『舟遊びをする人々の昼食』ルノワール

虎と小鳥のフランス日記

パレゾー(パリ郊外)のお祭り~「虎と小鳥のフランス日記」第56話

Auguste Renoir – Le Déjeuner des canotiers
『舟遊びをする人々の昼食』ルノワール(1881)

こんにちは。
penです。

きょうは「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーから第56話を学習しました。

2012年の6月のエピソード。
ようやく季節が合いました^^

第56話はパリの南、1.5キロメートルぐらいのところにあるパレゾーという場所のお祭りが舞台です。

よく「虎と小鳥のフランス日記」が難しすぎる
というお声を聞くのですが、
きょうのは初心者向けです。

ひじょうに基本的な日常会話がちょっとだけ入っていて、あとは楽しいお祭の雰囲気を楽しむ回。

まずは、サンプルビデオをごらんください。
一つ目のキーフレーズも入っています。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

きょうのメニュー

  • サンプル部分のスクリプトと和訳
  • 3つのキーフレーズと解説
  • きょうの豆知識~ギャンゲット
  • それでは、復習行ってみよう!



    サンプル部分のスクリプト

    Coucou !
    Cammille !
    Ça va ?
    Oui ! C’est là que je vais danser.

    Et euh… on peut aller se prendre un verre à l’intérieur.

    ククー
    カミーユ
    元気?
    うん!ここが私の踊る場所よ。

    ええと、中で飲み物が飲めるわよ。

    3つのキーフレーズ

    強調構文 C’est … que ….

    カミーユの親友、ヴァロンティーナの言葉。
    ここが私の踊る場所よ。

    パレゾーにて

    C’est là que je vais danser.

    これは強調構文と言われる文の形。
    とくに、強調したい部分をc’est と que ではさみます。

    この文はlà (ここ)を強めています。
    これは、このまままる覚えておくとよさそうですね。

    ほかの例
    C’est là que je vais aller.
    ここが私の行く場所よ(指をさして)。

    C’est ce portefeuille qu’on vous a volé ?
    あなたが盗まれたのはこの財布ですか?
    (voler  盗む。主語を特定しない on を使って受け身の意味を表しています。)

    強調構文についてい詳しくはこちらで。
     ↓↓↓
    強調構文

    ⇒「まいにちフランス語」41:L63 強調構文

    ヴァロンティーナ、ビデオの後半で、友達と不思議な創作ダンスを披露しています。

    私のです c’est pour moi

    中に入って、飲み物を買います。
    「りんごジュースは(誰の注文)?」
    私のです。

    パレゾーにて

    Le jus de pomme ?
    C’est pour moi.

    日本語だと、レストランで、注文の品が来た時、
    「あ、それ私です」と言えばいいのですが、
    フランス語で、「私です。C’est moi」と言うと
    ちょっと変です。

    「私はりんごジュースです」になってしまう感じ?
    意味はわかってもらえるとは思いますが。

    ~みたい On dirait

    絵を見ながら、カミーユの言う言葉です。

    ブラッサンスみたいね。(ブラッサンスに似ているわね。)

    パレゾーにて

    On dirait Brassens.

    on dirait まるで~のよう

    これはこのまま覚えるといいです。
    dirait は dire の条件法。

    Regarde cette petite fille. On dirait une poupée.
    見て、あの女の子。まるでお人形みたい。

    カミーユが指さしていた肖像画。
    パレゾーにて

    ★ジョルジュ・ブラッサンス Georges Brassens (1921-1981)はフランスの歌手です。フランスではひじょうに有名な人。
    彼についてはアメブロに詳しく書いています。
    ジョルジュ・ブラッサンスを知らないフランス人はいないというお話|penのフランス語日記

    56話では、最後のほうに、手回しオルガンを回しながら、ブラッサンスの Les copains d’abord 仲間を先に を歌うシーンがあります。



    きょうの豆知識~ギャンゲット

    パレゾーのお祭りはギャンゲット(guinguette)を中心に行われています。

    ギャンゲットは郊外の森などにある、お酒を飲んで踊ったりする場所。野外の大衆酒場(と書くと古いけど)みたいな感じ。

    18世紀になって、輸送技術が発達すると、田舎にもお酒が行き渡るようになりました。

    税制の関係で、こうした郊外の野外酒場で飲むほうが、安く上がったので、ギャンゲットが発展しました。

    多くの店は川岸にあり、川魚を食べたり。
    スペースがあるので、人々は踊って楽しみました。飲んで踊って、という感じですね。

    ギャンゲットはフランスの絵画や映画などにたくさん出てきます。
    記事の最初の画像は、ルノワールがセーヌ川沿いのラ・グルヌイエールという場所にあるレストランの様子を描いたものです。

    ★この絵は実在の人物を描いたものです。
    くわしくは樋沼さんの記事をごらん下さい⇒虎と小鳥のフランス日記第56話 パリ郊外パレゾーのお祭り を見て

    こちらは19世紀末のパリを舞台にした、Casque d’or (肉体の冠)という映画のワンシーン。ギャンゲットで踊っています。

    Casque d'Or – La guinguette

    いかがでしたか?

    お祭り楽しそうでしたね。

    屋外で飲んだり食べたりするの、楽しいですね。やぶ蚊がいるといやですけど。






    パステルカラーのバッグ2014年春夏のバッグのトレンド[第2回]ベビードールバッグ(レトロ・ロマンチック)前のページ

    恋はみずいろ L’Amour est bleu ~ヴィッキー:歌と訳詞次のページ青い空と海

    ピックアップ記事

    1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. マルシェ・サンピエール

      虎と小鳥のフランス日記

      マルシェ・サン・ピエールで生地のお買い物~虎と小鳥のフランス日記 第116話

      新しい虎と小鳥が配信されました。今回は、モンマルトルの丘のふも…

    2. リュクサンブール公園

      虎と小鳥のフランス日記

      リュクサンブール公園・その2~「虎と小鳥のフランス日記」第15話

      「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーを毎週1つずつ見ています。き…

    3. 虎と小鳥のPARIS探訪

      虎と小鳥のフランス日記

      ついに電子書籍発売!~虎と小鳥のパリ探訪

      ★2014年9月30日追記:「虎と小鳥のフランス日記」の配信の終了に伴…

    4. アリ

      フレンチポップスの訳詞

      訳詞:ジターバグワルツ(カミーユのバージョン)

      「虎と小鳥のフランス日記」第97話の解説授業で、カミーユがライブで披露…

    5. リヨン

      虎と小鳥のフランス日記

      パリのリヨン駅~虎と小鳥のフランス日記第64話

      『虎と小鳥のフランス日記』のバックナンバー、今週は64話を学習しました…

    6. ビュット・ショーモン公園

      虎と小鳥のフランス日記

      ビュット・ショーモン公園「虎と小鳥のフランス日記」第3話 

      毎週一つずつ見ている虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー。…

    コメント

      • 樋沼達雄
      • 2014年 6月 05日

      Pen さん Renoir の絵のことですが、フランスのWikipediaを見ると、書かれている人物全員について解説されています。最後列のシルクハットをかぶった人物は Les beaux-arts の編集長、Proust とかかわりのあった人物ですが、詳細はわすれました。上記のURLをクリックして開かない場合はgoogle に dejeuner du canotier と入力して検索するとWiki の記事がでてきます。一度お試しを。

      • 樋沼達雄
      • 2014年 6月 05日

      Pen さん 思い出しました。虎と小鳥第56話のコメントに書いてあります。絵に出てくる人物の説明も。http://toratokotori5.jugem.jp/

        • フランス語愛好家
        • 2014年 6月 06日

        樋沼さん、こんにちは。
        コメントありがとうございます。

        この絵が実在の人たちを描いているのはわかっていたのですが、また、やたら記事が長くなりそうだったので、書かなかったのです。

        書いておいたほうがいいのかな、やっぱり。
        とりあえず、犬を抱いている女の人は、後に奥さんになる方ですね。

        あとで、樋沼さんの記事にリンクさせていただきます。

        コメントありがとうございます。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. Les copains d’abord(仲間を先…
    2. やわらかヨーグルトケーキの作り方:フランスのお菓子40
    3. 5月20日は、世界ミツバチの日:なぜミツバチは、私たちの生活…
    4. カンヌ国際映画祭が果たしている4つの役割
    5. 読者さまの質問とその回答特集(その2)モーパッサンのことなど…
    6. 読者さまの質問とその回答特集(その1)
    7. 5月9日はヨーロッパの日。欧州連合の歴史を簡単におさらいしよ…
    8. わが心の風車(風のささやき):ミシェル・ルグラン(歌と訳詞)…
    9. 外出制限の中、あるフランス人家族はどんなふうに暮らしているか…
    10. 労働者の日(メーデー)がある理由。子ども向けの簡単な説明。

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 星の王子さまの本
    2. 日めくりとpen
    3. 黒板

    アーカイブ

    PAGE TOP