モンパルナスタワー

フランスにまつわるあれこれ

パリのモンパルナスタワー、40周年をむかえる。

屋上から見る夜景がきれいだと評判のパリのモンパルナスタワーの記事をこども新聞で読みました。

このタワーは今年の6月に40周年を迎えました。

パリと言えば、古い街並みを維持するため、建物の高さ制限があります。このタワーはパリの唯一の高層ビルです。

写真を見ると、このタワーは悪目立ちしていますが、できて40年たち、住民はどういうふうに感じているのでしょうか?



モンパルナスタワーは40歳になりました!

La tour Montparnasse souffle ses 40 bougies !

モンパルナスタワーはパリで最も高い建物の一つだと知っていましたか?

高さ210メートルです。この、とてもモダンな建物はオフィス専用ですが、訪れてぶらぶらしたり、レストランを利用することもできます。

なぜこれがきょうの話題なのでしょうか?
今年、モンパルナスタワーは建設40周年だからです。

きょうのできごと~タワーの歴史

1969年、フランス共和国の大統領、ジョルジュ・ポンピドーは、パリを近代化したいと思い、モンパルナスタワーの建設を許可しました。

工事は1970年に始まり、1973年6月18日に、タワーは落成しました。

パリを象徴する場所

モンパルナスタワーはユニークな場所です。パリで唯一の高層ビルです。オフィスのほかに、大きなレストランと散策する場所があります。

屋上のテラスでは、パリの美しい景色を見ることができます。3月21日から、夜、エッフェル塔(324メートル)のように、ライトアップされています。

このように、モンパルナスタワーはこの街にとって、とても重要な場所であり、世界中から毎年1200万人の人が訪れています。

論争

それにもかかわらず、モンパルナスタワーはパリ市民にあまり歓迎されてきませんでした。人々は、このタワーがあまりに高く、また近代的なので、街の景観を損なうと思っているのです。

事実、パリ市民の大部分の人が、このような建築物に対して反対しています。

モンパルナスタワーの記念日に伴い、この論争が再燃しています。というのも、大きな建物の建設プロジェクトが三つ進められており、パリ市民の多くはこれに反対しているのです。

元記事 → http://www.1jour1actu.com/monde/tour-montparnasse/ La tour montparnasse expliquée aux enfants ☆2019/04/01:記事が削除されたので、リンクをはずしました。

単語メモ

polémique 論争

emblématique 象徴的な

gratte-ciel 摩天楼、高層ビル 19世紀後半ににアメリカで始まった背の高い建物 - スカイスクレイパー(skyscraper) をそのままフランス語にしたもの。

restauration レストラン

chantier 建設[工事、作業]現場

gâcher 損なう



モンパルナスタワー、関連情報

■こちらはモンパルナスタワーから見た景色
日没で、街のあちこちに灯りがともっていきます。
2分6秒

■豆知識として、モンパルナスタワーを取り上げています⇒モンパルナスでクレープを食べよう「虎と小鳥のフランス日記」第35話

■「虎と小鳥のフランス日記」の第100話のエピソードで、カミーユがモンパルナスタワーの屋上で、パリの景観を見せてくれました⇒第100話 おめでとう!第100話!

■モンパルナスタワーのホームページはこちら⇒Tour Montparnasse
住所:7 Boulevard du Montparnasse, 75006 Paris, France

■記事中に出てきている、建設が予定されている大きな建物の一つはトライアングル・タワーです。

こんなプロジェクトです。
Un Triangle porte de Versailles 2分27秒

2013年に完成予定とメディアには書いてあるのですが、もうできたのでしょうか?

他にもベルシーなど、数カ所で高い建物を建築するプロジェクトが進められています。

こうした建物を作るおもな目的は、経済の活性化と雇用を生み出すことですね。

モンパルナスタワーの屋上からパリの街並みをを見るときれいですが、エッフェル塔と並んでいる姿を見ると、やはり、違和感あります。でも、人気のツーリストスポットですから、その点では成功していると言えそうです。






ベルシー公園「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話前のページ

男性形と女性形がある名詞リスト次のページ石像

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」

関連記事

  1. 仕事中

    フランスにまつわるあれこれ

    フランス人は働くことが好きなのでしょうか?

    France 24 のニュースクリップから、仕事に対するフランス人の考…

  2. バレンタインデーのティーセット

    暦、年中行事

    バレンタインデーの歴史とフランスの愛の日の事情。

    なぜ2月14日がバレンタインデーなのか、簡単なフランス語でその由来を説…

  3. パリ10区の区役所

    フランスにまつわるあれこれ

    フランスの大統領選挙 後編~「虎と小鳥のフランス日記」第50話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバーも週1本ずつ復習しています…

  4. 自由の女神像
  5. 昔の教室
  6. おやつ

    フランスにまつわるあれこれ

    フランスのおやつ事情

    フランスの子どもたちが食べるおやつを説明している、ARTEのKaram…

コメント

  1. モンパルナスVS福島の喜多方

    あぁ、どちらも風情があって引き分け?!

      • フランス語愛好家
      • 2013年 8月 12日 11:26am

      赤ベコさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      モンパルナスには蔵はないようですが、クレープが有名です。
      喜多方はとても風情のある街ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP