星の王子さまのフィギた

時事ニュース

「星の王子さま」のオリジナルの原稿と原画がパリにて公開中。

「星の王子さま」は、フランス人作家、サン=テグジュペリによって書かれた、とても有名なフランス語の小説ですが、オリジナルの原稿やイラストは、この作品が書かれた、ニューヨークで保存されています。

その原稿と原画が、今回はじめてパリで公開されることを伝える2分のニュースを紹介します。

タイトルは、Saint-Exupéry : Le Petit Prince à Paris (サンテクジュペリ: パリの星の王子さま)



Petit Prince à Paris

2分15秒

トランスクリプション

Après un vol de nuit au-dessus de l’Atlantique, le New York-Paris vient de se poser à Roissy. La conservatrice du Musée des Arts décoratifs l’attend impatiemment malgré la pluie, car dans les soutes de cet appareil d’Air France se trouve un trésor national.

Et pour nos visiteurs, je pense que ça va être un vrai choc de découvrir le manuscrit de Saint-Exupéry.

Dans le cockpit, c’est une grande émotion aussi pour le commandant de bord.

C’est la lecture de Saint-Exupéry, de Kessel, de Romain Gary, tous ces gens qui ont été pilotes, qui m’ont vraiment donné cette vocation de pilote de ligne.

L’arrière-petit-neveu de l’écrivain aviateur a aussi fait partie du voyage.

J’ai le sac du Petit Prince. Il fallait que je l’aie évidemment. C’est très émouvant, c’est la première fois que les dessins originaux et le manuscrit vont être présentés en France et en Europe.

Car aussi étonnant que cela puisse paraître, le manuscrit du Petit Prince n’avait jamais quitté New York, sa ville natale. Et il est conservé dans cette magnifique bibliothèque. Ici sont gardés les 141 feuillets du texte de l’écrivain aviateur qui alternait écriture et dessins sur un papier appelé « pelure d’oignon », très fragile, les esquisses d’un petit garçon solitaire et son écharpe qui deviendront célèbres sur toute la planète.

C’est l’un de nos plus grands trésors. Saint-Exupéry a écrit le Petit Prince ici à New York en 1943 et avant de repartir en France faire la guerre à bord de son avion, il a laissé le manuscrit ici, à des amis.

Hier, quelques heures avant le décollage, le conservateur ne se lasse pas d’observer la genèse de ce qui deviendra le livre le plus vendu au monde.

On peut imaginer Saint-Exupéry travaillant tard dans la nuit avec un thé et sa cigarette entre les doigts, laissant même un mégot brûler accidentellement cette feuille. On a vraiment l’impression d’être juste au-dessus de l’épaule de l’auteur. Et ce croquis est l’un de mes favoris. C’est un escargot. Saint-Exupéry avait même dessiné des escargots volants avec des ailes qui, on le pense, ont été des précurseurs du renard, qui sera finalement l’animal retenu pour la version publiée.

Au final, 35 pages et dessins du manuscrit original seront exposés au musée des Arts décoratifs de Paris jusqu’au 26 juin.

☆トランスクリプションの引用元⇒7 jours sur la planète – Enseigner le français langue étrangère (FLE) avec l'actualité – Fiches pédagogiques gratuites

星の王子様の原画、パリで公開中・和訳

大西洋を超える夜間飛行をし、ニューヨーク-パリの便は、ロワシーに到着したところです。

装飾芸術美術館(Musée des Arts décoratifs)の学芸員は、雨にもかかわらず、到着を心待ちにしていました。というのも、このエールフランスの飛行機の貨物室には、国宝が入っているからです。

– 美術館に来ていただいた方は、サン=テグジュペリの原稿を見つけて、びっくりすると思います。

コックピットでは、機長もとても感動しています。

– サン=テグジュペリ、ケッセル、ロマン・ガリ、みなパイロットだった人たちです。彼らのおかげで、パイロットという職業について思い知ることができました。

作家兼パイロット(サン=テグジュペリのこと)の、大甥も、ともにこの旅をしました。

– 「星の王子さま」のバッグを持っています。持たずにはいらせませんよね。とても感動しています。オリジナルの絵や原稿が、フランスやヨーロッパで公開されるのは初めてのことですから。

意外かもしれませんが、「星の王子さま」の原稿は、この作品が生まれたニューヨークを離れたことがありません。

その原稿は、この壮大な図書館に保存されています。ここに、「玉ねぎの皮」と呼ばれるとてももろい紙に、絵や文章を交互に書くのが好きだった作家の、141ページの原稿があります。のちに世界中で有名になる、孤独な少年とスカーフのスケッチです。

– 当美術館の最大の宝の1つです。サン=テグジュペリは1943年に、ここ、ニューヨークで「星の王子さま」を執筆しました。彼は、フランスに戻り、飛行士として戦争に参加する前に、友人たちに原稿を託したのです。

きのうの離陸の数時間前、この学芸員は、世界で最も売れることになる作品ができあがっていく様子を、飽きることなく見ていました。

– サン=テグジュペリは、夜遅く、お茶を飲み、たばこを吸いながら仕事をしていたことが見て取れます。

このページには、うっかり作ったたばこの焼け焦げのあとがありますよね。

彼の肩先から、覗き込んでいるような気分になります。

このイラストは私のお気に入りの1つです。かたつむりです。彼は、翼のある空を跳ぶかたつむりまで描いていたんです。この絵は、最終的に本に登場する動物であるキツネの前身だと考えられています。

35ページのオリジナルの原稿と絵は、パリの装飾芸術美術館にて、6月26日まで展示されます。

単語メモ

une soute  貨物室

aussi étonnant que cela puisse paraître  意外に思うでしょうが

une pelure (果物・野菜をむいた)皮

une esquisse  素描、下絵



パリにおける「星の王子さま」の原稿の公開・関連動画

France 24のニュースです。

Des manuscrits et des dessins jamais vus du Petit Prince débarquent à Paris (星の王子様の未公開の原稿とスケッチがパリに到来)

本には入っていない動物たちのスケッチも展示されています。

世界各国の翻訳本も並んでいるので、「星の王子さま」マニアは、ぜひ行ってみたい展覧会ですね。

■「星の王子さま」関連記事もどうぞ

「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの生涯

もう読んだ?「星の王子さま」出版70周年

「星の王子さま」の初めてのアニメ映画、7月29日にフランスで公開

「リトルプリンス 星の王子さまと私」予告編のフランス語・前編

名言その7~愛にちなんだ言葉~愛するとは互いが同じ方向を見ること~アントワーヌ・サン=テグジュペリ

『星の王子さま』~お役立ちリンク集

*****

久しぶりに、「星の王子さま」に関する話題をお伝えしました。

「星の王子さま」のリンク集は、作ってから、5年以上たっていると思うので^^;、アップデートしなければなりませんね。






古い町並みNous ne le savions pas(僕たちは知らなかった):パトリック・フィオリ(歌と訳詞)前のページ

ヴィクトル・ユゴーの生涯。次のページヴィクトル・ユゴーの胸像

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」

関連記事

  1. ニュースショー

    時事ニュース

    ニュースの記事のまとめ(2)

    フランス語のニュースの記事を訳している記事の目次、その2です。ニュ…

  2. シンガポール

    時事ニュース

    グリーンネイション、シンガポールがめざす持続可能な都市開発。

    シンガポール政府は、地球温暖化を防ぐため、緑化に力を入れています。…

  3. ハリウッド

    時事ニュース

    勢いづく中国の映画産業、ハリウッドは中国市場を意識した映画作りへ

    Euronewsからビジネスのフランス語のニュースを1つご紹介します。…

  4. キャンドル

    時事ニュース

    ウクライナ航空の旅客機(ボーイング737)、イランで墜落。生存者なし。

    2019年1月8日に、テヘランで、ウクライナ航空の飛行機が離陸直後に墜…

  5. 猫の顔

    時事ニュース

    パリで猫専用ホテル建設のプロジェクトが進行中

    以前、パリの猫カフェを紹介しましたが、今回は猫専用ホテル建設のプロジェ…

  6. ベルリンの壁

    時事ニュース

    ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 後編

    崩壊から25周年たったベルリンの壁についてこども新聞で読んでいます。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP