飲み過ぎ

名言

私がお酒を飲む理由~フランソワーズ・サガン(名言その13)

フランスの作家、劇作家であるサガンの名言をとりあげます。

サガンの経歴はこちらをどうぞ⇒名言その12~記憶は空想と同じくらい嘘つき

きょうの名言は

Avant, je buvais pour rejoindre les gens, maintenant je bois pour les oublier.
– Françoise Sagan (1935-2004)

昔は、人と知り合うためにお酒を飲んでいたものよ。今は、そういう人たちを忘れるために飲んでいるの。



昔は、人と知り合うためにお酒を飲んでいたものよ。今は、そういう人たちを忘れるために飲んでいるの。

人はなぜお酒を飲むのでしょうか?

私はその理由を7つ思いつきました。

1.食事をおいしくするために。
2.お酒そのものが好きで飲む。
3.ミュニケーションのツールとして。
4.儀式として。
5.ストレス解消や、気分転換に。
6.いやなことを忘れるために。
7.飲みたくないけど、中毒になってやめられない。

いろんなシチュエーションが考えられますが、3のコミュニケーションのツールとして飲む場合がとても多いですね。

「飲みニケーション」なんて言葉もあるぐらいですから。
「お酒は飲めないけど、雰囲気は好き」と言う人もたくさんいらっしゃいます。

お酒が入ると、ふだんは内気な人もおしゃべりになります。みんな、なんだかみょうに楽しい気分になって、すぐに打ち解けてしまいますね。いわゆる「楽しいお酒」です。

この言葉は、「昔は、そんなふうにみんなと楽しくお酒を飲んでいたけど、今はそうした日々を忘れるために1人で飲んでいる」、ということ。

サガンの小説の登場人物の言葉のようですが、サガン自身の気持を表しているとも考えられます。

以前はパーティでいろんな人と出会って、楽しくお酒を飲んでいたのです。でも、彼女に近寄って来た人々の多くは、サガンのお金だけが目当てでした。

今はそういうパーティで出会ったハイエナのような人たちを忘れたくて、お酒を飲んでいる、というわけです。

若くして大成功したサガンでしたが、もともととても感受性が強かったようですし、ストレスも多かったのでしょう。

ひどい交通事故にあいましたし、ギャンブルにのめりこんだりもしました。結婚、離婚を2度繰り返しましたが、求めていた心の平安を得ることができなかったようです。

そんなこんなでお酒に逃避しているうちに、アルコール依存症になってしまい、晩年はお金もなくつらい日々が続いていたのかもしれません。



よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

avant 以前は

je  私は

buvais < boire 飲む の半過去形 飲んでいたものだった pour ~するために rejoindre 再び一緒になる。ここでは joindre 「つながる」 という意味で使われていると思います。 les  複数の名詞につく定冠詞 gens 人々 maintenant 今は bois < boire 飲む の現在形 飲んでいます les 彼らを (動詞 oublier の直接目的語) oublier 忘れる

文法~半過去形

buvais は boire の半過去形です。

半過去にはいくつかの用法がありますが、ここでは、過去の習慣や、繰り返し行っていた行為を表しています。

また、avant ~、maintenant ~と、過去と現在を比べています。

例文
Avant j’habitais Paris mais maintenant j’habite Nagoya.
以前はパリに住んでいましたが、今は名古屋にいます。

★半過去についてはこちらの記事をどうぞ
船出

⇒「まいにちフランス語」33:L55 半過去

直訳

以前、私は人と知り合うために飲んでいたものだ。今は、彼らを忘れるために飲んでいる。

いかがでしたか?

さすがにサガン、巧みな言い方をしていますね。

昔⇒今、という対比だけでなく、
大勢で飲むお酒⇒ひとり酒
楽しい⇒孤独

といった情景が、そのような言葉を使っていないのに、頭に浮かびます。

さて、私はお酒が飲めないので、こうしたことは無縁です。
でも、人生を味わいつくすためには、お酒が飲めたほうがいいのかもしれないな、と思うことがあります。

あなたは何かを忘れるためにお酒を飲むことがありますか?






関連記事

  1. ネクタリンのジャム

    名言

    教養はジャムに似ている~フランソワーズ・サガン(名言その14)

    きょうご紹介する名言はこちらです。La culture, c’…

  2. pen・シャネル5番

    名言

    名言その5~ココ・シャネル~香水をつけない女性の未来とは?

    革新的なデザイナー、ココ・シャネルの(1883-1971)の名言、5つ…

  3. 空

    名言

    名言その7~愛にちなんだ言葉~愛するとは互いが同じ方向を見ること~アントワーヌ・サン=テグジュペリ

    バレンタインデーにちなみまして、きょうは「愛」に関する名言をご紹介しま…

  4. ハート

    名言

    名言その8~愛にちなんだ言葉~人生は人を愛してこそ~アルフレッド・ド・ミュッセ

    バレンタインデーにちなみまして、「愛」についての名言をご紹介します。…

  5. 車

    名言

    いつでも生き直せる(フランソワーズ・サガン):名言その16

    フランスの作家、劇作家、サガンの言葉を紹介しています。きょうの名言…

  6. 田舎道

    名言

    名言その19~スタンダール「小説は街道を歩んでゆく鏡」

    フランスの小説家、スタンダールの名言をご紹介します。Un ro…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス人に喜ばれる日本のおみやげは何?
  2. 問い合わせのメールの返事が来ないときの解決法
  3. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方。
  4. 「まいにちフランス語」10:初級編L28-30~動詞fair…
  5. ペトゥラ・クラーク『恋のダウンタウン』フランス語バージョンの…
  6. 映画 Les Émotifs anonymes (匿名レンア…
  7. L19 自宅に人を招くことが好きなフランス人
  8. 初公開~私の名詞の性別例外ノート
  9. チョコレートを運ぶ娘~リオタール~18世紀のチョコレート続き…
  10. 第66回カンヌ国際映画祭に降るスターの雨

新しく書いた記事です。

  1. ビートルズの「ミッシェル」に出てくるフランス語
  2. スペインのバロセロナとカンブリスで起きたテロ
  3. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
  4. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  5. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  6. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  7. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
  8. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
  9. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  10. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …

おすすめのまとめ記事

  1. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  2. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  3. フランス語のことわざ~目次 その3
  4. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  5. ニュースの記事のまとめ(1)
  6. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  7. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  8. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  10. ハロウィン関連記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. ペンディクテ中
  3. penのイラスト
  4. 黒板
  5. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. ネコのぬり絵

    フランス語を読む練習

    緑色の猫、その正体は?
  2. パン

    百合のFranceウォッチング

    L11 フランスのパン屋さんが特別な理由
  3. 教室

    時事ニュース

    フランスの子どもたちにテロリズムについてどうやって説明するか?
  4. 双子

    フレンチポップスの訳詞

    『恋のプロフィール』シルヴィ・バルタン~歌と訳詞
  5. 鉛筆

    フランス語の勉強法

    フランス語の達人になるために~その3
PAGE TOP