, en corail, en opale, en nacre, en saphir, en rubis…

Je me souviens que Karl Lagerfeld a fait d’un bouquet de camélias la plus somptueuse des robes de mariée.

Je me souviens enfin que mes pétales forment de parfaites lettres C qui s’enlacent et composent un double C.

Je me souviens que je suis plus qu’un camélia, je suis la fleur de Chanel.

第16章、カメリア、和訳

なぜ私を彼女の花としたのか、その理由をガブリエル・シャネルは決して言わなかったことを覚えています。

でも、すべてを話さなくてはなりません。

13歳のとき、若きココが、椿姫に扮したサラ・ベルナールを見ながら、死ぬほど泣いただろうことを覚えています。

マルセル・プルーストと、友達のダンディな男性が、洗練、集結、両義性の象徴として、私を背広の折返しの襟につけたことを覚えています。

男性の衣類であるジャージーとズボンから生地を拝借したあと、ココが私を、彼らのラペルホールから外したことを覚えています。

ある日、エトルタの海岸で、ココが、マリニエール(ボーダー柄のトップス)のベルトに私をすっとすべらせるアイデアを思いついたことを覚えています。

私は、匂いをまったく放たないというデリカシーがあり、女性たちに好きな香りを選ぶ自由を提供したので、その点も、ココが好きだたことを覚えています。

ココと私は似ていたことも覚えています。私はいつも、シーズン前の冬に咲きますから。

そして私は、決して葉をおとさず、どんな年齢になっても抗しがたい魅力をもったままです。

それでも、あるとき、マドモアゼル(ココのこと)が、私を驚かせたことを覚えています。

朝食に何が欲しいかとある女性が聞いたら、彼女は、「カメリアを一輪」と答えたのです。

ガブリエルは、いつも白い私を好んだことを覚えています。私が置かれるとあたりは光のブーケのようでした。

はじめてココが、私を彼女のモスリンのドレスの1つに指したときのことを覚えています。

それは1923年でした。

私はあらゆるものに折りたたまれた(アレンジされた)ことを覚えています。刺繍、プリント、レリーフ、しわ、ほころび(シャギー?)、モスリン、絹、オーガンディ、ツイード、羽。

私のはじめてのダイヤモンドは、私の純白の花びらの上の露のしずくのようだったことを覚えています。

すべての指輪、ブローチ、イヤリング、ネックレス、ソートワール、腕時計、ダイヤモンドの首飾りを覚えています。

セラミック、オニキス、サンゴ、オパール、真珠、サファイヤ、ルビーとなって花ひらいたことも覚えています。

カール・ラガーフェルドが、カメリアの束で、とてもすばらしいウエディングドレスを作ったことを覚えています。

私の花びらは、完璧なCの文字になり、それはからみついて、2つのCを形作ったことを覚えています。

私はただのカメリアではなく、シャネルの花であることを覚えています。

単語メモ

la Dame aux Camélias  椿姫、小デュマの小説

un revers  衣服などの折返し、リバース。
revers d’un veston  背広の折返し襟

le ralliement  集合、集結、帰属、賛同

une boutonnière  襟のラペルホール

une marinière  ミディブラウス、セーラーブラウス

un feuillage  葉、葉むら

demeurer  ある状態にとどまる

plier  折る、折りたたむ

à sa fantaisie  気の向くままに、好きなように

froissé  しわくちゃになった

effiloché  布がほぐれた、ほころびた

un sautoir  ソートワール(胸までの長い首飾り)、リボンのついた勲章

une rivière  ダイヤモンドの首飾り

éclore  (花、蕾が)開く、咲く

s’enlacer  巻き付く、からみつく

marinière は、シャネルがよく着ていたボーダー柄のトップですが、動画では、コートのベルトにカメリアを飾っていますね。

シャネルの名言で、Personne n’est jeune après quarante ans mais on peut être irrésistible à tout âge.(40歳をすぎたらもう若くないが、いくつになっても、魅力を持ち続けることはできる)というのがあります。

サラ・ベルナールのポスターは、ミュシャの描いたもの⇒アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。

プチ文法:条件法過去

aurait pleuré  泣いただろうに

これは条件法過去なので、実際は、シャネルはサラ・ベルナールの舞台は見ていないと思います。

シャネルが12歳のとき、母が死に、その後父親は、シャネルとその姉を孤児院に置き去りにしています。

ベルナールの舞台を見たら、嬉し泣きすると思われるほど、好きだった、ということでしょう。



関連記事もどうぞ

孤児、ガブリエル・シャネルはいかにしてココ・シャネルになったのか?(1)

孤児院を出たガブリエル・シャネルは、シンプルな帽子を作った(2)

シャネルは女性の服に革命を起こした:シャネルの物語(3)

シャネルを物語る5つの色(前編)

シャネルを物語る5つの色(後編)

映画『ココ・アヴァン・シャネル』の予告編でフランス語を学ぶ

名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

Inside Chanelのシリーズは、単語が難しいのですが、カメリアのは構文がワンパターンなので、まあやさしいほうだと思います。

ビジュアルは、毎回とてもきれいですね。






バッジMから始まる女の子の名前:かわいいフランス語(145)。前のページ

ノルマンディーのカマンベールチーズができるまで。次のページカマンベール

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 靴

    ファッション

    ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)

    根強い人気がある、ファッションやおしゃれがテーマの記事を集めました。…

  2. インディアンの羽

    ファッション

    2014年春夏のバッグのトレンド[第3回]フォークロア

    春夏流行のバッグに関する記事の3回めです。タイトルはLes…

  3. pen シャネル5番

    ファッション

    ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)

    おしゃれやファッションに関する記事のまとめ、その3です。この回…

  4. シャネルの5番

    ファッション

    シャネルを物語る5つの色(前編)

    フランスのファッションブランド、シャネル社が制作した動画シリーズ、In…

  5. トルソー

    ファッション

    モードの帝王、イヴ・サンローラン:予告編のフランス語

    イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)という201…

  6. ハロウィンのpenとパム

    ファッション

    ハロウィン・コスチュームのアイデア その1

    毎週一つずつファッションの記事を読んでいます。先週から、帽子の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. サマータイム(le changement d’h…
  2. 夜間外出禁止令にショックを受けるフランスのレストランのオーナ…
  3. 魔女の指クッキーの作り方:フランスのお菓子43
  4. なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?
  5. 子供の質問(フランスのスーパーのCM)
  6. 死刑って何ですか?
  7. Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞…
  8. パリで初のシャネルの回顧展、始まる。
  9. ギロチンの歴史(後編)
  10. ギロチンの歴史(前編)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP