ハロウィン

フランス語の語彙

ハロウィンにまつわる単語 その3 魔女

10月の週末はハロウィンに関連する単語を集めています。前回はジャック・オ・ランタン、蜘蛛、叫び声でしたが、覚えていますか?

3回めのきょうは

  • 魔女
  • ほうき
  • 黒猫
  • 魔女を中心としたキーワードを集めてみました。



    魔女

    魔女はハロウィンの典型的な登場人物。
    女性の仮装によく使われますね。

    黒いワンピースを来て、先のとんがった魔女用の帽子をかぶり、ほうきを持てばできあがりなのでお手軽です。

    魔女
    une sorcière

    魔女

    発音はこちら

    現在の魔女は黒い服を着ていますが、17世紀や18世紀の絵では裸で描かれています。

    ほうき

    魔女はほうきに乗って空を飛び移動します。

    ほうき
    un balai

    発音確認用

    動詞は balayer

    黒猫

    黒猫は、中世には、魔女の家族、あるいは魔女の変身したもの、と思われていました。

    というのも、猫は夜行性で、夜中にそこらをうろうろするからです。特に黒い猫は漆黒の夜の色だから魔女の使う魔術と関連があると思われたのでしょうね。

    黒猫
    un chat noir

    黒猫

    chat が猫
    noir が黒

    白いネコは un chat blanc

    chat の語末のtは読まないので シャ
    noir は ノワー

    発音はこちらで確認

    三角マークをクリックすると音が聞こえます。

    日本語では noir をノワール と書きます。
    「シャ・ノワール」という喫茶店がたくさんあります。

    さて、今でも、いろんな迷信に登場する黒猫。黒猫に関する記事を読んでいたら、アジアと英国では、「黒猫は幸運の印」とありましたが、そうなんでしょうか?

    中国のことかもしれませんね。

    また「黒猫を飼うのは縁起がいいけれど、前を横切ったら不吉」、というものもあります。でも、黒猫を自分の家で飼ったら、ぜったい自分の前を横切ると思うんですけどね。

    また黒猫の夢を見ると幸運、あるいは不吉、地域によってどちらでもあり。

    つまり迷信とはこのようないい加減なものなのでしょう。

    不吉がられる黒猫ですが、ファンも多いですね。

    忘れていたらこちらでチェック
    前回の記事はこちら⇒ハロウィンにまつわる単語 その2

    ハロウィンというお祭りについてはこちらをどうぞ⇒ハロウィンの由来



    きょうの復習

    今回覚えた単語の例文を見ておきましょう。

    Dans la chambre, Samantha révèle à Jean-Pierre qu’elle est sorcière.

    寝室でサマンサはジャン・ピエールに自分が魔女であることを明かす。

    révéler à 誰々:(秘密などを)明かす、暴露する

    サマンサは「奥さまは魔女」という60年代のアメリカのTVドラマの主人公で、魔女という設定。

    ジャン・ピエールはご主人(人間)。オリジナルの英語ではDarrinという名前です。アメリカのドラマにジャン・ピエールが出てくると違和感ありますが、日本では「ダーリン」になっているし、そんなものなのかもしれません。。

    DarrinはRが入っていて発音が難しいです。カタカナで書くと「ダレン」ですがこう読むと通じません。

    Les sorcières voyagent sur un balai.
    魔女はほうきに乗って旅をする。

    J’ai vu un chat noir passer sous une échelle.
    私は黒猫がはしごの下を通るのを見た。

    黒猫がはしごの下を横切るのを見ると縁起が悪いとされています。

    私はなぜか「魔女」が出てくる話が好きで、特に「奥さまは魔女」というドラマは大好きです。

    アメブロで「奥さまは魔女」の第1話のオリジナル(英語)、フランス語版、日本語版を紹介しています。
    ハロウィンの単語: 5.魔女:『奥さまは魔女』見比べ

    それでは、次回のハロウィンにまつわる単語をお楽しみに。






    ピックアップ記事

    1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
    2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
    3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

    関連記事

    1. 予定を書くメモ

      フランスの暦、年中行事

      1週間の言い方、曜日の復習:フランス語の暦(18)

      月曜から日曜までフランス語の1週間の曜日(jour de la sem…

    2. pen バレンタイン

      フランスの暦、年中行事

      バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次

      バレンタインデーに関連する記事の目次を作りました。古い記事から並んでい…

    3. 火曜日

      フランスの暦、年中行事

      火曜日はマルスの日:フランス語の暦(12)

      フランス語の初心者でも楽しく読める、フランス語の暦シリーズ、今回は火曜…

    4. クレープ

      フランスの暦、年中行事

      ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?

      2月2日はフランスでは、ラ・シャンドルール(La Chandeleur…

    5. わたあめ

      フランス語の語彙

      フランス語でわたあめは「〇〇のひげ」

      フランス語で「わたあめ」は何と言うか?フランス語でわたあめは「…

    6. クリスマスツリー

      フランスの暦、年中行事

      クリスマスツリーはいつ、どうやって処分する?

      こども新聞(le Journal de Enfants)でツリーの処分…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    新しく書いた記事です。

    1. クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)
    2. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
    3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
    4. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
    5. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
    6. フランス語で知るハロウインの由来。
    7. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
    8. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
    9. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
    10. シャネルを物語る5つの色(後編)

    おすすめ記事いろいろ

    1. フランス北部の都市、リールを散策
    2. 突然炎のごとく(フランソワ・トリュフォー)~入門日記第23回…
    3. フランス語の数字【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習…
    4. 「まいにちフランス語」46:L68 接続法現在 その2
    5. 本に関する単語:かわいいフランス語教えます(119)
    6. ごく簡単なフランス語が聞き取れなかった頃~入門日記第20回
    7. ボジョレー・ヌーヴォーは何がそんなに特別なのか?
    8. 第104回、ツール・ド・フランスが始まった。
    9. 60年代のアイドル、フランス・ギャル、70歳で亡くなる。
    10. ロマンチックなフランス語:かわいいフランス語教えます(109…

    おすすめのまとめ記事

    1. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
    2. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
    3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
    4. フランス映画の予告編の記事のまとめ
    5. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
    6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
    7. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
    8. フランス語の名言の記事の目次
    9. クリスマス関連記事の目次 2013年版
    10. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2

    フランス語の勉強法とか

    1. 星の王子さまの本
    2. 黒板
    3. フランス語の日めくり

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    PAGE TOP