黒猫

フランスの暦、年中行事

13日の金曜日恐怖症

先週の13日は金曜日でしたね。もう過ぎてしまいましたが、13日の金曜日の起源などについて書かれた、JDEの記事を読んでみました。

私は13日の金曜日とか、仏滅とか、4階というのは、全く気にならないのですが、気にする人は気にしますね。

ちなみに、次の13日の金曜日は来年、2014年の6月です。

毎日飛ぶように日々が過ぎていくので、この日もすぐに来ることでしょう。



13日の金曜日:あなたは「13日の金曜日」恐怖症ですか?

Vendredi 13 : êtes-vous “paraskévidékatriaphobe” ?

年に一度は13日の金曜日があります。この日は迷信に関係のある日です。

ある人達にとっては、13日の金曜日はラッキーな日です。とりわけギャンブルに関しては。フランス宝くじ公社はこのことをよく知っていて、スーパーくじを開催します。

そうして、たくさんのギャンブラーたちが、ロトくじというスクラッチや、カジノのスロットマシン、競馬にお金を使います。こうしたゲームは18歳未満には禁止されています。

それでも、他の人にとっては13日の金曜日は忌むべき日で、時には病的に恐れることすらあります。パラスケヴィデカトリアフォビアの人がいます。つまり、「13日の金曜日恐怖症」です。

なぜこのような迷信があるのでしょうか?

この迷信はとても古く、ほかの「はしごの下を通る」とか、「黒猫が横切る」とか「家の中で傘を開く」といったものと同様、何世紀にも渡って言われています。

この迷信が新約聖書から来たと考えている人たちがいます。イエスとその使徒をあわせると13人で、またイエスは13日に亡くなったからです。

北欧神話が起源だと言う人々もいます。オーディンの祝宴の時、バルドルという神が死にますが、このとき13人、集まっていました。

ギリシャやローマの影響と考える人もいます。つまり、13という数字は12という数字の調和を断つからです。12は完璧さの象徴です。オリンポス十二神や、王道十二宮などに使われています。

さて、あなたは「13日の金曜日恐怖症」ですか?

・・・和訳ここまで・・・

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Vendredi 13 : êtes-vous "paraskévidékatriaphobe" ?

単語メモ

La Française des Jeux フランス宝くじ公社、ラ・フランセーズ・デ・ジュー

grattage スクラッチ 削り取ることです。

hippodrome 競馬場

maladif/maladive 病的な

apôtre 使徒

Jésus イエス(発音はジェジュ)

avancer 言い立てる、申し立てる

Odin オーディン 北欧神話の最高神

rassembler 集合させる

rompre (関係などを)断つ



北欧神話

オーディンという一番えらい神様を含む12人でお食事をしていたら、13番目の招かれざる客がやってきて、善良なバルドルという神様を殺してしまったと伝わっています。

☆フランスで縁起がいいと思われているものをこちらで紹介⇒フランスの幸運のお守り:かわいいフランス語教えます(113)

☆こちらにも「13日の金曜日」の由来を書いています⇒13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?

Le Journal des enfantsは、1jour1actu !に比べて記事が短く、ちょっと物足りないのですが、ブログの記事にするにはちょうどいい長さだと思います。それにやはり無料ですべて読めるところがよいです。

また、簡単とはいえ、知らない単語、知らないことがたくさん書かれていて勉強になります。13日の金曜日にフランスでギャンブルが盛り上がるということは、私は全く知りませんでした。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ハロウィンの夜

    フランス語の語彙

    ハロウィンにまつわる単語 その2

    10月の週末はハロウィンにまつわる単語をご紹介しています。2回…

  2. クリスマス

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーの飾り方のアイデア その3 ほろ酔い加減で

    フランスのWebマガジンで今風のツリーの飾り方の記事を読んでいます。…

  3. ハロウィンを楽しむ子どもたち。

    フランス語を読む練習

    お菓子と仮装が好きな人のためのお祭り、ハロウィンの起源とは?

    すでに日本は11月ですが、北米ではこれを書いている今が10月31日です…

  4. 母の日
  5. 秋のモンスーリ公園

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:美しい九月~バルバラ

    きょうは「9月」というタイトルのバルバラの歌をご紹介します。バルバラの…

  6. 水曜日

    フランスの暦、年中行事

    水曜日はメルクリウスの日:フランス語の暦(13)

    フランス語の暦シリーズ。今回は水曜日です。フランス語の曜日はすべて男性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  2. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)
  3. 男と女 人生最良の日々(2019):予告編のフランス語
  4. きっすいの政治家、シラク元フランス大統領、86歳で亡くなる
  5. 愛のシンフォニー:ミッシェル・ポルナレフ(歌と訳詞)
  6. アンテルマルシェ(スーパーマーケット)の見た目の悪い果物と野…
  7. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (前編)
  8. サヴァランの作り方:フランスのお菓子37
  9. フランスのティーンエイジャーの間で流行っているファッション。…
  10. 愛のケーキのレシピ(映画:ロバと王女より)の訳詞。

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語のことわざ34~内輪もめに口出しをするな
  2. イネスとユニクロのコラボのニュース、新ブティックオープンの話…
  3. 映画 Dans la maison 予告編のフランス語 その…
  4. 毒性の強いゴミの処理はどうする:CMのフランス語
  5. クロック・ムッシュとクロック・マダムの違いは?
  6. L4 空港からは乗り合いタクシーがお得
  7. ワインのラベルの読み方~不思議の国のFrance#5(フラン…
  8. バービーの光と影 後篇
  9. ネイルサロンにまつわるフランス語を覚えよう
  10. ステイシー・ケントの「3月の水」(歌と訳詞)

おすすめのまとめ記事

  1. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  2. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  3. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  5. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  8. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  10. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP