シャネルの5番

時事ニュース

シャネルの特別展、ロンドンにて開催。82歳になってますます元気なカール・ラガーフェルド

ロンドンのサチ(Saatchi)・ギャラリーで行われているシャネルの特別展を紹介するフランス語ニュースをお伝えします。

この展示会は、ガブリエル・シャネルとカール・ラガーフェルド2人の世界を余すことなく紹介したものです。

ニュースのあとにスクリプト、和訳、単語メモをつけます。



Mademoiselle Chanel en expo à Londres ロンドンでシャネル展

Karl Lagerfeld en personne à Londres pour inaugurer l’exposition Chanel à la galerie Saatchi. Une expo intitulée “Mademoiselle Privée” qui présente le monde de Gabrielle Coco Chanel et de son directeur artistique pré cité…

カール・ラガーフェルドはサチギャラリーでシャネルの展示会をオープンするためにロンドンにやってきました。この展示会のタイトルは、「マドモワゼル・プリヴェ」で、ガブリエル・ココの世界と、クリエイティブ・ディレクターのラガーフェルドの世界を見せるものです。

Parmi les oeuvres présentées les “Bijoux de diamants” une collection de haute joaillerie créée en 1932. Et Karl a créé toute une collection autour de ces bijoux.

展示物の中には、1932年に作られた高級ジュエリーのコレクション、「ビジュー ドゥ ダイアモンド」があります。ラガーフェルドは、同じテーマで全く新しいコレクションを作りました。

“En temps normal, je ne me soucie qu’assez peu de la joaillerie Chanel mais ils m’ont demandé de faire quelque chose de spécial pour cette collection. J’ai donc décidé de choisir des personnes que nous connaissons, des amies et de faire des robes spéciales pour chaque fille, qui correspondent à sa personnalité et de mettre dessus des bijoux. C‘était donc quelques chose de personnel.”

「通常は、私はシャネルのジュエリーは手がけていませんが、このコレクションのために、何か特别なものを作ることを頼まれたのです。

そこで、知人、友達から選んで、それぞれの個性にふさわしいドレスを特别に作り、ジュエリーもつけたんです。だから、個人的なものです」。

Les pièces ont été dessinées pour ces célébrités comme Vanessa Paradis, Rita Ora ou encore Julianne Moore.

ダイヤモンドのアクセサリーは、ヴァネッサ・パラディやリタ・オラ、ジュリアン・ムーアといったセレブのためにデザインされました。

Depuis 83 Karl Lagerfeld est directeur créatif de Chanel mais aussi de Fendi et de son propre label.

Et à 82 ans il n’entend pas prendre sa retraite : “Non je ne me pose pas la question, je ne suis pas encore dans une poubele. Je ne me pose pas la question parce que j’ai un contrat à vie. Et il y a des centenaires dans ma famille. Nous avons le temps.

Vous savez c’est un grand luxe d’avoir la possibilité de faire ce que l’on veut dans les meilleures conditions. C’est unique et j’ai beaucoup de chance.”

1983年から、ラガーフェルドはシャネルのクリエイティブ・ディレクターであると同時に、自身のブランド、フェンディも手がけてきました。

彼は82歳ですが、引退は考えていません。

「いえ、その質問は自分にはしません。まだお払い箱じゃないですよ。

なぜその質問を自分にしないのかというと、一生涯、契約しているからです。一族の中には100歳の人もいるし。まだ時間はあります。

ベストの状況で自分のしたいことをできるというのは、とてもぜいたくなことです。なかなかあることじゃないですし、自分はとても幸運だと思っています」。

“Mademoiselle Privé” à la galerie Saatchi à Londres jusqu’au 1er novembre.

「マドモワゼル・プリヴェ」はロンドンのサチ・ギャラリーで11月1日まで開催されています。

☆2016年10月4日追記:元記事は削除されたので、リンクをはずしました。

単語メモ

privé 失われた という意味だと思うのですが、mademoiselle を形容しているのに、なぜ女性形でないのでしょうか?

pré cité 直前で引用した、話題にした

centenaire 100歳の人、100歳を越えた人

同じニュースの英語版

Karl Lagerfeld opens Chanel exhibition at Saatchi Gallery in London

スクリプトはこちら⇒Karl Lagerfeld opens Chanel exhibition at Saatchi Gallery in London | euronews, le mag



マドモワゼル・プリヴェ 初日の夜の様子


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Mademoiselle Privé: Exhibition Opening in London – CHANEL

ヴァネッサ・パラディはフランス語でインタビューに答えています。1分10秒ぐらいから出てくる、リリー・ローズ・デップはバネッサ・パラディとジョニー・デップの娘です。

この日は化粧が濃いですが、素顔はママに似てかわいい感じです。

彼女が生まれてから13年後ぐらいに両親は別れた(もともと結婚はしていませんでしたが)のですが、小さいときはロスアンジェルスに住んでいたのでしょうか?

アメリカ英語をしゃべっていますね。

彼女が生まれた直後、バネッサがレコーディングした歌がこちら⇒歌と訳詞:サン・ジェルマン~ヴァネッサ・パラディ 歌詞にリリー・ローズ・メロディと、リリーの名前が出てきます。

シャネル関連記事もどうぞ:
名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

映画『ココ・アヴァン・シャネル』の予告編でフランス語を学ぶ

シャネル展のオープニングパーティに来ていた人はみな、シャネルの服を着ているのでしょうね。

カール・ラガーフェルドは1933年9月10日生まれ。昭和8年です。実は私の母より、半年ほど年下なのです。長寿の家系の出身のようです。

彼は68歳ぐらいのとき、13ヶ月で42キロのダイエットに成功しています。プロ(医師)について厳格な食事ダイエットをしたようです。もとがデブすぎたからこそ40キロ以上の減量に成功したのでしょうが、その後リバウンドしていません。

ものすごく美意識の高い人なのでしょう。

母と同い年で一線で活躍していることや、60過ぎても痩せられる生き証人でもあるので、いろいろな意味で、勇気を与えてもらえる存在です。

それでは次回のニュースの記事をお楽しみに。






関連記事

  1. ニース

    時事ニュース

    ジェイソン・バトン(F1レーサー)と道端ジェシカがサントロペの別荘で盗難に。昏酔強盗の疑い

    F1レーサーのジェイソン・バトンと奥さんのモデル、道端ジェシカが、サン…

  2. レストラン

    時事ニュース

    ダウン症の従業員が6人いるナントのちょっと特別なレストラン。

    3月21日は、世界ダウン症の日です。ダウン症候群という病気について、も…

  3. スマーフ

    時事ニュース

    スマーフたちと失われた村(2017年アニメーション映画)の紹介

    フランスの子ども新聞、1jour1actuの記事からスマーフの新しいア…

  4. 新聞

    時事ニュース

    内部告発者になること

    TV5Mondeが作っているフランス語学習サイト、Apprendre …

  5. リトリバー

    時事ニュース

    犬の肉を食べる中国の犬肉祭りに世界中から非難の声

    犬の肉を食べる「犬肉祭(けんにくさい)」のニュースを子ども新聞からお伝…

  6. ハロウイン pen

    時事ニュース

    ハロウインでピエロの仮装禁止令~南仏の村で

    10月31日はハロウィンですね。子ども新聞でフランスのある村が、ハ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 私がきれいな理由、知ってる?
  2. Un pere (父) シメーヌ・バディ、歌と訳詩
  3. パリの田舎町「虎と小鳥のフランス日記」第105話
  4. ブログと著作権法について その1
  5. 火曜日はマルスの日:フランス語の暦(12)
  6. エピファニーにちなんだ詩 Tirons les rois(王…
  7. カンヌ国際映画祭の階段であったおもしろいこと
  8. マッチ売りの少女のフランス語のタイトルは?(6)
  9. 「まいにちフランス語」34:L56 2つの過去~半過去と複合…
  10. L18 パリの夏

新しく書いた記事です。

  1. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
  2. アメリカ・ラスベガスで起きたアメリカ史上最悪の銃撃事件。
  3. 初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント…
  4. アリゼ:À cause de l’automne…
  5. このブログの更新の通知を受け取る方法
  6. 美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?
  7. 一口サイズがかわいい、ペ・ド・ノンヌの作り方:フランスのお菓…
  8. ヨーロッパ文化遺産の日とはどんな日でしょうか?
  9. 2017年秋季仏検受付開始~仏検関連記事とおすすめサイト
  10. 学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  2. フランス語のことわざ~目次 その3
  3. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  4. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  5. フランス語の名言の記事の目次
  6. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  7. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  10. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. penのイラスト
  3. ペンディクテ中
  4. 黒板
  5. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. かわいいマスキングテープ

    フランス語を読む練習

    フランスでもマスキングテープの人気が上昇中
  2. モンマルトル

    虎と小鳥のフランス日記

    モンマルトルの裏通り~「虎と小鳥のフランス日記」第168話
  3. 猫の顔

    時事ニュース

    パリで猫専用ホテル建設のプロジェクトが進行中
  4. カブトムシ

    フランス語脳プロジェクト

    昆虫食は食糧難を救う
  5. クレープケーキ

    ブログ運営、お知らせ

    ブログの読者さんからいただいたうれしいお便り~その1
PAGE TOP