アイスクリーム

パッケージのフランス語

あなたの好きなアイスクリームのフレイバーは? 英仏のラベルを読む(#15)

きょうは家にあった、アイスクリームの箱の文字を読んでみます。

アイスクリーム・・・好きな方、多いですね。実は私はチョコレートやアイスクリームはあまり好きでなく、自分から積極的には食べないのですが、家にあれば食べます。

好きなフレイバーは、バニラ、グリーンティ(抹茶)、ストロベリー、ラムレーズンあたり。

箱のふたになる部分が英語で、底にフランス語表記があります。



英語のラベル

メープルウォールナッツアイス

lucerne ルサーン(メーカーの名前)
SINCE 1904 1904年創業

Maple Walnut ICE CREAM 
メープル・ウォールナッツ アイスクリーム
MAPLE FLAVOURED ICE CREAM メープル味のアイスクリームに
LOADED WITH CRUNCHY WALNUTS カリカリのウォールナッツがたっぷり

WITH ARTIFICIAL FLAVOUR 人口の香料入り
1.89 LITRES 1.89リットル

フランス語のラベル

メープルウォールナッツアイス

意味は同じなので書きません。

DEPUIS 1904

Érable et noix CRÈME GLACÉE
érableはカエデ
sucre d’érable メープルシュガー

noix ナッツ(クルミに似た木の実)女性名詞

créme glacée アイスクリーム

CRÈME GLACÉE À L’ÉRABLE ET AUX NOIX
GARNIE DE NOIX DE GRENOBLE CROQUANTES

garnie 中身の詰まった、たっぷりした
avoir un portefeuille bien garni
お札がぎっしり詰まった財布を持っている

noix de grenoble ウォールナッツ
*フランスのGrenoble(グルノーブル)はウォールナッツの生産地として有名なので、そこからきた名前です。

croquante ぱりぱりした、かりかりした

メープルナッツ味のアイスクリームで、カリカリしたウォールナッツがぎっしりはいっているということです。つまり最初のnoixはフレイバーとしてのナッツ、二つ目のnoixはnoix de grenobleのnoixです。

AVEC ARÔMES ARTIFICIEL
arôme(arome)(コーヒー、ワインなどの)よい香り、アロマ 男性名詞

artificiel 人口の arômesが複数形なので、artificielにもSをつけるべきだと思ったのですが、検索してみたら、つけている場合と、つけていない場合がありました。
arôme artificiel = arôme synthétique  

Lucerneというスイスの都市がありますが、このLucerneはSafewayという北米の大きなスーパーマーケットチェーンの乳製品のハウスブランドです。



一番人気のあるアイスクリームのフレイバーは?

アメリカの市場で最も売れているフレイバー10個です。トップがバニラなのです。

ベスト5をご紹介しておきます。6位以降はもうたいして差がないのではないかと思います。

1.Vanilla
2.Chocolate
3.Strawberry
4.Cookies N Cream
5.Neapolitan

バニラ、チョコレート、ストレベリーは、誰でも知っているでしょう。

クッキー&クリームというのは、バニラアイスの中にオレオのような茶色いクッキーを砕いたものが入っているやつです。最近はハーゲンダッツなどで売っているからご存知の方も多いでしょう。

ナポリタンはケチャップ味のアイスクリームではなくて、チョコレート、バニラ、ストロベリーのアイスクリームが段々になっている三色アイスです。もともとイタリアのナポリのデザートで、それを19世紀末にナポリからアメリカに移民した人たちが持ち込んだものが起源だと考えられています。

クッキー&クリームは、私的にはべつべつに食べたほうがおいしいと思いますが、ほかは定番と呼べるフレイバーばかりですね。

家の冷蔵庫にはあまり定番フレイバーは入っておらず、きょうご紹介したような、メープル・ウォールナッツ味とか、変なのが入っています。

我が家ででアイスクリームの箱やベール(小ぶりのバケツみたいなの。これにアイスクリームが入っている)を買ってくる人が好きなのは、チョコレート系、ミントアイスクリームにチョコレートチップスが入っているもの、そのほかの変なフレイバーです。

バニラは頼んでも買ってきません。なぜでしょう。一番おいしいのに。

きのうおやつにこのアイスクリームを食べているとき、明日はこの箱のことをブログに書こうと思いつきました。中身の写真もあるといいなと思ったのですが、記事を書くまえに写真をとる心づもりで、そのときは撮影せず。

ところが、まだ半分以上あったアイスクリームは、今朝、すべてなくなっていました・・・

メープルフレイバーとは、メープルシロップの味です。メープルシロップはカエデの木の樹液を煮詰めて作ります。天然甘味料ですね。独特の味がするのですが、口でうまく説明できません。砂糖などに比べるとやさしい甘さです。

よくホットケーキにかけて食べますが、確かに会うと思います。ミネラルも豊富ですので、機会があったら、ぜひ食べてみてくださいね。






ipadiPad(アイパッド)のフランス語のCM(その2)前のページ

セイレーンの伝説~自分の歌を歌うこと次のページ人魚の像

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。

関連記事

  1. クレンジングクロス

    パッケージのフランス語

    クレンジングクロスをフランス語で? 【第16回】

    家にあるクレンジングクロスのラベルを読んでみました。クレンジン…

  2. ボディーバター/ピンクグレープフルーツ

    パッケージのフランス語

    ピンクグレープフルーツの香りのボディバターの容器のフランス語【第11回】

    ザ・ボディショップのボディーバターの容器を読んでみました。ピン…

  3. 春の花

    パッケージのフランス語

    エッセンシャルオイルをフランス語で何という? 【第6回】

    ザ・ボディショップのアロマオイル(精油ではない)のラベルを読んでみます…

  4. ビタミン剤

    パッケージのフランス語

    ビタミン剤をフランス語で? 【第5回】

    前回、娘のシャンプーのラベルを読みました。きょうも彼女の愛用しているも…

  5. リキッドソープ

    パッケージのフランス語

    食器用洗剤をフランス語で? 製品ラベルを読むシリーズ第7回

    きょうはお皿を洗うときに使う洗剤のラベルを読んでみます。刺激の強い洗剤…

  6. 歩道用チョーク

    パッケージのフランス語

    チョークはフランス語で何と言うか。【第22回】

    チョークの箱のラベルを読んでみました。歩道に絵を描く専用のカラフルなチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

コメントありがとう。

アーカイブ

PAGE TOP