マグ

百合のFranceウォッチング

L19 自宅に人を招くことが好きなフランス人

ラジオ講座、百合のFranceウォッティングの受講メモです。

第19課は、食事を終えて、百合が帰るシーンです。ビズ(bise) – 挨拶のキス – の音がやけにしっかり入っていましたね。

きょうのメニュー

  • 複合過去形
  • ポーズカフェ~人を招く
  • では、早速、復習に入ります。



    複合過去形 「~した」

    J’ai passé une soirée très agréable.
    とてもすてきな夜をすごしました⇒とても素敵な夜でした。

    なかなかいい表現ですね。

    ai passé が複合過去形の部分で、「過ごした」という意味です。

    複合過去形は avoir + 動詞の過去分詞 という形で簡単に言うと、「~した」と訳せる、過去の終わった行為を表現します。しかし、それが現在につながっているのがポイントです。

    例文では、楽しかった、だから今うれしい、とか感謝しています、というふうに、現在に焦点があたっています。

    ※複合過去形が完全に過去を表す用法をあります。

    ★複合過去形についてはこちらの記事で詳しく説明しています⇒「まいにちフランス語」30:L52 複合過去その1



    ポーズカフェ~人を招くこと

    書き取り

    フランス人は自宅に人を招くことを大切にしていますよね?

    C’est exact. Comme l’exprime bien le mot «convivialité», inviter des amis à déjeuner ou à dîner et passer un bon moment ensemble, c’est très important pour les Français. Cela fait partie des plaisirs de la vie.

    Oui, et on apprécie d’avantage d’être reçu chez des amis et de goûter à la cuisine qu’ils ont préparés plutôt que d’être invité aux restaurants.

    Et pour les Français si l’on a été invité chez des amis, on a à cœur de rendre invitations à moins que l’on est en logements trop petits pour recevoir ou bien que l’on habite en régions lointaines ou en villes étrangères.

    Et quand tous on reçoit quelqu’un chez soi, on a coutume de le dire «Faites comme chez vous», c’est importante pour les Français de mettre leurs invités à l’aise.

    ※マーカーをひいたところは自信のないところです。

    要約

    フランス人にとって友だちを自宅に招き、楽しい時を過ごすのはとても大切なことで、人生の喜びの一つである。

    招かれるほうもレストランよりその人の家庭でもてなされるほうがうれしい。

    招かれたら、特別な事情がない限り、お返しに相手を自宅に招くと考えるのが普通。

    人を招いたら、できるだけくつろいでもらうように心がけている。

    熟語メモ

    faire partie de

    ~の一部をなす
    Les ordinateurs font partie de notre vie quotidienne.
    コンピュータは我々の日常生活の一部だ。

    plutôt que de

    ~よりもむしろ
    Je veux aller à la campagne plutôt que de rester à la maison.
    家にいるよりは田舎に出かけてみたい。
    ※辞書によると、deはつけてもつけなくてもいいです。

    avoir [prendre] à cœur de + inf.

    ~しようと心がけている、~しなければならないと思う
    J’ai à cœur de vous parler.
    私はぜひあなたにお話したい。

    à moin que (ne)+subj

    ~しない限り、もし~でなければ
    que以下は接続法と辞書にありますが、ポーズカフェでは直接法だったと思います。否定の意味ではないからでしょうかね。

    あるいは、

    à moin que (de)+inf.

    で「~しない限り」という用法もあるので、こちらかもしれません。聞き取りが間違っている可能性はじゅうぶんあります。

    Le réunion aura lieu à mooin qu’il (ne) pleuve à torrents.
    土砂降りでなければ集会が行われるでしょう。

    mettre qn à l’aise

    ~をくつろがせる
    Mettez-vous à l’aise, si vous avez chaud.
    暑かったら、どうぞ楽な服装にしてください。

    ★この講座の過去の記事はこちらからどうぞ⇒ラジオ講座「百合のFranceウォッチング」記事の目次

    いかがでしたか?

    フランス人はもてなし上手な感じですね。日本の場合、家が狭いから、自宅に人を招くということは習慣としては根付いていないと思いますが、最近は変ってきているでしょうか?

    たぶんフランス人やその他西洋の人は、「家の中を見られて恥ずかしい」とか「掃除がしてなくて、くしゃくしゃでまずい」などという気持ちはなく、きわめて自然体で、何も気にせず人を招いているような気がします。人によるとは、思いますが。

    いずれにせよ、お店よりは家のほうがくつろげますね。






    サンタクロースフランス語のことわざ32~冬を夏に変える2つのものとは?前のページ

    恋はどんなもの?~作詞:フランソワ1世、曲:クレマン・ジャヌカン(歌と訳詩)次のページシャンボール城

    ピックアップ記事

    1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
    2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

    関連記事

    1. パリの噴水

      百合のFranceウォッチング

      L15 フランス人が待ち合わせに使う噴水

      ラジオ講座、百合のFranceウォッチングの受講メモです。15課では、…

    2. ファール・ブルトン

      百合のFranceウォッチング

      L47 ブルターニュ名物~海の幸、ゲランドの塩、ガレットブルトンヌ(お菓子)

      『百合のFranceウォッチング』第47課の受講メモです。この課のスキ…

    3. アンリ・リヴィエール 『エッフェル塔三十六景』

      百合のFranceウォッチング

      L58 フランスの浮世絵師 アンリ・リヴィエール

      藤田先生のラジオ講座、『百合のFranceウォッチング』第58課の受講…

    4. パリ・プラージュ

      百合のFranceウォッチング

      L32 パリ・プラージュとは?

      百合のFranceウォッチング第32回の受講メモです。この日は3人でパ…

    5. pen・数字

      百合のFranceウォッチング

      L3 つづり字の読み方2~注意する子音,数字(1~20)

      藤田先生のラジオ講座の3回め。きょうは盛りだくさんでしたね。ま…

    6. エビ

      百合のFranceウォッチング

      L55 海の幸(fruits de mer)にはどんなものがある?

      『百合のFranceウォッチング』第55課の受講メモです。この講座では…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. 昔のセシールのCMでフランス語を学ぶ(初心者向け)。
    2. フランスのチーズの秘密(1分の動画)
    3. Les copains d’abord(仲間を先…
    4. やわらかヨーグルトケーキの作り方:フランスのお菓子40
    5. 5月20日は、世界ミツバチの日:なぜミツバチは、私たちの生活…
    6. カンヌ国際映画祭が果たしている4つの役割
    7. 読者さまの質問とその回答特集(その2)モーパッサンのことなど…
    8. 読者さまの質問とその回答特集(その1)
    9. 5月9日はヨーロッパの日。欧州連合の歴史を簡単におさらいしよ…
    10. わが心の風車(風のささやき):ミシェル・ルグラン(歌と訳詞)…

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 星の王子さまの本
    2. 黒板
    3. 日めくりとpen

    アーカイブ

    PAGE TOP