昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

『優雅なハリネズミ』(1)~映画の予告編のフランス語

ハリネズミ

Le Hérisson ハリネズミ というフランス映画の予告編をご紹介します。

フランス語はHを発音しないので、hérisson は エリソン です。

この映画、日本で公開されていないようですが、原作の翻訳が『優雅なハリネズミ』というタイトルで出ているので、本と同じタイトルをつけておきました。

2009年、Mona Achache(モナ・アシャシュ)監督。名前からわかるように女性で、1981年生まれ。若いですね~。

では、まず予告編をごらんください。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Le hérisson – bande annonce 『優雅なハリネズミ』予告編

主人公は、高給アパートの管理人の女性、もう1人の主役がアパートに住んでいる女の子。

このアパートにあるムッシュが引っ越してきたことで、2人の、特に管理人のおばさんの生活に変化が起きます。

たくさんしゃべっていますので、本日は最初の30秒だけ。ここは、2人の自己紹介です。

名前と年齢を聞き取るのを目標にしたい箇所。

Le Hérisson 予告編

Je m’appelle Renée. J’ai 54 ans. Je suis veuve, petite, laide, grassouillette.
Bonjour Mademoiselle.
Je corresponds parfaitement à l’archétype de la concierge d’immeuble.
Je m’appelle Paloma. J’ai 11 ans.
Paloma!
Depuis très longtemps, je sais que la destination finale…
Oh, Paloma, mais pourquoi est-ce que tu te caches comme ça?
C’est le bocal à poissons.
Mais ce qui est certain: c’est que dans le bocal, j’y irai pas.

管理人:私はルネ。54歳す。未亡人で、小柄、ブスで小太り。

管理人:「おはようございます。」

管理人:私は、アパートの管理人の典型に、ぴったり合っているわ。

パロマ:私はパロマ。11歳。

パロマのママ:「パロマ!」

パロマ:ずいぶん前から、私は運命の結末を知ってるの。

パロマのママ:「パロマ、ほんとに、なぜあなたはそんなふうに隠れるの?」

パロマ:それは金魚鉢よ。でも確かなことは、私は金魚鉢には入らないってこと。

スクリプトはこちら⇒Le hérisson: transcription

単語メモ:

veuf, veuve やもめ、配偶者を亡くした
homme veuf 男やもめ
femme veuve 女やもめ、寡婦、未亡人
être veuf[veuve]de qn 妻[夫]と死に別れている

grassouillett, grassouilette ぽってりと太った、丸ぽちゃの

correspendre à ~に対応する
Le mille anglais correspond à 1609 mètres.
1マイルは1609メートルに相当する。

archétype 原型、基準;理想型、模範、手本
日本語で「アーキタイプ」と呼ばれるものです。

concierge 建物の管理人、守衛、門番
loge du concierge  管理人室

se cacher 実を隠す、隠れる
Il se cache derrière un arbre.
彼は木の影に隠れる。

金魚鉢のくだりは、人を金魚にたとえています。金魚鉢の中で暮し、さいごは、鉢に入ったまま死ぬ、ということです。

こんなことを言ってるパロマは天才少女で、いろいろなことが見えすぎ、すでに達観しているようです。

原作はMuriel Barbery (ミュリエル・バルベリー)のL’élégance du hérisson  直訳:ハリネズミの優雅さ

2005年に出版されたベストセラー。特に本屋さんに評判がよく、フランスの本屋大賞(prix des libraires)に選ばれています。ほかにも賞をいくつかとり、各国語にも訳されています。

ハリネズミとは、管理人のルネのこと。本性を隠して、わざと人をよせつけないのですが、その鎧の中には、実は優雅なものがある、ということです。

オリジナルのフランス語版、日本のアマゾンに1点在庫あり。
Elegance Du Herisson (Folio)

Elegance Du Herisson (Folio)

表紙に椿があしらってあり、日本的なのですが、実は、この小説(よって映画も)、日本文化に関するくだりがたくさん出てきます。

翻訳はこちら。
本の説明やレビューを見ると、内容がわかってしまっておもしろくないので、ご使用は自己責任で。

優雅なハリネズミ

優雅なハリネズミ レビューはおおむね好評。

いかがでしたか?
インターネットができて便利になりましたが、たとえばアマゾンなどで先に書評や映画評を読んでしまうと、意外性がなくなってつまらなくなってしまいますよね。

それはあたかも、夕食の前におやつを食べて、夕食の楽しみを損なってしまうようなもの。

自分で紹介しておいてなんですが、私は、書評はあまり読まないようにしています。

この続きはこちら⇒『優雅なハリネズミ』(2)~映画の予告編のフランス語

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    • ラッコ
    • 2015年 1月 26日

    いつも楽しく拝見しています。
    penさんの話題の豊富さ、キャパの広さにいつも驚かされます。

    早速『優雅なハリネズミ』読みました。
    もちろん日本語訳ですが。
    主人公の設定にとても親近感あり!
    読み始めてつぼにはまり一気に読みました。

    映画、日本公開気長に待つことにします。

      • フランス語愛好家
      • 2015年 1月 26日

      ラッコさん、こんにちは。
      いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

      『優雅なハリネズミ』、もう読んでしまったんですか。
      速いですね。

      つぼにはまる人とはまらない人がいるのですが、
      文学趣味のある人には、いいんじゃないでしょうか。

      作者は京都に住んでいるらしいのに、
      なぜ、日本で公開されなかったのでしょうかね?

      監督か主演している人が何かの理由で、急に
      ものすごく話題になるということがない限り
      公開はないと思うけど。

      映画、今のところ、YouTubeで見られますけど。
      字幕とかありませんが。原作読んでるなら
      わかるんじゃないですかね。

      http://youtu.be/qDor22m0fjc

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^