黒猫

フランス語を読む練習

13日の金曜日恐怖症

先週の13日は金曜日でしたね。もう過ぎてしまいましたが、13日の金曜日の起源などについて書かれた、JDEの記事を読んでみました。

私は13日の金曜日とか、仏滅とか、4階というのは、全く気にならないのですが、気にする人は気にしますね。

ちなみに、次の13日の金曜日は来年、2014年の6月です。

毎日飛ぶように日々が過ぎていくので、この日もすぐに来ることでしょう。



13日の金曜日:あなたは「13日の金曜日」恐怖症ですか?

Vendredi 13 : êtes-vous “paraskévidékatriaphobe” ?

年に一度は13日の金曜日があります。この日は迷信に関係のある日です。

ある人達にとっては、13日の金曜日はラッキーな日です。とりわけギャンブルに関しては。フランス宝くじ公社はこのことをよく知っていて、スーパーくじを開催します。

そうして、たくさんのギャンブラーたちが、ロトくじというスクラッチや、カジノのスロットマシン、競馬にお金を使います。こうしたゲームは18歳未満には禁止されています。

それでも、他の人にとっては13日の金曜日は忌むべき日で、時には病的に恐れることすらあります。パラスケヴィデカトリアフォビアの人がいます。つまり、「13日の金曜日恐怖症」です。

なぜこのような迷信があるのでしょうか?

この迷信はとても古く、ほかの「はしごの下を通る」とか、「黒猫が横切る」とか「家の中で傘を開く」といったものと同様、何世紀にも渡って言われています。

この迷信が新約聖書から来たと考えている人たちがいます。イエスとその使徒をあわせると13人で、またイエスは13日に亡くなったからです。

北欧神話が起源だと言う人々もいます。オーディンの祝宴の時、バルドルという神が死にますが、このとき13人、集まっていました。

ギリシャやローマの影響と考える人もいます。つまり、13という数字は12という数字の調和を断つからです。12は完璧さの象徴です。オリンポス十二神や、王道十二宮などに使われています。

さて、あなたは「13日の金曜日恐怖症」ですか?

・・・和訳ここまで・・・

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Vendredi 13 : êtes-vous "paraskévidékatriaphobe" ?

単語メモ

La Française des Jeux フランス宝くじ公社、ラ・フランセーズ・デ・ジュー

grattage スクラッチ 削り取ることです。

hippodrome 競馬場

maladif/maladive 病的な

apôtre 使徒

Jésus イエス(発音はジェジュ)

avancer 言い立てる、申し立てる

Odin オーディン 北欧神話の最高神

rassembler 集合させる

rompre (関係などを)断つ



北欧神話

オーディンという一番えらい神様を含む12人でお食事をしていたら、13番目の招かれざる客がやってきて、善良なバルドルという神様を殺してしまったと伝わっています。

☆フランスで縁起がいいと思われているものをこちらで紹介⇒フランスの幸運のお守り:かわいいフランス語教えます(113)

☆こちらにも「13日の金曜日」の由来を書いています⇒13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?

Le Journal des enfantsは、1jour1actu !に比べて記事が短く、ちょっと物足りないのですが、ブログの記事にするにはちょうどいい長さだと思います。それにやはり無料ですべて読めるところがよいです。

また、簡単とはいえ、知らない単語、知らないことがたくさん書かれていて勉強になります。13日の金曜日にフランスでギャンブルが盛り上がるということは、私は全く知りませんでした。






マンガL29 フランスで一番人気のあるマンガは?前のページ

L30 フランス人の日本への関心次のページお寿司

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 食品の無駄捨てとたたかう日・ポスター

    時事ニュース

    10月16日は「食品の無駄捨てとたたかう日」

    フランスのこども新聞の記事、前回は「味覚習慣」の話題でしたので、こ…

  2. 凱旋門

    暦、年中行事

    アルミスティス(第一次世界大戦休戦記念日)とは?

    フランスでは11月11日は Armistice(アルミスティス)という…

  3. ガレット・デ・ロワ

    暦、年中行事

    なぜ1月にガレットを食べるのか?(エピファニーの説明)。

    1月6日は、エピファニー(公現祭)で、フランスではガレット・デ・ロワ(…

  4. サマータイムの時計

    暦、年中行事

    どこにも旅行していないのに時差ボケするワケ~サマータイムとは?

    3月10日の日曜の午前2時に、私の住んでおります北米はほぼ全体的にデイ…

  5. 著作権について学ぶpen

    フランス語を読む練習

    ブログと著作権法について その4

    著作権について考えるきっかけになる、こども新聞の記事の和訳の続きです。…

  6. バックパック

    かわいいフランス語

    新学期に関する言葉:かわいいフランス語(128)

    ネーミングに使えそうなおしゃれなフランス語を紹介しています。1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ノルマンディーのカマンベールチーズができるまで。
  2. ココ・シャネルの好きだった花、カメリア。
  3. Mから始まる女の子の名前:かわいいフランス語(145)。
  4. フランスの首相は何をやる人なの?
  5. いつもと違う2020年の音楽祭。
  6. フランスのチーズの上手な切り方。
  7. プロヴァンス産のラベンダーのはちみつ
  8. ベルギーの有名な漫画、Le Chat(猫)はどうやって誕生し…
  9. アダマ・トラオレ(黒人青年)の死に対する抗議デモ。
  10. イル・フロッタントの作り方:フランスのお菓子41

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 日めくりとpen

アーカイブ

PAGE TOP