オリーブの小枝

フランス語を読む練習

アカデミー・フランセーズとは その2

アカデミー・フランセーズの記事の和訳の続きです。

タイトルは
Culture : à quoi ça sert l’Académie française ?
文化:アカデミー・フランセーズの役割は何?

これは、リシュリュー卿が作ったフランス最古の学術団体。フランス語の質の維持に努めている。メンバーは40人、という内容を前回、読みました。

それでは、続きを訳していきます。



Culture : à quoi ça sert l’Académie française ? アカデミー・フランセーズは何をしているの?

Pourquoi les appelle-t-on les immortels ?  なぜ「不滅のものたち」と呼ばれるのですか

Les académiciens sont surnommés les immortels. Ils le doivent à la devise « À l’immortalité », qui figure sur le sceau donné à l’Académie par son fondateur, le cardinal de Richelieu.

Cette formule se réfère à leur mission : porter la langue française. C’est celle‑ci qui est immortelle.

アカデミー・フランセーズの会員(les académiciens)の別名は、les immortels(レジモテル 不滅のものたち)です。

これは« À l’immortalité (不滅の)»というスローガンから来ています。この文字は、創設者のリシュリュー卿が、この団体に与えた公印に刻まれています。

この言葉は、この団体のミッションを表しています。それはフランス語を守ること。不滅なのは「フランス語」なのです。

Pourquoi portent-ils un costume et une épée ?  なぜメンバーは制服を着て、剣を持つのですか?

アカデミー・フランセーズの会員は、その身分を特徴づけるものを持つべきだと、早くから望まれていました。

メンバーは濃紺か黒いビロードの地に、オリーブグリーンか金色の小枝の刺繍がほどこされ、自分の名前が緑色で入っている式服を身につけます。

また、剣も持っていて、これはメンバーがもとはla Maison du roi(宮内府)に属していたことを表しています。

剣の持ち手には未来の会員の暮しと業績の象徴がついています。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Culture : à quoi ça sert l'Académie française ? ☆記事が削除されたので、リンクをはずしました(2020/08/10)

単語メモ

surnommer あだ名をつける、異名を与える

devise  標語、スローガン;金言、格言

immortalité  不死、不滅

figurer sur  (ある場所に)存在する、ある;記載されている

sceau  印、官印

fondateur 創設者

formule 決まり文句、定型表現

se référer à ~を参照する、準拠する;~に関連する

épée 剣

drap ラシャ、毛織物、ウール

rameau 小枝

poignée 握りの部分、柄

初回はこちら⇒アカデミー・フランセーズとは?その1

補足:オリーブの小枝あしらわれたはんこ

アカデミー・フランセーズのはんこは、これです、
アカデミー・フランセーズのはんこ

公式サイトから画像をお借りしました。
Académie française

文字がÀ l’immortalité(アクサンなし)
まわりにほってあるのがオリーブの小枝です。

オリーブの小枝の柄、よく見ますよね?オリーブは平和の象徴と考えられていて、国連の旗のデザインにも使われています。

旧約聖書で、ノアの方舟から放たれた鳩がオリーブの小枝をくわえて戻り、洪水の水が引いた場所を知らせたことに由来しています。

小枝といってもオリーブの枝はけっこう大きいので、よっぽど体格のいい鳩だったのでしょうか?



アカデミー・フランセーズ関連動画

アカデミー・フランセーズの会員は毎週木曜日に集っていますが、このときは普段着です。

新メンバーが加わったときの式典や、集まって写真をとるときなどに、制服を着用します。

こちらは音声が英語ですが、アカデミー・フランセーズについてわかりやすく説明した動画です。式服も見られます。

この動画では、マイケル‥エドワードというイギリスの詩人が、2013年にアカデミーの会員になったことを伝えています。この方は、アカデミー会員になった初めての英国人です。

前回読んだ箇所に、メンバーの選出は、生まれや貧富の差は関係なく、才能が大事、と書かれていました。

アカデミーの会員は、必ずしもフランス人である必要はなく、フランス語に詳しく、フランス語の振興に業績があればいいわけですね。

アカデミー・フランセーズってちょっと浮世離れしていますけど、「フランス語を守る」という使命をもった団体があるのはいいことではないでしょうか。






数字の15フランス語の数字【第17回】~15(カーンズ)前のページ

歌と訳詞:Amoureuse(恋人)ヴェロニク・サンソン次のページバラ

ピックアップ記事

  1. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. pcで宿題をしている少女

    フランス語を読む練習

    ブログと著作権法について その2

    ブログと著作権に関する記事の第2回は、著作権について考えるきっかけにな…

  2. ベートーヴェンのアート

    フランス語を読む練習

    ベートーヴェンって誰ですか?

    今年、2020年はベートーヴェン(1770-1827)の生誕250周年…

  3. オマハ・ビーチ

    フランス語を読む練習

    なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(2)

    1944年6月6日、第2次世界大戦中、連合軍がフランスのノルマンディー…

  4. ヴェルサイユ宮殿

    フランスにまつわるあれこれ

    ヴェルサイユ宮殿って何ですか?

    フランスに興味がない人でも、エッフェル塔、シャンゼリゼ、ヴェルサイユ宮…

  5. グラン・ブルヴァール

    フランスにまつわるあれこれ

    夕方のグラン・ブルヴァール「虎と小鳥のフランス日記」第40話その2

    毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

  6. パリ

    時事ニュース

    社会党の候補者は誰に?2017フランス大統領選

    JDEというフランスの子ども新聞から、大統領選挙に関する記事を紹介しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP