目覚まし時計

フランス語を読む練習

夏時間と冬時間を考えだしたのは誰?

フランスでは10月26日、日曜日の夜中に夏時間(サマータイム、デイライト・セービング・タイム)が終わりました。

この夏時間、冬時間の時刻の変更に関する子ども新聞記事をご紹介します。

記事のタイトルは
Changement d’heure : qui a eu cette idée ?
時刻を変えること:誰のアイデア?

それでは、早速和訳しますね。10月24日の記事なので、「これから時間が変わる」と書かれています。



Alimentation : Changement d’heure : qui a eu cette idée ? 時刻の変更:誰のアイデア?

Dans la nuit de samedi à dimanche, l’heure va changer. A 3h, il ne sera que 2h… Le changement d’heure n’est pas une idée nouvelle, mais il a fallu du temps pour la mettre en place !

土曜日から日曜にかけての夜、時刻が変わります。3時が2時になるのです。この時刻の変更のアイデアは古くからありましたが、実施に至るまでは長い時間を要しました。

年に2回変更しますが、簡単にできる生活習慣ではありません。

時刻の変更は私たちの体内時計(生活リズム)を混乱させます。

冬時間に変わるときは、少し楽です。1時間睡眠時間が増えますから。というのも、土曜から日曜にかけての夜の3時が2時になるからです。

Profiter du soleil 日照時間の活用

日照時間をより長く活用しエネルギーを節約するために、時刻を変えることは、新しいアイデアではありません。

1784年、フランスの新聞でこの方法に言及したのは、アメリカの有名な発明家、ベンジャミン・フランクリンです(彼は、避雷針や、薪ストーブを発明した人)。

フランクリンは、冬の夜明けの数時間は太陽が出ないし、夕方はとても早く日が暮れることにふれました。

19世紀になって、ウィリアム・ウィレットという著述家が、この考えととりあげ、一冊の本を書きました。

En deux temps 年2回

しかし、世界の国々が、時刻を変えることにしたのは、第一次世界大戦のときです。まずドイツが1916年4月30日に始め、少し遅れて、英国とフランスもこれに続きました。

時刻の変更は、第二次世界大戦の始めには、廃止。しかし、石油ショック(たいへん深刻な経済危機)のとき、エネルギーの節約が最優先となりました。

そこで、フランスは1975年に再度、時刻の変更を開始。1998年以来、ヨーロッパ連合の加盟国すべてが、時刻の変更を全く同じときにしています(10月の最後の日曜日の午前3時から3月の最後の日曜日の午前2時まで)。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Changement d'heure : qui a eu cette idée ? ☆記事が削除されたので、リンクをはずしました(2020/08/10)



単語メモ

mettre qc en place ~を設置する

pour autant だからと言って

bouleverser 大混乱させる

paratonnerre   避雷針

poêle à bois  薪ストーブ

se décider à  ~し始める

lors de+名詞  ~のときに

économies  (複数形で)節約

デーライトセービングタイムについては、以前こちらに詳しく書いています。
どこにも旅行していないのに時差ボケするワケ~サマータイムとは?

ベンジャミン・フランクリンの関連記事もどうぞ。
フランス語のことわざ20~時は金なり~ベンジャミン・フランクリンの13の徳

この制度は賛否両論あり、嫌っている人も多いです。

北米ではDaylight Saving Timeと言って、同じことをやりますが、期間が違います。夏時間は3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで。少し長いのです。

テレビを見ない私は、以前は、よく時刻が変わることを忘れていました。が、最近はパソコンが教えてくれるので、間違えなくなりました。

やはり、体内時計が狂って、数週間調子が変になります。また、時計の針を進めたり戻すのもけっこう面倒ですね。

これがいやで、家にある時計の数を大幅に減らしたほど。それでも電子レンジやオーブンに時計がついているので5つぐらいの時計の時刻を直さなければなりません。






買いすぎお買い得品は財布からお金を引き出す(安物買いの銭失い)フランス語のことわざ58前のページ

フランス語の数字【第16回】~14(カトーズ)次のページ数字14

ピックアップ記事

  1. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. パリのパンテオン

    フランス語を読む練習

    パンテオンから見るパリの景色

    パリのパンテオンのドームにあるフレスコ画と展望台(一番上)を見せている…

  2. ボクシング

    フランス語を読む練習

    アルコール依存症から立ち直ったカミーユ(後編)

    アルコール依存症から抜け出した37歳のカミーユさんの独白、後編です。…

  3. オマハビーチ(ノルマンディ)にある墓

    フランス語を読む練習

    なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(3)

    1944年6月6日に行われたノルマンディー上陸作戦がテーマの動画の紹介…

  4. パソコンに向かっている少女

    フランス語を読む練習

    ブログと著作権法について その3

    著作権について考えるきっかけになる、こども新聞の記事の和訳の続きです。…

  5. オリンピックパーク

    フランス語を読む練習

    近代オリンピックの歴史。

    IOCが主催する近代オリンピックは、19世紀の終わりに、フランス人、ク…

  6. バレエを踊る人

    フランス語を読む練習

    クラシックバレエの起源(前編)。

    クラシックバレエの起源を教えてくれる5分ほどの動画を紹介します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP