pen新聞スタンド

時事ニュース

フランス語のニュースの記事のまとめ(3)

こども新聞の記事や、ニュースクリップのスクリプト訳し、関連情報をお伝えしているニュースの記事の目次、その3です。

古い記事が上になっています。読み逃しがないかチェックしてください。



ニュースの記事のまとめ3

  • エリザベス女王がフランスを訪問、ノルマンディー上陸作戦70周年記念式典
    ●1944年6月6日はノルマンディー上陸作戦のあった日。
    ●この日の記念式典にイギリスのエリザベス女王がフランスを訪れたニュース
    ●エリザベス女王はリアルタイムでこの作戦のあった日を体験しています。
  • 安倍首相が広島の土砂災害の被災地を視察~フランス語のニュース
    ●安倍晋三首相が2014年夏、広島の土砂災害の被災地を視察しました。
  • アフリカの外でエボラが発生
    ●アフリカの外、特にヨーロッパでのエボラ発症を伝えるニュース。2014年秋のクリップです。
  • ヒマラヤのアンナプルナの雪崩や吹雪で遭難
    ●季節はずれの大雪や暴風雨、雪崩により、ネパールでトレッキングしていた人が多数遭難したニュース
  • フランスの「食品の無駄捨てとたたかう日」(10月16日)
    ●食料廃棄問題解決のため、フランスでは10月16日を無駄捨てと戦う日(Journée nationale de la lutte contre le gaspillage alimentaire)に制定しています。
  • アメリカの高校で発砲事件、2人死亡
    ●アメリカワシントン州の高校で起きた発砲事件のニュース
  • 夏時間・冬時間~誰のアイデア?
    ●フランスのデイライト・セービング・タイムについてい
    ●デイライト・セービング・タイムのもともとのアイデアを考えたのはベンジャミン・フランクリンです。
  • ハロウィンでピエロの仮装禁止令~南仏の村で
    ●ピエロの仮装をして、通行人を怖がらせる人が増えているため、南仏のヴォンダルグ市で、ハロウィンの夜、ピエロの仮装をすることが禁止されました。
  • アカデミー・フランセーズとは?その1
    ●アカデミー・フランセーズ(l’Académie française)の歴史とその役割について
    ●アカデミー・フランセーズは、リシュリュー卿が作ったフランス最古の学術団体で、フランス語を守り、質を維持しています。
  • アカデミー・フランセーズとは その2
    ●アカデミー・フランセーズのメンバーはles immortels (不滅のものたち)と呼ばれます。その理由とは?
    ●メンバーが公式の場で、独特の制服を着て、剣を持つのはなぜ?
  • インターネット上の違法サイトを一斉に摘発
    ●アメリカとヨーロッパの警察が、武器やドラッグなど違法なもの、危険なものの販売促進をしているサイトを一斉に検挙しました。
  • ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年
    ●2014年11月9日はベルリンの壁が崩壊してから25周年
    ●ベルリンの壁の概要と冷戦の説明です。
  • ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 後編
    ●ベルリンの壁の記事、後編は、第2時世界大戦後、ドイツの分割と、冷戦開始について。
  • ベルリンの壁崩壊25周年の記念式典
    ●ベルリンでの式典の様子を伝えるニュース。ゴルバチョフも参列しました。
  • パリ郊外で目撃されたトラは実は巨大な猫でした
    ●パリ郊外で虎が出現!? 実は巨大な猫でした。
  • ニューヨーク州バッファローで記録的な大雪
    ●アメリカ北東部の大雪のニュース
    ●大雪の原因は湖水効果雪です。
  • オランド大統領がプーチン大統領とサプライズ会談
    ●カザフスタンから戻る途中、モスクワでオランド大統領が、プーチン大統領をサプライズ訪問。ウクライナ危機について話し合いました。
  • フランス競争委員会の多額の罰金~ロレアルなどに
    ●フランスの競争委員会( l’Autorité de la Concurrence)が大手の日用品、化粧品メーカーが価格の談合をしたとして、巨額の罰金を課したニュース
  • 神田明神で商売繁盛の祈願~日本のニュース
    ●仕事初めに、新年恒例の商売繁盛祈願をする日本のサラリーマンのニュース。
  • シャルリ・エブド(フランスの風刺週刊誌)での銃撃
    ●パリの週刊新聞、シャルリ・エブド誌に、2人のテロリストが押し入り、編集員など12人を銃殺、およそ20人が怪我をした事件を伝える子ども新聞の記事


  • 関連情報

    よく読んでいる子ども新聞:
    Le Journal des enfants

    1jour1actu.com – L'actualité à hauteur d'enfants !

    Euronews:
    euronews | actualité internationale et européenne, les infos en direct sur euronews

    ニュース記事のまとめ:
    その1⇒ニュースの記事のまとめ(1)

    その2⇒ニュースの記事のまとめ(2)

    シャルリ・エブドの襲撃事件はまだ記憶に新しいですね。

    とはいえ、あれからもう3ヶ月もたってしまいました。時がたつのは本当に早いです。






    窓際のオイルランプ歌と訳詞:カーラ・ブルーニの『ケルカン・マ・ディ ~ 風のうわさ』前のページ

    リエゾンとオンシェヌマンの違いとは?知っているようで知らないフランス語の発音のルール次のページフランスダイレクトスクール

    ピックアップ記事

    1. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。
    2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. ベルシー公園

      虎と小鳥のフランス日記

      「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話

      「虎と小鳥のフランス日記」の各エピソードの3つのキーフレーズを書いた記…

    2. 東京

      時事ニュース

      不正会計処理問題で東芝の社長が辞任

      不正会計処理が明らかになり、東芝の社長が辞任したことを伝えるフランス語…

    3. トラとネコ

      時事ニュース

      パリ郊外で目撃された虎は実は巨大な猫でした

      「パリ近郊に現れた虎は実は猫だった」というニュースを子ども新聞で読みま…

    4. 冬時間

      時事ニュース

      夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ないのか?

      フランスを含め、欧州連合の国々は2019年10月27日(日)の未明に、…

    5. パリ

      時事ニュース

      黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を開始。

      2018年の秋から続く、フランス政府に対する抗議運動(黄色いベスト運動…

    6. 地球儀

      時事ニュース

      シリアのラッカが解放され、イスラム国が事実上なくなった。

      2014年からイスラム国が占領していたシリア北部の街、ラッカが、201…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    PAGE TOP