世界女性デー

時事ニュース

国際女性デーにちなんで~3人の女性の話(1)

3月8日は国際女性デーです。女性の権利について考え、これまでの女性の業績をたたえる日。1904年、アメリカで行われた婦人参政権を求めるデモがきっかけでできました。

詳しくはこちら⇒国際女性デー:エールフランスは女性乗務員だけでエアバスA380を運行

この日にちなんだ記事を子ども新聞、1jour1actuで読みました。

タイトルは
Journée des femmes : récits d’enfance
女性の日:子ども時代の話

この記事では、77歳、50歳、10歳と世代の違う3人の女性にインタビューし、子ども時代はどんなふうだったのか、特に男の子と比べて何が違ったのか語ってもらっています。

きょうは導入部分と、77歳の女性の話を訳します。



Journée des femmes : récits d’enfance 女性の日:子ども時代の話

Le 8 mars, c’est la fête des femmes.
Aujourd’hui, c’est la Journée des femmes. 1jour1actu a rencontré deux femmes nées à des époques différentes et une jeune fille. Elles ont raconté comment se passent ou se sont passées leurs années d’enfance par rapport aux garçons, frères, cousins ou copains.

3月8日は女性の記念日
きょうは、女性の日。1jour1actuは、それぞれ違う時代に生まれた2人の女性と少女にインタビューしました。

彼女たちは、自分たちがどんなふうに育ってきたのか、その時代何が起きていたのか、男子、兄弟、従兄弟、男友達と比較して話してくれました。

Marie-Josée, 77 ans, psychanalyste. マリー=ジョゼ 77歳 精神分析医

マリー=ジョゼは第二次世界大戦の開戦直前に生まれました。お父さんはドイツ人の捕虜になっていましたが、逃げおおせました。

彼女が9歳のとき、弟が生まれました。弟は両親のお気に入りとなり、彼女はすこしばかり傷つきました。

-私たちは全く違うふうに育てられたんです。弟が悪さをすると、みんな笑いました。父も母も、弟の健康を大変気遣っていました。よく「強くなってね、おチビさん!」と言っているの耳にしたものです。

私はと言えば、控えめでかいがいしくあらねばなりませんでした。だって女の子でしたから。いつもふるまいに気をつける必要がありました。たとえば、まっすぐ立って、しゃべりすぎないようにして。それは、本当の私と正反対なんです。

それでも、マリー=ジョゼの家族は当時としてはずいぶんユニークでした。両親ともスポーツの教師でした。

- 母はほかの多くの女性とは違って、働いていたんです。両親は、私も弟と同じように勉強することを希望しました。

学生時代はずっと、マリー=ジョゼは男子校に通っていました。学校の外では、ガールスカウトに参加。

弟をのぞいて、彼女が知っていた男の子は、従兄弟と、両親の友だちの息子だけでした。

- 自由に男の子と知り合って遊びたかったんですけどね。

それは簡単ではありませんでした。親たちは男の子と女の子が一緒にならないようにしていたのです。常に監視されていました。

マリー=ジョゼは精神分析医になりました。女子と男子の関係はいつだって熱いものがあったのです。

元記事 → Journée des femmes : récits d’enfance – 1jour1actu.com – L'actualité à hauteur d'enfants !



単語メモ

récit 話、物語

discret, disdrète 控えめな

comportement 行動、ふるまい

faire attention à ~に気をつける

se tenir 保つ
se tenir droit 直立している

fréquenter よく行く、通う

Guides de France フランスガールガイド連盟

en permanence 常時、休みなく

1939年は昭和14年です。文中にあるとおり、第二次大戦が勃発した年。当時の日本の子どもたちは男女一緒に遊べたんでしょうかね?

私の母は1933年生まれですが、こんど聞いてみようと思います。母は田舎育ちだから、一緒に遊んでいたような気がするのですが。

この続きはこちらから⇒国際女性デーにちなんで~3人の女性の話(2) 次は1960年代半ばに生まれた女性の話です。






ラベンダーフランスダイレクトスクールのメリット、デメリット前のページ

フランス語の発音を矯正~フランスダイレクトスクール『不思議の国のFrance』第12話次のページモガブティックスパンコール

ピックアップ記事

  1. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. プラスチックのストロー

    時事ニュース

    なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?

    2018年の秋に、欧州連合で、1回しか使わないプラスチック製品の使用を…

  2. 新聞を読む

    時事ニュース

    シャルリ・エブド最新号の発売、すぐに売り切れ

    テロの襲撃にあったシャルリ・エブドの最新号が、14日に発売され、すぐに…

  3. 聖アンドリュー教会

    時事ニュース

    オランド大統領がプーチン大統領とサプライズ会談

    フランスのオランド大統領が、モスクワでプーチン大統領と会見したニュース…

  4. パリのカフェ

    時事ニュース

    ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。

    シャンソン界のイコン、ジュリエット・グレコが2020年9月23日に亡く…

  5. 勉強している少女

    時事ニュース

    バカロレア 2013年

    今週、フランスではバカロレア(Baccalauréat)という試験が行…

  6. パリ

    時事ニュース

    フランスの首相は何をやる人なの?

    2020年の7月3日に、エドゥアール・フィリップ首相とその内閣が総辞職…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
  2. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
  3. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
  4. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
  5. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
  6. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
  7. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)
  8. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(後編)
  9. 世界の人、全員がクリスマスをお祝いするの?
  10. Le Dernier Noël (最後のクリスマス):Le …

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 2021年の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

アーカイブ

PAGE TOP