昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

リエゾンとオンシェヌマンの違いとは?知っているようで知らないフランス語の発音のルール

フランスダイレクトスクール

フランスダイレクトスクールの動画教材、『不思議の国のFrance』第15話の受講メモです。

3月はずっと、フランス語で歌を歌って、フランスデビューをしようとしている、モガブティックスパンコールさんの動画でした。

今回は、歌の発音練習を終わって、特に難しかったところを練習しています。その中で、リエゾンオンシェヌマンが問題になっていましたので、この記事でまとめることにしました。

両方とも音をつなげて発音するルールですが、その違いがあいまいな人も多いかもしれません。きょうはこの2つの発音ルールをご説明します。

別に違いを知らなくても、ちゃんと発音できれば問題ないのですけどね。

リエゾン liaison

ふだんは発音しない語末の子音字が、つぎの母音字や、無音のHで始まる単語とくっついて発音されること。

リエゾンは、もともとはなかった音が発生します。

des oranges デゾランジュ

des の通常の発音は デ
orannges は オランジュ

この2つが結びつく時、Zという音が発生しています。

注意
1. 語末の子音字がSとXの単語がリエゾンをおこすとき、ともに z の音になります。つまり音がにごります。

他の例:

Champs-Élysées シャンゼリゼ

deux amis ドゥザミ

2. d は t の音に変化してリエゾンします。

grand hôtel グロントテル 発音はこちら  ▲マークを押すと音が聞こえます。

そのほかの子音は、もとの音のままリエゾンします。

premier étage プルミエレタージュ 

premier 単体の発音は プルミエ 

どのみち、プルミエエタージュというのは発音しにくいですね。

こちらはリエゾンの例を簡潔に教えてくれる動画です。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Les liaisons – Phonétique

母音で始まる前の言葉がいつもリエゾンするかというと、そうではなく、リエゾンしないときもあります。

必ずリエゾンするケース

1. 冠詞や限定形容詞 + 名詞  un ami  アナミ

2. 主語人称代名詞 + 動詞  nous avons  ヌザヴォン

3. 前置詞 + 次の語  chez elle   シェゼル

4. 形容詞 + 名詞  grand ami グロンタミ  grands amis グロンザミ

5. 副詞 + 次の語  très important トレザンポルタン

**以下は、出てくるパターンが決まっているもの

倒置して トレデュにオン(- という記号)で結ばれた語句 vas-y ヴァジ

慣用句の中で  tout à fait トゥタフェ

接続詞 quand の後  quand il コンティル
関係代名詞 dontの後 dont il ドンティル

リエゾンしてはいけないケース

1. 名詞の主語 + 動詞  les hommes ont  レゾム オン

2. 名詞 + 形容詞 (後ろの語が前の語を修飾している場合) enfant adorable  オンフォン アドラーブル 

3. 有音のhの前 les héros レ エロ

フランス語のhはみな発音しないのに、無音と有音のhがあります。無音のhは、あたかもhがそこになく、次の母音字に前の単語の語末の子音字がくっつくものです。

★無音のhと有音のh
有音のhは、h が子音のような扱いをうける(存在しているともいえる)もの。つまりリエゾンしないということです。これは、同じhで始まる単語が続いているのに、リエゾンやエリジオン(後述)が起きるのと、起きないものがあるので、する場合は無音のh,しない場合は有音のhと文法的に区別したのではないかと思います(推測です)。

その他、細かいルールがありますが、発音するときのリズムや語調が関係しているようです。詳しいことはお手持ちの辞書をごらんください。

リエゾンはルールを覚えるより、フランス語のお手本を聞きながら、音読、シャドウイングを繰り返すと身についてきます。

オンシェヌマン enchaînement

アンシェヌマンとも書きます。enの発音が日本語のはオンとアンの中間のどこかの音だからです。

オンシェヌマンはリエゾンと似ていますが、もともと発音する(読んでいた)子音が、次の母音あるいは無音のhで始まる単語とつながって発音されることです。

arc-en-ciel アルコンシエル (虹) これは アルク オン シエル とは発音しません。ただつなげて言うだけなので、自然に発音すればできます。ciel は以前も書きましたが、スィエル と書いたほうがいいかもしれません。

ネイティブの発音はこちら 

エリジオン

音がつながって発音されるルールにもう1つ、エリジオンというのがあります。

これは、「子音字+e, a, i」 というスペルの単語が、あとに、母音か無音のhで始まる語がくるとき、e, a, i を省略する(発音しない)ことです。

エリジオンを起こす単語は決まっています。ce, de, je, la, le, me, ne, que, se, te さらに queの前に何かくっついてできた lorsque, jusque, puisque, quoique。

こんなふうに書きます。 
l’école 発音はレコールで ル エコールとは読みません。
l’ は la の a を省略した形。’ はここに母音が省略されています、という意味を表しています。

ほかの例
Je m’appelle pen. ジュマペルペン  m’ は meのことです。

エリジオンするのは、上にあげた単語だけで、たとえば、Elle a deux voitures. を勝手に Ell’a とすることはできません。ちなみに、elle a の発音はオンシェヌマンして、エラ で、エル ア とは読みません。

関連⇒フランス語の数字【第13回】~11(オーンズ) | フランス語

いかがでしたか?
きょうは、なんとなくわかったようでわからない、単語を続けて発音するルールをとりあげました。

英語でもリエゾンとか、リダクションしますね。
リエゾンはくっつくことで、リダクションはあるはずの音が消えること。

ローズマリー・クルーニーの曲に、Come On-a My House 「家へおいでよ」というのがありますが、これは カム オン ア マイ ハウス とは発音せず、カモナマイハウス と言います。

ちなみに、この a なのですが、前置詞の a ではなく、to のことです。日常会話では、to って、よく ア の音になるのです。単体ではなりませんが、want to ワナ(wanna)going to ゴナ(gonna) みたいに。

学校で英語を習ったとき、あまりこの話は出てきませんでした。私は、幼い頃から洋楽が好きでよく聞いていたのですが、学校で習う英語と洋楽の音が相当違うのが謎でした。

最初から、「話す英語は音が変化する」と習っていたらとまどうことはなかったと思います。

その点、フランス語は英語ほど音がくずれないですね。アクセントが平坦ですから。また、どんな参考書にもちゃんと最初に、リエゾン、オンシェヌマン、エリジオンのルールが書いてあるので、「そういうものがあるんだ」とちゃんとわかるようになっています。

あと、完全に正しい発音にはならないまでも、それらしい発音を身につけるための、大きな妨げになっているのは、日本語のカタカナ表記だと思います。

私も、この記事や「かわいいフランス語」シリーズの記事では、便宜上、カタカナでよみがなを書いてますが、あれは、フランス語ではありません。

「カタカナで書いてあるのは、ウソ」ぐらいに思っておいてちょうどいいかもしれません。

それでは、次回の「不思議の国のFrance」の記事をお楽しみに。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^