コーヒーを飲む女性

フランス語を読む練習

なぜコーヒーは体によくないのか?

コーヒーは健康によくないことを端的に教えてくれる2分の動画を紹介します。

タイトルは、Le café est-il bon pour la santé ? コーヒーは本当に健康にいいの?



le café

2分20秒。フランス語の字幕あり。

トランスクリプション

Le café, notre faux ami le plus fidèle

On m’a dit que je ne pouvais pas boire de café le soir, mais que tout au long de la journée en revanche, je pouvais en boire autant que je voulais, c’est vrai ?

Non, alors autant que vous voulez, non, sûrement pas par contre ce n’est pas un ou deux petits cafés qui vont vous faire du mal.

Le problème c’est que, en général, les gens boivent beaucoup plus que un ou deux cafés.

Il faut quand même considérer une chose très importante, le café c’est un stimulant.

Le stimulant il va augmenter votre rythme cardiaque, il va augmenter votre tension artérielle, c’est mauvais d’un point de vue cardiaque.

Qui dit stimulant dit phase d’euphorie suivie d’une phase de dépression.

C’est à dire?

Quand on a une stimulation, ça stimule artificiellement votre humeur.

Donc, vous allez avoir une phase d’excitation, d’euphorie, et forcément vous avez une ligne, comme ça: là vous êtes normal, on vous donne un stimulant ça va monter et derrière, ça va redescendre plus bas que votre niveau précédent.

C’est toujours ça quand on a une stimulation, on a un effet feed-back, c’est mécanique.

D’une manière générale, le café est souvent associé à la cigarette.

Et ils ont petit peu les mêmes effets pervers.

La cigarette, contrairement aux idées reçues ne vous calme pas, elle vous excite c’est un stimulant.D’ailleurs c’est pour ça qu’elle fait maigrir la cigarette, parce qu’elle augmente le rythme cardiaque et vous consommez des calories quand vous fumez des cigarettes.

Voilà, pourquoi on grossit quand on arrête de fumer mais associé à la cigarette c’est mauvais pour quelqu’un qui a des problèmes cardio-vasculaires, quelqu’un qui ne fait pas de sport, quelqu’un qui est en surpoids.

Et en plus, y a une autre chose qu’il est très important de souligner, chez les femmes, le café empêche la synthèse du fer.

Donc tout ça fait que le café finalement est néfaste pour le corps.

Alors, il est néfaste pour le corps, mais en plus il est néfaste pour l’esprit dire quand vous êtes un petit peu fragile émotionnellement, ça vous met sous tension, quand vous êtes déprimé ça accentue votre déprime, c’est pas bon le café!

En résumé, si vous êtes accro au café pas de panique vous pouvez en prendre un ou deux par jour ce qui serait bien c’est quand même de faire des petites pauses, pendant 3 à 4 semaines, une ou deux fois dans l’année, je vous rassure hein, je suis comme vous, moi aussi j’ai beaucoup de mal à me passer du café, un petit café de temps en temps c’est bien, trois-quatre par jour, il faut oublier.

コーヒーと健康・和訳

/コーヒーはもっとも私たちに忠実な偽りの友人/

夜コーヒーは飲んではいけないけれど、昼間は好きなだけ飲んでもいいと言われたのですが、本当でしょうか?

いいえ、好きなだけ飲んではいけません。確かに、1~2杯のコービーなら大丈夫です。

問題は、一般に、皆、1~2杯よりずっとたくさん飲んでいることです。

だから、大事なことを覚えておいてください。コーヒーは、興奮剤(stimulant スティミュラント)なんです。

興奮剤は、心拍数を上げ、血圧を上げるので、心臓にとっては悪いものです。

興奮剤と言えば、幸福感を感じ、その後落ち込みが続くことです。

つまり?

刺激を受けると、人為的に気分が高揚します。

だから、まず興奮や幸福感を感じます。ふだんはこのラインにあるものが、興奮剤を摂ると上がります。その後、最初の状態よりずいぶん下に落ち込むのです。

興奮剤を摂るといつもこうなります。フィードバック効果があるわけです。こんな仕組みです。

一般に、コーヒーは、タバコと結び付けられます。

共に似たような副作用があります。

タバコは、気分を落ち着けてくれると思われていますが、実際は興奮させる興奮剤です。

だから、タバコを吸うとやせます。タバコを吸うと、心拍数が増えて、カロリーが消費されるからです。だから、禁煙すると体重が増えます。

でもタバコを吸うことは、心血管に問題のある人にはよくありません。運動しない人や、太りすぎの人にはね。

それにもう1つ、強調しておきたい、とても大事なことがあります。女性にとって、コーヒーは、鉄の合成を妨げるものです。

つまり、コーヒーは、体によくないということですか?

体によくありませんが、メンタルにもよくありません。精神的に少し参っているとき、緊張させてしまいます。落ち込んでいるときは、落ち込みがひどくなります。コーヒーはよくないんです。

まとめると、もしコーヒーが欠かせないなら、パニックになることはありません。1日に、1~2杯飲んでください。もっといいのは、時々やめてみることです。3~4週間ぐらい。年に1回か2回。

大丈夫です。私もみなさんと同じで、コーヒーなしで過ごすのに苦労しています。時々、少しだけ飲むのは問題ありません。でも、1日に3杯も4杯も飲まないでください。

単語メモ

Qui dit A dit B  AというのはBと言うことである

une euphorie  幸福感、陶酔

un effet pervers  副作用、悪影響

cardio-vasculaire  心血管の

néfaste  有害な
 
accentuer 強化する、増大する

se passer de  ~なしで済ます

*タバコは心血管に問題がなくても、体によくありません*



コーヒーの害・関連動画

Café, caféine: leur impact sur la santé(コーヒーとカフェイン:健康への影響)

4分21秒。

*****

以前、私はコーヒーが好きでブラックで何杯も飲んでいましたが、飲みすぎたのか胃が痛くなったので、紅茶に切り替えました。

その後、カフェインを控えるようになって、今は紅茶も飲んでいません。

コーヒーをやめてしばらくたってから、ティム・ホートン(カナダにあるコーヒーとドーナツの店)で、いつもの習慣でコーヒーを頼んでしまったことがあります。

コーヒーが出てきちゃったから、ちょっと飲んでみたのですが、あまりに強烈で、飲めませんでした。

「こんな強烈なものを、あんなふうにガブガブ飲んでいたんだ。そりゃ、体調も悪くなるわ」と悟った次第です。

カフェインは中毒性があるので、みんな、毎日のように高いお金を出してコーヒーを飲んでいますが、本当は飲まないほうがいいもの、または特別なときだけに飲んだほうがいいものだと思います。

コーヒー産業は一大ビジネスなので、メディアは「コーヒーや、カフェインにはこんなメリットがある」といろいろ言いますが、基本的には興奮剤だから、脳にも心臓にもよくないのです。






広島原爆ドームやさしいフランス語で知る世界の核兵器の現状。前のページ

先進国と発展途上国の協力は必須~COP27次のページホッキョクグマ

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」

関連記事

  1. 星のpen王女さま

    フランス語を読む練習

    「星の王子さま」の初めてのアニメ映画、7月29日にフランスで公開

    1900年6月29日は「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=…

  2. 王室

    フランス語を読む練習

    君主制はどんな仕組みか?

    君主制(une monarchie)について、1分20秒で説明している…

  3. イケア

    フランス語を読む練習

    イケアの成功の秘密はフロアプランにある(前編)

    世界最大の家具の量販店、Ikeaのビジネスが成功している理由を説明して…

  4. ティーンエイジャー

    フランス語の語彙

    フランス語のスラング、ヴェルランについて(後編)。

    ヴェルラン(verlan, 逆さ言葉)を説明しているARTEの動画、後…

  5. イースターエッグ

    フランス語を読む練習

    イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~後編

    イースター(復活祭)に卵型のチョコレートを食べる由来を書いた記事の和訳…

  6. 凱旋門

    フランス語を読む練習

    2015年の11月13日に、どうしてパリでテロが起こったのか?

    2015年の11月13日の金曜日、パリで大規模なテロが起きました(パリ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP