eleven

数字

フランス語の数字【第13回】~11(オーンズ)

フランス語の数字は複雑で難しそう。そんな苦手意識を持っている人が多いと思います。

そこで数字を1つずつチェックしています。13回めは11です。



数字 «11»

11 はonze オーンズ です。

オーンのところは鼻母音といって鼻に抜ける音です。

発音はこちらで確認してください。

発音の注意点としては、
1.先行の語は一般にエリジオンしません。
le onze mars 3月11日 ( l’onze とはならないわけです)

2.先行の語とリエゾンしません。
les onze hommes 11人の男 レ オーンゾム (レゾーン とはなりません)

onzeはいつもonzeなのですね。

補足
エリジオン:母音(や無音のH)で始まる語の前で、語末の母音字(おもにe) が省略されること。 代わりに«’»が書かれます。
エリジオンの起きる単語はle, la など決まっています。
例 l’école (その)学校

リエゾン:通常は発音されない語末の子音が、つぎの母音(や無音のH)で始まる語とひとつづきで発音されること。
例 mes amis メザミ 私の友だち 

語源と派生語

語源はラテン語の ūndecim ← unus (un) + decem (dix)

派生語
onzième  11番目、11分の1
onzain 11行詩

歌 «11 septembre»

onze がタイトルに入っている歌をご紹介します。

11 septembre
9月11日

この曲は、エレーヌ・セガラが2011年に発売したParmi La Foule というアルバムに入っています。

こちらの動画では、本人がCDの曲について説明してます。

2曲について語っていますが、«11 septembre»は前半で流れています。話しの一番始めと、途中で2回曲名を言っています。また、1分5秒ぐらいで聞こえる歌のサビの部分で発音が確認できます。

エレーヌ・セガラは1971年生まれのフランスのシンガーソングライター。歌手を目指して、14歳のときに家を出て、ピアノバーその他で南仏のリゾート地でアルバイト。

18歳で息子を産み、25歳のときに2人でパリに出てきました。その後、著名なプロデューサーなどと出会いがあり、いろいろな仕事をしていました。

1997年にミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』のエスメラルダ役を得て、ブレイクします。

ですが、その後、声帯にポリープができ、声を失い、契約も失ったそうです。しかし、レーザー治療をして、2000年にカムバック。

その後は順調に活躍しています。たぶんこれまでずいぶん苦労をしていると思います。インタビューを聞いてると、自然体な感じで、好感度が高いですね。

Parmi la foule は 群衆の中で、という意味
日本では輸入盤で入手可能です。
アマゾンへ⇒Parmi La Foule



onze を使った表現、文章

les Onze  ユダを除いたキリストの11人の弟子;古代アテネの司法官

※onze heures  11時  

onze heures の前ではエリジオンが起きることもあります。
train d’onze heures
train de onze heures
両方可

J’ai onze ans. 私は11歳です。発音⇒ ▲マークを押すと音が聞こえます。 

この続きはこちら⇒フランス語の数字【第14回】~12(ドゥーズ)

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

1から10までは熱心に覚えても、11から20で失速する場合があります。

11から20はこのあとに出てくる数字を考えると、とても大事です。引き続きがんばりましょう。






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. eighteen

    数字

    フランス語の数字【第20回】~18(ディズュイット)

    慣れないと難しいフランス語の数字を1つずつチェックしています。今週は1…

  2. 円周率

    数字

    小数の言い方~フランス語の数字【第49回】

    慣れないと難しいフランス語の数字を少しずつ学習中。整数、序数、概数に続…

  3. フランス語の序数

    数字

    序数(4)~フランス語の数字【第45回】

    慣れないと難しげなフランス語の数字を少しずつ勉強しています。今回は序数…

  4. 数字

    数字

    フランス語の数字【第23回】~0 – 20の復習

    苦手な人も多い(私もその1人)フランス語の数字をゆっくり学習しています…

  5. 戦士の休息

    数字

    フランス語の数字【第38回】6桁の数字

    慣れるまで大変なフランス語の数字を少しずつ見ています。3桁以降の大きな…

  6. cheaper by the dozen

    数字

    概数(がいすう)とは?~フランス語の数字【第48回】

    慣れないと難しいフランス語の数字を少しずつ学習しています。第48回は概…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  2. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  3. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  4. シャネルを物語る5つの色(後編)
  5. 猛暑をフランス語でなんと言う?
  6. 新学期に関する言葉:かわいいフランス語(128)
  7. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ
  8. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  9. シャネルを物語る5つの色(前編)
  10. モードの帝王、イヴ・サンローラン:予告編のフランス語

おすすめ記事いろいろ

  1. Toi + Moi(トワプリュスモア)グレゴワール:歌と訳詞…
  2. 「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その1
  3. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
  4. 映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス…
  5. かわいいフランス語教えます~その48 香水の名前(3) マダ…
  6. クロード・フランソワ、「陽のあたる月曜日」の訳詞
  7. 学習におすすめのサイト~清水先生に聞きました~後篇
  8. 名言その4~ココ・シャネル~「ぜいたく」の反対語は?
  9. 歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その1
  10. まぎらわしい近接未来と単純未来の違いをマスターしよう

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  2. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  3. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  4. フランス語のことわざ~目次 その3
  5. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  9. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  10. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…

フランス語の勉強法とか

  1. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP