グアム島

時事ニュース

アメリカ軍が2000匹のネズミをグアム島に投下~その心は?

JDEという子ども新聞から、環境問題に関する記事を読みました。

先ごろ、アメリカが、グアム島の空の上から2000匹のネズミを投下したニュースです。

なぜそんなにたくさんのネズミをばらまいたのでしょうか?

以下に訳しています。



Environnement : 2000 souris parachutées sur une île

環境:ある島に2000匹のネズミをパラシュートで投下

グアムというアメリカの島に空から降り立ったのは、ちょっと変った特別部隊です。2000匹のネズミがパラシュートで投下されました。彼らのミッションは蛇を殺すことです。

グアム島はアメリカの領土で、およそ160,000人の住人がいます。また、ひじょうに多くの蛇もいます。

その蛇の中に、島にはびこって、多大な害を与える、ボイガ イレギュレール(Boiga irregularis)という種類がおり、この島に住む14種類のうち12種の鳥を絶やしてしまいました。

1950年代に船の貨物の中から島に到来したこの蛇は、環境面でも経済面でも島に何百万ドルという損害を与えています。

この蛇は、島の電気施設に忍び込んで、定期的に停電を起こします。

毒入り

そこで、この蛇を退治するために、アメリカ軍はついに8百万ドルのプロジェクトを行うことになりました。それぞれ厚紙でできた小さなパラシュートをつけた、たくさんのネズミをヘリコプターから投下したのです。

このネズミたちは死んでいます。パラセタモールという、人間の頭痛薬に入っている成分で、この蛇にとっては毒薬である物質を飲んでいるのです。

地上につくと、この毒入りのネズミは、ヘビたちががつがつ食べ、死んでしまう獲物となります。

この島には200万の蛇がいます。当局はこの大掛かりな方法で、蛇の数を減らすことを願っています。

蛇を退治するためには、これが唯一の効果的なやり方です。とういのも、この島にはこのヘビたちを食べる動物がいないからです。

元記事⇒www.jde.fr : Tous les articles : Environnement : 2000 souris parachutées sur une île

単語メモ

larguer (飛行機から)投下する

rattacher à 帰属させる

envahissant はびこって

dégâts (複数で)損害

cale 船倉

coupre de courant 停電

se glisser 忍び込む

empoisonné 毒入りの

au point de … ~するほどまでに



補足情報

アメリカ軍は死んだネズミを厚紙につけて、ひとつずつ手作業で、ヘリコプターから落としたのです。

ちなみに、この蛇は英語で「brown tree snakes」というのですが、その名のとおり、木に登ります。

また電柱に登って電線にからみついて、停電を起こします。

グアム島にはいなかった蛇ですが、1950年代に、いいかげんな荷造りで届いた貨物の中からこの島に侵入し、ものすごい勢いで繁殖しました。

それもこの蛇を食べる動物がいないからですね。

荷物に害を与える植物や動物が入っていないか、空港や港では検疫をするのですが、この蛇がやってきたときは、どうだったのでしょうか?

本当に招かれざる客です。






かわいい絵L25 ジャパン・エキスポ~ヨーロッパ最大の日本を紹介するイベント前のページ

L26 RER (首都圏高速交通網)って何?次のページRERのサイン

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. クジラ

    時事ニュース

    なぜ日本は捕鯨をやめないのか?

    日本では、もうクジラの肉を食べる人はそんなにおらず、クジラを獲る必要は…

  2. 世界女性デー

    時事ニュース

    国際女性デーにちなんで~3人の女性の話(1)

    3月8日は国際女性デーです。女性の権利について考え、これまでの女性の業…

  3. パリ

    時事ニュース

    2017年フランス国民議会選挙は、マクロン大統領の政党が過半数を超える議席を獲得。

    2017年6月11日、6月18日にフランスの国民議会の選挙が行われ、新…

  4. パリ

    時事ニュース

    エマニュエル・マクロンが新大統領に:2017年フランス大統領選挙終了。

    2017年5月7日の日曜日、フランスの大統領選挙(決選投票)が行われ、…

  5. スニーカーをはいた足

    時事ニュース

    フランスのティーンエイジャーの間で流行っているファッション。

    最近のフランスのティーンエイジャーのファッションを取り上げたニュースク…

  6. 女の子

    時事ニュース

    中国の一人っ子政策廃止へ(フランス語のニュース)

    Euronewsから中国で一人っ子政策が廃止されたニュースを紹介します…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  2. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  3. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  4. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  5. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  6. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  7. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  8. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)
  9. 3月の第1日曜日は、『祖母の日』。この日、フランス人は何をす…
  10. うるう年はなぜあるの?(簡単なフランス語の説明)。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 「殺意は薔薇の香り」後編~予告編のフランス語
  2. ボジョレー・ヌーヴォーは何がそんなに特別なのか?
  3. 名言その2~ココ・シャネル~この世で一番勇気のいる行動とは?…
  4. 恋人に捧ぐバラッド:Ballade pour toi(ミッシ…
  5. 「殺意は薔薇の香り」前編~予告編のフランス語
  6. 『シンデレラ』はフランス語で何と言う? 第11回
  7. iWatch (アイウォッチ)って何?
  8. 「リトルプリンス 星の王子さまと私」予告編のフランス語・前編…
  9. パトリック・ブリュエルのShe’s Gone(彼…
  10. 暗記するためパタパタシートをパタパタさせてはみたものの・・・…

おすすめのまとめ記事

  1. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  2. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  4. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  5. フランス語のことわざ~目次 その1
  6. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  7. ハロウィン関連記事の目次
  8. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  10. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 日めくりとpen
  3. 星の王子さまの本

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP