昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

【第18回】トレーシングペーパーをフランス語で?

トレーシングペーパー

トレーシングペーパー

7月に入りましたね。私の住んでいるあたりは学校の夏休みは7月、8月の二ヶ月です。

娘は9月から高校生なので、学校のロッカーにあったいっさいがっさいを持って帰り、すべてが、居間の机やら何やらの上で山をなしています。

過去のノートは2,3年ぐらいはとってあるのですが、あまり見返すことはありません。でもごくまれに、「あれのなにが見たい」と大騒ぎするので、うっかり捨てていると大変です。

家の中に嵐が吹き荒れます。でも、高校に行けば、中学のノートなどはたぶんもういらないでしょう。

何もかも処分してすっきりしたいところです。

そういう学校用のノートや学用品以外に、うちにはお絵かきやクラフト用品がたくさんあります。

小さいときから、お絵かき、ぬりえ、工作が大好きだったため、娘はその手の用品専用の小さな棚を持っており、もちろんここもケオスと化しています。

これらも整理しなければなりません。掃除の夏になりそうです。

きょうはそんな山の中からトレーシングペーパーを見つけましたので、表紙を読んでみます。

トレーシングペーパーは薄い半透明の紙ですね。

原図の上に置いて、線をトレースするのに使う紙です。

娘はやたらいろんなものをトレースしていました(写真参照)今は別のことに関心がうつったようですが。

トレーシングペーパー

では、英語から読んでいきましょう。

Hilroy これはメーカーの名前

Lightweight transparent paper 軽量の透明の紙
Smooth yet durable surface for clean erasing スムーズだが、丈夫できれいに消せる。

44 sheets 22.9X30.5cm 44枚 

STUDIO これは製品の銘柄

Tracing Paper トレーシングペーパー

紙の重量は重さというより厚みと考えたほうがいいと思います。ライトウェイトとありますが、ダラーストア(100円ショップ)のものとくらべると、厚みがありしっかりしています(その分、高価です)。

サイズが半端なのはもとがインチだからです。この紙の大きさをインチで表すと、9インチ X 12インチです。

長さをインチで表すのは私はいまだにピンと来ません。インチで書かれているものはいつも計算機でメートル法に換算しています。

では、フランス語を読んでいきます。意味は同じなので書きません。

Papier léger et transparent
Surface douce mais durable qui s’efface facilement

léger 軽い

douce :douxの女性形 手触りのよい、なめらかな、やわらかな
ほかの例:
なめらかな肌 peau doux
柔らかいマットレス metalas doux

s’efface < s'effacer 消える、消え去る facilement 簡単に Feuilles
feuille はミルフィーユ(millefeuille)のフィーユで、葉っぱですが、用紙という意味もあります。

Papier à décalque

papier 紙 パピエ
papierの語源はこちらの記事を見てね⇒クリスマスの単語 その7 クリスマスカード

à ~用の

décalque (カーボン紙、トレーシングペーパーなどによる絵、デッサンの)複写、転写 動詞:décalquer

***************************************************

Hilroy はカナダの文具メーカーです。日本でいえばコクヨみたいな感じでしょうか。ただし、この国のメジャーな文具メーカーはここだけです。

1918年、Roy Corson Hillという人がHilroyの前身の会社をおこしました。オフィスは、ふつうの家の二階で、社員は自分を含めて6名でした。

ヒルさんは、社長兼セールスマン、商品の受け渡し係とほぼ何でもやっており、夜な夜な、自分で紙を切っていました。

朝の7時から夜の11時まで全身全霊で働いたおかげで、会社はどんどん大きくなりました。

ホームページはこちらです。



サイトでは、ろんな用紙をダウンロードできます。罫線の入ったノートやカレンダーはもちろん、野球のバッティングオーダーとか(書いていてそれが何かわかっていませんが)、ハングマン、五線紙などなど。

ゲームもあり、全体的に学生をターゲットにしたサイトになっています。

今、こういうふうにいろいろダウンロードして自分で印刷できるので便利ですね。

ただし、紙とインクの消費がはんぱではありません。



    • maukoro
    • 2013年 7月 03日

    今さらながら、なのですが、penさんはフランス在中なんですね。
    いいなあ!うらやましいです。

    そして、フランスにも”100円ショップ”がある、ということですね。
    しかも、ダラーショップと呼ばれているとしたら、、、

    フランス人もどんどん、英語化してきているのかなあ、とおもいました。
    Papier à décalqueな感じで、フランス的な”100円ショップ”を表現してほしかった、
    と個人的には思いますけど、ダラーショップの方がかっこいいのでしょうね。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 7月 03日

      maukoroさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      いや、私は在仏じゃないです。
      これまで在仏だなんて、一言も書いてないのですが、
      なぜかそう思ってる人が多いみたいなんです。不思議ですね?

      カナダ(英語圏)に住んでいるんです。カナダは英語とフランス語が公用語なので
      いろんな商品に両方の言語で表示しなければならないならないので、
      そういう表示を読んでブログにたまに書いています。
      ダラーショップもカナダの100円ショップにあたるものです。

      それから、フランスにはいわゆる100円ショップ(チェーン店)はないそうです。
      フランス語脳プロジェクトの在仏の人に聞いてみました。
      地方にたまに1ユーロのお店があるらしいんですけど。
      それから3ユーロショップというのもあるそうです。

      では、これからもよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^