レックス

虎と小鳥のフランス日記

夕方のグラン・ブルヴァール「虎と小鳥のフランス日記」第40話その1

毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも週に1本のペースで見ています。

きょうは40話を見ました。

グラン・ブルヴァールの周辺

グラン・ブルヴァール(Grands Boulevards)という地下鉄の駅周辺の通りに並ぶナイトスポットがいくつか登場します。パリの8区、9区、2区のあたり。

ビデオに登場している場所はパリのオペラ地区の日本人街「虎と小鳥のフランス日記」第34話で紹介した、オペラ地区から歩いてわりに近い場所で、カフェ、劇場、クラブなどたくさんあり人々でにぎあう場所。

名古屋なら名古屋駅周辺とかそんな感じですかね?名古屋駅周辺のほうが建物が密集してるし、高いビルがたくさんあるので、ちょっと違うかもしれませんが。

パリに旅行すると、誰もが行きそうな場所ですね。

私の思うこの回の見どころは
●ナイトスポット
●場所の説明のしかた
●最後に登場するカミーユとアントワーヌの踊り(スイング)

■こちらがサンプルビデオです。雰囲気がわかると思います。
教材の冒頭の部分と、最後の部分(1分20秒あたりから)がおさめられています。二人のスイングも見られます。
2分27秒 日本語字幕

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

この回は長いですし、いろんな所が紹介されておりかなりボリュームがあります。よって二度ぐらいにわけてご紹介しますね。

きょうはこのサンプルビデオに出てくる文章をとりあげます。



サンプルビデオのトランスクリプトと和訳

サンプルビデオに出てきた発話の仏文と和訳です。自習に使ってください。

Coucou !
Salut !
Alors, ce soir, one est aux Grands Boulevards. Donc on va se balader sur les rues du Grand Boulevard où y’a plein de théâtres, plein de cafés, plein de cinémas, plein de restos, et plein de,,,plein de clubs aussi. Parce que ce soir on va aller dans un club particulier. Un club où on danse le swing.

ククー
やあ
さて、今夜はグラン・ブルヴァールにいますよ。グラン・ブルヴァール通りを散歩します。ここは劇場、カフェ、映画館、レストラン、そんなのがたっくさんあるんです。というのもね、今夜は特別なクラブに行くんです。スイングが踊れるクラブです。

Alors, avant ça, je vais te montrer un bouillon. C’est un restaurant qui date du début du siècle, qui a gardé complètement toute sa tradition. Et euh, il est devenu très touristique, maintenant.

Et donc voilà, c’est…restaurant Chartier.

え~と、その前に、ブイヨン・レストランを紹介したいと思います。ここは、、20世紀初頭にまでさかのぼる店で、伝統を完璧に保っているレストランです。そして今では観光客で大賑わいのレストランになりました。

これがレストラン・シャルティエです。

Et la soirée de ce soir c’est ici que ça se passe ?
Ouais, ouais ouais. Et j’pensais pas qu’y’avait des soirées où on pouvait danser. Surtout le swing.

Mais apparemment, c’est là-dedans que ça se passe.
Bon ben, on y va ?
Ouais.

それで、今夜のパーティがここで行われてるの?
うん、そう。わたし、ダンスのできるパーティってないと思っていたの。特にスイングは。

でも、どうやらこの中でパーティをやってるらしくて。
じゃあ、行こうか。
うん。

覚えておくと使えそうな表現と文法

サンプルビデオの中から丸覚えして使えそうなのを選んでみました。

Coucou ククー 
親しい者同士で使う挨拶。響きが可愛いのでわりに好きです。

これは「誰かいますか~?」という意味あいで、ドアの前で言ったりもします。

日本語の「もしも~し」に似てるかな。

On va se balader sur les rues du Grand Boulevard.
グラン・ブルヴァール通りを散歩します。

se balader 散歩する、ぶらつく
この単語はついこのあいだパリのポップ・アップ販売「虎と小鳥のフランス日記」第102話にも出て来ました。

se promener sans but 目的なく散歩する、という意味です。遠足するという意味もあります。辞書には(話)(会話で使うという意味)と書いてありますが、「虎と小鳥のフランス日記」にはよく出てきます。

apparemment 見たところ;どうやら
発音はアパーラモン(とカタカナで書くとだいぶ違うので、サンプルビデオを参照願います)

どうやら、彼は家にいない。
Apparement, il n’est pas chez lui.

apparence(外見) から来た副詞です。形容詞は apparent(目に見える、明らかな)



きょうの動画-グラン・ブルヴァール

昼間のグラン・ブルヴァールを紹介しているビデオです。5分52秒とちょっと長いのですが、うまくまとめてあってこのあたりのことがよくわかります。

この通りは600年の歴史があると言ってますね。

こちらは、説明にでてきた、シャガールが1964年に完成させたオペラ座の天井の絵

operagarnier15f

シャガール(1887年-1985)はロシア出身の画家ですが、30代半ばに国を出てフランスに来ました。以前、一度訪れており気に入ったようです。

ユダヤ系なので、第二次世界大戦中はアメリカに亡命しましたが、戦後はフランスに戻り、フランス国籍もとり永住。

シャガールの絵って幻想的でほわほわしてますが、本人は毒舌家で、よく人とケンカをしたとか。おもしろいですね。

このビデオのスクリプトはYouTubeに一緒にのっています。

旅行代理店とか、そういう観光業関係のサイトが作っているビデオだと思います。今は、こうやって現地の様子をダイレクトに伝えることができるので、おもしろいですね。

しかし、誰でもそういうことができるようになったので、観光業界では熾烈な戦いが繰り広げられているのかもしれません。

第40話のキーフレーズは来週ご紹介します。






ヴェルサイユ宮殿「ベルサイユのばら」の新作を再掲載~週刊マーガレット第13号前のページ

歌と訳詞:On ne change pas~セリーヌ・ディオン「私たちは変わらない」次のページブランコ

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ブシー・サン・マルタン教会

    虎と小鳥のフランス日記

    ブシー・サン・マルタン教会(パリ郊外)「虎と小鳥のフランス日記」第121話

    今週の虎と小鳥は、パリから東へおよそ25キロ行ったところにある村、ブシ…

  2. ジャズ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第95話 ミュージシャンとオートリブ

    私が毎週受け取っているビデオのフランス語の教材。95話の受講メ…

  3. サマーショップ

    虎と小鳥のフランス日記

    サマーショップ「虎と小鳥のフランス日記」第8話

    今週のバック・ナンバーは第8話「サマーショップ」です。サマーシ…

  4. ムーラン・ルージュ

    虎と小鳥のフランス日記

    音楽の街ピガール「虎と小鳥のフランス日記」第45話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、きょうはピガールのエピソー…

  5. レフェ・ビュル

    虎と小鳥のフランス日記

    パリのセレクトショップ:レフェ・ビュル~「虎と小鳥のフランス日記」第166話

    「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソードではレフェ・ビュルという素敵な…

  6. ロマン

    虎と小鳥のフランス日記

    フランスの舞台関係者の不定期労働~「虎と小鳥のフランス日記」第155話

    「虎と小鳥」の最新号の受講メモです。今週は全編、インタビューで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  2. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  3. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  4. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  5. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  6. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  7. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  8. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  9. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?
  10. パンテオンから見るパリの景色

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 日めくりとpen

アーカイブ

PAGE TOP