昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ドリンクのおかわり飲み放題

ハンバーガー

フランスの子ども新聞で、最近、あるチェーンレストランで始まった清涼飲料水のおかわり飲み放題のサービスについて読みました。

たとえばペプシを注文すると、何杯でも飲めるサービスです。

清涼飲料水ってものすごく糖分が入っていますので、「健康によくない」といういわけです。

記事のタイトルは:
Santé : sodas à volonté, gare aux excès
清涼飲料水飲み放題、飲み過ぎに注意

それでは和訳しますね。

Santé : sodas à volonté, gare aux excès 清涼飲料水飲み放題、飲み過ぎに注意

チェーンレストラン「クイック」では、今後、清涼飲料水のおかわり自由のサービスを提供します。

砂糖でいっぱいなのが、無制限。これは本当にいいアイデアでしょうか?

こうしたサービスはアメリカ合衆国のファーストフード店で何年も行われていますが、ふつうのレストランでも見られます。

これは「フリー・リフィル」”free refill” と呼ばれます。英語で「おかわりは無料」という意味です。

客がいったん飲み物を買うと、それはたいてい清涼飲料水ですが、何倍でも自由に飲めるというもの。

「クイック」では、フランス全土で同様のサービスを始めたところです。炭酸水ファンは大喜び。でも医者は絶望的な気持ちです。

Attirer les clients 客を引き寄せる

なぜって?というのも、国中で肥満している人が増えている大半の原因は、このひじょうに甘い清涼飲料水にある、と言われているからです。

このようなフリーサービスのせいで、客がよけいに清涼飲料水を飲んでしまうと、医療陣は恐れています。つまり、よけい砂糖をとってしまうのです。

しかも、こうしたレストランをよく利用するのは、青少年やあまりお金を持っていない人たちです。

このような人々はあまりバランスのいい食事をとっていません。無料の清涼飲料水は、このような人たちの健康を害してしまうのではないかということです。

Santé ou chiffre d’affaire ? 健康か売上か?

レストラン側は顧客の健康を気遣っていると即答します。このような無料サービスを開始してから、特に清涼飲料水の利用が増えてはいない、とサービスを擁護しています。

でも、こうしたサービスのおかげで、客が増え、売上に貢献しているようにみえます。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Santé : sodas à volonté, gare aux excès

単語メモ

remplissage (容器などを)満たすこと ← remplir
remplissage gratuit  無料のおかわり、おかわり自由

se resservir (自分で料理)をまた取る、おかわりする

craignent < craindre  おそれる craindre que (ne) + 接続法  Les médecins craignent que cette liberté ne pousse les clients à onsommer encore plus de sodas. 直訳:医者たちは、こうした自由化(フリーサービス)は、客がよりさらに多くの清涼飲料水を消費する可能性があることを恐れている。 Elle craint que sa fille ne tombe malade. 彼女は娘が病気になるのを恐れている ne は「虚辞(きょじ)のne」という否定の意味を持たないneです。 くわしくは⇒TIPAの初アルバム紹介~「虎と小鳥のフランス日記」第145話

chiffre d’affaire  売上

constater 確認する、認める

se soucier de  気にかける、心配する

単語の意味の補足

soda  辞書には「ソーダ水」とあります。炭酸水のことです。英語でpopと呼ばれる飲み物。

記事の飲み物供給機を見たところ、すべてに炭酸が入っているのかどうかわからなかったので、一箇所をのぞいて、清涼飲料水としておきました。

たとえばアイスティーなら、炭酸は入ってません。激甘なのは変わりありませんが。

Quick こういう名前のチェーンレストラン。ハンバーガーショップのようです。

店の広告です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Quick – Crousti Bacon Burger

ホーム・ページはこちら。
Quick

ホーム・ページの一番下に、
Pour votre santé, évitez de grignoter entre les repas. www.mangerbouger.fr
と記載されています。

「健康のために、間食は控えましょう」という意味。

éviter de + 不定法 ~しないようにする
grigonoter 少しずつかじる;ちびちび食べる

これは法律で入れるように定められているのでしょうか?

さて、実際どうなんでしょうかね?

清涼飲料水が健康に悪いのは自明ですが、こうしたサービスが客寄せになるのでしょうか?

私はハンバーガーショップを利用しないのですが、たとえばフードコートにある中華系のファーストフードの店にもこういう飲み物のマシーンが置いてあります(お代わり無料ではない)。

注文すると紙コップに入れてくれます。

ふつうの料理に甘いドリンクをあわせるのに最初ものすごい違和感がありました。もちろん別に頼まなくてもいいし、後ろのほうにミネラルウォーターなども置いてあります。

日本ではファミリーレストランで、ドリンクバーというのがありますが、「おかわり無料サービス」はこれと似ていますね。

私の場合、ドリンクバーで飲むものがないので、いつもふつうの水をもらっています。ふつうの水はたいていどこでも無料です。そして健康を害しません。おすすめです。

それでは次回の子ども新聞の記事をお楽しみに。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^