金網

フランスにまつわるあれこれ

死刑って何ですか?

1981年10月9日に、フランスでは死刑が廃止されました。

死刑についてやさしいフランス語で説明している、1 jour 1 question の動画を紹介します。

タイトルは、C’est quoi la peine de mort ?(死刑って、何?)です。



C’est quoi la peine de mort ?

1分42秒。

トランスクリプション

Dans certains pays, la loi autorise l’exécution d’un condamné. C’est la peine de mort. Ces condamnés à mort sont souvent coupables de crimes très graves, le meurtre de plusieurs personnes par exemple.

Mais, si la loi autorise la peine de mort, cela veut-il dire que tuer quelqu’un est légal ? Non, la peine de mort ne s’applique que dans un cadre très précis ! Seul un tribunal peut la prononcer. Le condamné est alors exécuté selon un procédé défini : électrocution, injection d’un poison, fusillade… Tu t’en doutes, la peine de mort fait débat.

Ses opposants déclarent qu’elle est contraire à la Déclaration des droits de l’homme qui dit que tout individu a droit à la vie. De nombreux pays l’ont d’ailleurs déjà abolie : 140, dont la France en 1981.

Par contre, les défenseurs de la peine de mort soutiennent qu’elle fait peur aux criminels et permet donc de réduire le nombre de crimes… Bien que cet argument n’est jamais été prouvé, 58 pays l’autorisent encore, dont principalement la Chine, l’Iran, l’Arabie saoudite, l’Irak et les Etats-Unis.

La peine de mort est parfois utilisée pour intimider le peuple, l’empêcher de s’exprimer et de critiquer le pouvoir, comme en Chine et en Arabie saoudite. Certains pays exécutent aussi des condamnés sans qu’ils aient eu droit à un vrai procès pour se défendre. Ou encore dans d’autres États, les avocats sont si chers que les personnes pauvres ont plus de risques que les autres d’être condamnées à mort.

Malgré tout, le nombre de pays utilisant la peine de mort diminue chaque année : 41 pays en 1995, contre 22 en 2014.

トランスクリプションの引用元⇒C'est quoi la peine de mort ? – 1 jour, 1 question | Lumni

和訳

いくつかの国では、罪人を処刑することが認められています。

それが死刑です。

死刑に処されるのは、しばしば重罪を犯した者です。たとえば、複数の人の殺害者など。

でも、法律で死刑が認められているから、法的に誰でも殺せるのでしょうか?

違います。死刑は、厳密な枠組みの中で決められます。

裁判によってだけ死刑を宣告できます。その後、受刑者は定められた方法で処刑されます。電気死刑、薬殺刑、銃殺刑など。

きみも想像するように、死刑は論議を起こしています

反対している人は、死刑は世界人権宣言に反していると明言しています。この宣言は、すべての個人は生きる権利がある、とするものです。

だから、たくさんの国ですでに死刑は廃止されており、その数は140カ国です。1981年に廃止したフランスも含まれています。

逆に、死刑を擁護する人たちは、死刑があると、犯罪者を恐れさせ、犯罪の数が減ると言っています。

この議論が証明されたことは決してありませんが、まだ58カ国で、死刑が行われています。たとえば、中国、イラン、サウジアラビア、イラク、アメリカ合衆国です。

死刑は時に、人々をおどし、体制を批判することを防ぐために使われています。中国やサウジアラビアのように。

罪人に、弁護するためのちゃんとした裁判を受ける権利を与えないまま、処刑する国もあります。

また、ほかの国では、弁護士の費用が高すぎるため、貧しい人は、より死刑になるリスクが高いです。

それでも、死刑を行う国は、年々減ってきています。1995年は41カ国で、2014年は22カ国で死刑が執行されました。

単語メモ

condamné  受刑者

une exécution  死刑執行 exécution capitale

condamné à mort  死刑囚

la Déclaration des droits de l’homme  世界人権宣言



死刑制度について

死刑制度を存置している国は、2019年現在、56カ国です。廃止した国は142カ国。

こちらの記事より⇒死刑がある国はどのくらいあるの? | 森のおひさま教室

2019年の1月にアップされたこの動画では、現在死刑を行っているのは、53カ国としています。50カ国ぐらいの国に死刑がある、と思っておけばいいでしょう。

2分45秒。

中国は、たくさん死刑をしていそうですが、データが発表されていないので、実態はわかりません。もちろん、北朝鮮もデータを開示していません。

死刑制度のある国でも、毎年死刑を行うとは限りません

世界は、死刑をしない方向に向かっている、と考えられますが、人口の多い国に死刑制度があるので、世界規模で見ると、死刑制度のもとで生きる人は、わりと多い、と言えるかもしれません。

日本にも死刑がありますが、執行数は近年、とても少ないです。

アムネスティのデータによると、2019年は3件、2018年は15件、2017年は4件です。確定者数は100件を越えていますが、執行は少ないですね。

最新の死刑統計(2019) : アムネスティ日本 AMNESTY

■関連記事もどうぞ

ギロチンの歴史(前編)

ギロチンの歴史(後編)

1981年にフランスで死刑が廃止されたのは、大統領選に出たミッテランが、死刑を廃止するという公約を掲げていた、という事情があります。

このとき世論では、死刑存続派のほうが多かったそうです。

欧州は、死刑に反対しており、EUに加盟するには死刑制度を廃止する必要があります。






コスモスLes Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞)前のページ

子供の質問(フランスのスーパーのCM)次のページ家族

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. オリーブの小枝

    フランス語を読む練習

    アカデミー・フランセーズとは その2

    アカデミー・フランセーズの記事の和訳の続きです。タイトルは…

  2. 漫画

    時事ニュース

    アングレーム国際漫画祭ってどんな催し物?

    毎年1月の終わりに、フランスのアングレームという場所で行われる「アング…

  3. パリ10区の区役所

    フランスにまつわるあれこれ

    フランスの大統領選挙 後編~「虎と小鳥のフランス日記」第50話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバーも週1本ずつ復習しています…

  4. スマーフの学校

    フランス語を読む練習

    フランスで新学年開始~スケジュールの大きな変更

    楽しかった夏休みも終わり、新学期が始まりました。フランスは9月…

  5. 化粧品

    フランスにまつわるあれこれ

    フランスのお土産におすすめ:イヴ・ロシェのコスメ

    フランスの化粧品のメーカー、イヴ・ロシェについて調べてみました。…

  6. 猫

    フランス語の語彙

    猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

    猫はあちこちで人気があります。きょうは猫が出てくる記事を集めて目次を作…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. 夜間外出禁止令にショックを受けるフランスのレストランのオーナ…
  2. 魔女の指クッキーの作り方:フランスのお菓子43
  3. なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?
  4. 子供の質問(フランスのスーパーのCM)
  5. 死刑って何ですか?
  6. Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞…
  7. パリで初のシャネルの回顧展、始まる。
  8. ギロチンの歴史(後編)
  9. ギロチンの歴史(前編)
  10. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP