昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

「うっかりペネロペ」はフランスの青いコアラの女の子

ミックスべりー

ペネロペをご存知でしょうか?

NHKのEテレで、毎週火曜 午前8時55分~9時の5分間、放映されているアニメの主人公です。

こんなやつ

うっかりペネロペ「楽しくて大忙し編」 [DVD]

この青いぬいぐるみみたいなのがペネロペ。一見そうは見えないのですが、コアラです。

私ははじめクマ系の想像上の生き物かと思っていました。

きょうはこのペネロペをご紹介します。

ペネロペの原作はフランスの絵本で、2003年に世に出て、今年が出版10周年にあたります。

NHKでアニメの放映が始まったのは2008年のようです。

アニメ開始にあたって作られたプロモーションビデオがありましたのでごらんください。

日本語 3分5秒

原作の絵本を描いた二人はリサとガスパールを描いている人たちです。

●リサとガスパール

リサとガスパール にほんへいく

原題は « Gaspard et Lisa » ガスパールエリザ
LisaのSは母音字にはさまれているので濁音になります。

この二人はうさぎに見えるけど想像上の生き物です。

作者はパリに住む Anne Gutman(アン・グットマン)とGeorg Hallensleben(ゲオルグ・ハレンスレーベン)夫妻

アンさんはパリ生まれ。ゲオルグさんは名前をみてもわかるようにドイツのヴッパータール(デュッセルドルフの少し東。モノレールで有名)というところの生まれ。

この二人の出会いの場はガリマール社というフランスを代表する出版社です。経歴を見ると、アンさんのほうが一回り年下ですね。

***************************************************

さて、Pénélope

日本ではペネロペですが、フランス語は「ペネロウプ」みたいな感じです。

きのうのNHKラジオ講座「まいにちフランス語」初級編L1-3を聞いたで書いたように、単語の最後のEは読まない(あるいは「う」ともいえる)からです。

もしペネロペにしたかったら Pénélopé とぺとネのEと同様に最後のEにもアクサンをつけなければなりません。

日本の公式サイトはこちら

「Penelope tete en l'air」公式サイト

「うっかりペネロペ」« Pénélope tête en l’air» とあります。

tête は 頭

en l’air 直訳は「空中に」⇒ うっかり、ぼんやり。

日本語でも「上の空」といいますが、同じような表現です。

ペネロペの場合、3歳だから、うっかりへんなこともしてもそれが可愛いわけです。

このアニメはもともとTV-Loonlandというドイツのメディア会社が権利を持っていたのですが、2008年にFrance 5(テレビ局)に、その権利を売りました。

日本で放映されているのはその日本語版です。2008年に取引されたのは一回5分のアニメが54本です。

日本語版のアニメをYouTubeで少し見てみましたが、キャラクターはかわいいし、夢があって楽しかったです。日本のアニメでいうと「ノンタン雲に乗る」に似ています。

今年、絵本出版10周年なので公式サイトもできていました。

ペネロペ出版10周年公式サイトサムネイル
ペネロペテタンレール10周年

日本ではグッズの販売にかなり力が入っていますが、記念イベントが各地で催されるようです。

フランス産絵本なので、よく見るとフランスならではのものが出てくると思います。

はじめは日本語、それからオリジナルで読むと楽しく勉強できそうですね。

たとえばこれはおかたづけの話
日本語版↓

オリジナルは中古で600円

しかしフランスアマゾンなら当然のことながらたくさんあります。
新品が1,90ユーロ(だいたい245円)

ペネロペの物語の楽しいところは、はじめて何かに挑戦したり、体験したり、そのワクワク、ドキドキが伝わってくるところです。

お片づけだって一人でできると自信がついて、またやろうという気になるし、子どもにとっては楽しみの一つになるのかもしれません。

親は「片付けなさい」と命令するより、その子が片付けやすい状況を整えてあげるほうが大事だな、なんて思います。つまり、おもちゃを与えすぎないとか、小さな子どもでも投げ入れられる大きなおもちゃ箱を与えるなどしてあげることです。

私は子どものころ着ていた服を脱ぎっぱなしにして、即、寝てしまいました。夜、すぐに眠くなる子どもだったのです。でも、弟はなぜか修行僧のようにいつも枕元にきちんと服をたたんで置いていました。

今思うと、子どもとはいえ彼なりの美学だったのかもしれません。

ちなみに、1ユーロを円に換算 為替レート変換君でみたら、4/12現在で1ユーロ は、 128.91 円でした。

今、すごい円安ですね・・・。



  1. ペネロペ、フランス語が原作だったんですね(知らなかった・・・)

    子ども番組でおなじみでしたが、
    色彩も可愛らしい絵なので目立ちますよね。

    私もメモ帳を買ったことがあります^^

    しかし、ほんとすごい円安だわ。

    4月から、いろんな輸入食材
    (小麦とかオリーブオイルとか)
    が値上がりしてこちらの家計は打撃ですよ~。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 15日

      月子さん、こんにちは。
      コメントありがとうございました。
      確かに色使い、きれいですね^^
      ペネロペの友だちも可愛いし。

      私はリサとガスパールは小さいぬいぐるみ、キーチェーン、
      メモ帳を持っていますが、ペネロペは何も持っていませんが
      本を読んでみたいなと思っています。

      円安、私も打撃です。
      円からドルに変えるとき、利ざやが全くありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^