昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

左利きの日(8月13日)って知ってる?

左利きの日
左利き

8月13日は「世界左利きの日」です。1992年にできた記念日です。

今年はもう、終わってしまいましたが、子ども新聞でこの日を取り上げていました。興味深い記事なので訳してみましたよ。

元記事 → Les raisons d'être gaucher ou droitier expliquées aux enfants1jour1actu – Les clés de l'actualité junior 13 août 2013

Bonne fête à tous les gauchers !
「左利きの日」おめでとう!

隣の席の人の邪魔になったり、ペンのインクで汚したり、自分にあうはさみが全く見つからなかったり・・・これがフランスにいる350万人の左利きの人の日常です。

どうして、右利きと左利きの人がいるのでしょうか?

なぜこれが、きょうの話題なのですか?

本日、8月13日は、「世界左利きの日」だからです。

きょうのニュース

左利きの人のために特別な日を作るのは、多少こじつけめいています。それでも、この世界が右利きのために作られているということを考えるよい機会です。

なぜ左利きと右利きがあるのでしょうか?

脳は二つの半球を持っています。左側の半球がからだの右側に、右側の半球が左側に命令を出します。

二つの半球は、それぞれが決まった役割を持っています。たとえば、左側の脳は言葉をつかさどり、右側の脳は方向感覚をになっています。

ちょっとやってみてください。まず、誰かにあなたを前に押すように頼んでください。そして、倒れないために、あなたが反射的にどちらの足を出すか調べてください。

こうすると、自分の脳のどちら側が優勢かわかります。意識することなく、どちらかの脳で、よりうまく振るまい、よりよく見て、よりよく聞いているのです。

左利きの出現は、科学者によるといろんな理由があります。たとえば遺伝です。家族に左利きが多いほど、自分も左利きになる可能性が高いというものです。

左利きは本当に不器用なのでしょうか?

人口の13%が左利きです。つまり右利きのほうが多いということですね。これは、胎児がお母さんのお腹にいるとき、お母さんの心臓に向かって左側でくっついて、右側を自由に動かせるようにしている、と言えるかもしれません。そうすれば、右手をよりうまく動かせるようになります。

少数派なので、左利きの人は長いあいだ、悪く思われていました。たとえば宗教においてや、よい行いの規律においてです。また学校では、長い間、反射的に左手を使うのを禁じていました。左利きの人を「逆らう者」と呼んでいました。

ちなみに「2本の左足を持つ(avoir deux pieds gauches)」という表現は「不器用である」という意味です。そして「左足で立つ(se lever du pied gauche)」は「不機嫌である」ということです。

毎日の行為すべてが「右利き」向きです。人は、右手で握手しながら挨拶します。右手で車のギアを変えます。そして地下鉄の切符に右側でパンチを入れます。

でも、ラファエル・ナダル(テニスの選手)、ジミ・ヘンドリックス(ギタリスト)、リオネル・メッシ(サッカーの選手)は、左利きが不器用だなんてとんでもないことを証明していますね。

・・・〈和訳ここまで〉・・・

左利きの人がいる理由については、確かなことはわかっていないそうです。

遺伝と言われることが多いのですが、一卵性双生児でも、利き腕が違うことがあります。

人口のおよそ1割が左利きである割合はどこでも同じとのこと。外国のほうが左利きが多く見えるとしたら(見えるんですが)、それは子どものとき、矯正されるか、されないかの違いでしょうね。

ちなみに、最近のアメリカの大統領には左利きが多いですね。フォード、レーガン、ブッシュ(父)、クリントン、オバマは皆、左利きです。

「左利きの日」はイギリスで生まれました。提唱者(左利き)の誕生日が8月13日だからこの日になったのです。

しかし、日本では、お盆のため、イベントなどがやりにくいという理由で、2月10日も「左利きの日」です。2月10日を02月10日と考えて、0がレ、2がフ 10がトで「レフト」だからです。最初の「レ」はかなりのこじつけですね。まあ、記念日とはそうしたものですけど。

私は右利きですし、これまで身近に左利きの人はいませんでした。左利きの人は人知れぬ苦労がいろいろとあるんでしょうね。



    • かぢゅ*
    • 2015年 3月 22日

    こんばんは(^O^)
    ニュース記事まとめ(2)の記事から飛んできました!

    左利きの日なんてあるんですね!
    実は私も左利きなのですが、家族はみんな右利きです。
    あんまり左利きの人が居ないので、見つけると親近感が沸きます笑

    前までは左利きのことにコンプレックスを感じていたのですが、
    著名人にも左利きの人が結構いたりするので嬉しかったりで
    今はもう全然コンプレックスなど無くなりました(^O^)
    むしろ左利きってことが自分の一つの魅力って感じですね笑笑

    またコメントきますね☆

      • フランス語愛好家
      • 2015年 3月 22日

      かぢゅ*さん

      こんにちは。過去記事読んでくださってありがとうございます。
      日本ではあまり左利きの人がいない気がするのですが
      こちらでは、日本よりは多いです。

      もしかして、日本では小さいときに矯正されるのかな。

      道具など右利き仕様が多いので、不便だと思いますが、
      個性の1つだと私も思います。

      友だちに「かっこいい」とか言われませんか?

      いつもコメントありがとうございます。
      またぜひ遊びに来てください☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^