モナコのシャネル(店舗)

名言

ココ・シャネル~成功する人はどんな人?(名言その6)

フランスの伝説的デザイナー、ココ・シャネルの(1883-1971)の名言、6つ目をご紹介します。

きょうのお言葉は:

La réussite sourit souvent à ceux qui ignoraient que l’échec était inéluctable.
「失敗なんてありえない」と思ってる人が成功するものよ。
・・・かなり意訳してます。直訳の箇所を見てください。



失敗なんて考えていない人が成功する

La réussite sourit は成功が微笑む、という意味。
成功はこんな人に微笑む、つまり、こういう人たちが成功する、と言っています。

それはどんな人たちかというと、
ceux qui ignoraient que l’échec était inéluctable

l’échec était inéluctable 失敗が逃れられないこと。失敗は必ず起きること

こういうことを知らない人たち、ということです。

つまりナポレオン1世が言ったとされる、
Impossible n’est pas français.
我が辞書に不可能という言葉はない。
(←不可能はフランス語にあらず)

のように、

「自分にとって失敗などない」、と信じている人たちがしばしば成功する、ということです。

ほかの人から見たら大失敗なのに、それを失敗とは受けとめない人々ということですね。失敗だと思わず、成功へのひとつのステップととらえるわけです。簡単なことではありませんが。

シャネルは 名言その5~ココ・シャネル~香水をつけない女性の未来とは?で書いたように、第二次大戦中にドイツのスパイであったという報告があります。戦時中から戦後にかけて10年近く、スイスに亡命していました。

戦後パリに戻ってきたときも、しばらくはひどいイメージダウンのせいでメディアにたたかれ、戦前とはまさに180度違う辛い時期がありました。

それでも負けずにがんばって、また一線に返り咲きましたから、この言葉は説得力がありますね。

ちなみに、大戦中のフランスを売るような行動のせいで、パリの由緒あるお墓に入ることができませんでした。彼女の墓は亡命していたスイスのローザンヌにあります。

よくわかる!フランス語の解説

単語メモ

la 女性名詞につく定冠詞

réussite 成功

sourit à < sourire à ~に微笑みかける

souvent しばしば

ceux ~な人々 

qui 関係代名詞(後述)

ignoraient < ignorer ~を知らない 半過去形

que ~ということ(節を導きます)

l’échec = le échec のエリジオン

échec 失敗

était < être 半過去形

inéluctable 避けがたい、逃れられない

文法ワンポイント 主語になる関係代名詞qui

きょうの文は単語が難しいので、
もっと簡単な例文を書くと

J’ai un cousin qui habite à Londres.
私はロンドンに住むいとこがいます。

いとこ(cousin)にquiという関係代名詞をつけて説明しています。

関係代名詞を使わずに書くと
J’ai un cousin.
私にはいとこがいる。
Le cousin habite à Londres. 
そのいとこはロンドンに住んでいる。

くわしくは⇒「まいにちフランス語」39:L61 関係代名詞 qui と que

直訳

成功はしばしば、失敗は避けられないものであるということを知らない人々にほほえみかける。

つまり、失敗から逃れられないという事実を知らない人が成功をする⇒失敗などないと思っている人が成功する、ということ



きょうのシャネルの動画

きょうは現シャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルドが語るシャネルの生涯です。

「孤児院での生活は相当つらかっただろう」、と語っています。
私もそう思います。

ココ・シャネルは本当の孤児ではなかったのですが、12歳のとき、お母さんが亡くなり、父親に2人の姉妹といっしょに孤児院(修道院のようなところ)に入れられてしまったのです。

つまり父親に捨てられたのです。二度と会うことはありませんでした。考えただけで悲しいですね。

若いころ、シャネルは父親のことを聞かれると、「船に乗ってアメリカに渡った」など、もろもろの作り話をして、決して「捨てられた」とは言わなかったそうです。

☆シャネルの名言を最初から読む方はこちらから
名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

☆こちらでもシャネルの生涯を紹介しています⇒孤児、ガブリエル・シャネルはいかにしてココ・シャネルになったのか?(1)

カール・ラガーフェルドが言うようにゼロからの出発。でも、そういう底知れない不幸が、彼女の成功へのあくなき原動力になったのは、間違いのないところでしょう。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. ネクタリンのジャム

    名言

    教養はジャムに似ている~フランソワーズ・サガン(名言その14)

    きょうご紹介する名言はこちらです。La culture, c’…

  2. 車

    名言

    いつでも生き直せる(フランソワーズ・サガン):名言その16

    フランスの作家、劇作家、サガンの言葉を紹介しています。きょうの名言…

  3. ココ・シャネル

    名言

    名言その2~ココ・シャネル~この世で一番勇気のいる行動とは?

    フランスのファッション・デザイナー、ココ・シャネルの名言を紹介します。…

  4. vintage style

    名言

    名言その4~ココ・シャネル~「ぜいたく」の反対語は?

    ココ・シャネル(1883-1971)の名言、4つ目をご紹介します。…

  5. 田舎道

    名言

    スタンダール「小説は街道を歩んでゆく鏡」名言その19

    フランスの小説家、スタンダールの名言をご紹介します。Un ro…

  6. 青い花瓶

    名言

    記憶は空想と同じくらい嘘つき~フランソワーズ・サガン(名言その12)

    フランスの女流作家、劇作家のフランソワーズ・サガンの名言をご紹介します…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
  2. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  3. ベーキング・お菓子作りに関係のある言葉:かわいいフランス語教…
  4. ムッシュ・アンリと私の秘密:予告編のフランス語
  5. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。
  6. ガレット・ブルトンヌ(厚焼きクッキー)の作り方:フランスのお…
  7. Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語
  8. そこへ行くために(Pour en arriver là):ダ…
  9. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  10. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。

おすすめ記事いろいろ

  1. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  2. フランスのお土産におすすめ:イヴ・ロシェのコスメ
  3. フランス語の数字【第22回】~20(ヴァン)
  4. フランス語の達人になるために~その1
  5. イギリス王室の王女さまの名前はシャーロット・エリザベス・ダイ…
  6. 「街のクリスマス」・エディット・ピアフ:歌と訳詞
  7. 誰も知らなかったこんなパリ:「秘密のパリへ連れてって」プロロ…
  8. 『赤い靴』のフランス語のタイトルは?(第9回)
  9. 2013年秋冬ファッションのトレンド その3 40年代ルック…
  10. フランス語のことわざ25~角を矯(た)めて牛を殺す

おすすめのまとめ記事

  1. ニュースの記事のまとめ(2)
  2. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  3. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  4. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  5. フランス語の名言の記事の目次
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  7. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  8. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  10. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP