かぐや姫

フランス語を読む練習

映画『かぐや姫の物語』~その5

スタジオジブリの映画、『かぐや姫の物語』について書かれた記事の和訳の5回め(最終回)です。

記事のタイトルは
Le magnifique « Conte de la princesse Kaguya », le nouveau Ghibli
素晴らしい『かぐや姫の物語』、ジブリの新作

フランスでは6月25日から公開されています。

きょうは、かぐや姫の独立心の強い性格について。

Le magnifique « Conte de la princesse Kaguya », le nouveau Ghibli
素晴らしい『かぐや姫の物語』、ジブリの新作

Une princesse indépendante 自立したお姫さま

結婚によって社会的地位を上っていくことや、歌がすべてではないということを姪子さんに説明できる映画がないと思っているのなら、まさしくこの映画はうってつけです。

映画に登場する日本のたくさんの伝統、たとえば、歯を黒く塗ることなどは、音楽同様、すごく興味をそそるでしょう。

特筆すべきなのは、かぐや姫というキャラクターが、娘の幸せを願って、姫を「かわいい良きお姫さま」にしたい父親のプレッシャーをはねのけ、自分を責めることをやめることです。姫は、愛のない結婚を拒否し、生まれつき恵まれているのに、家柄など意に介さないのです。

「かぐや姫の物語」は父親を罰してはいません。父が娘のことをすごく愛しているのは明らかです。ただ、方法を間違えているのです。

私はこの作品がフェミニストの映画だとか、女性の解放を推し進めるものだとまでは言いません。日本のお話ですし、フランス人としての私の解釈は文化的背景のせいで、偏見になってしまうのは避けられないからです。

Disons tout simplement qu’à l’heure où les femmes japonaises refusent de plus en plus leur rôle traditionnel, il n’est peut-être pas totalement incongru qu’un film mettant en scène une femme aussi indépendante sorte en salles.

Mais cette indépendance a un prix, que Kaguya est prête à payer, mais qui fait que ce film ne peut décidément pas être vu comme une apologie à l’occidentale des libertés féminines.

日本の女性が昔ながらの役割をどんどん拒絶している時代に、独立心の強い女性が家を出るシーンのある映画は、的外れなものではないだろうとだけ言っておきましょう。

このような独立心のためにかぐや姫は代償を払うつもりでいます。でも、だからと言って、この映画が、西洋流の女性の自由を求めたことを擁護していると見ることは、断じてできないのです。

元記事 → Le magnifique « Conte de la princesse Kaguya », le nouveau Ghibli

映画の概要については、初回の記事をどうぞ⇒『かぐや姫の物語』~その1



単語メモ

éveiller 呼び起こす

culpabiliser 自責の念にかられる、自分を責める

inné 生来の、生まれながらの

en tant que  ~としての

à l’heure où+直接法 ~するときに
A l’heure où il partait, moi je suis rentré.
彼が出かけようとしていたときに、僕は戻ってきた。

incongru 無作法な、無礼な、非常識な、とっぴな

apologie 弁明、養護、賞賛

この箇所はわかりにくく、私の訳文もあまりよくないですね。

要するに、筆者は

「日本女性らしからぬ独立心のあるかぐや姫が出てくる映画は今の日本の世相と関係がありそうです。でも、フェミニズムの映画ではありません。」

こう言っているのだと思います。

この映画を見ていないので、何とも言えませんが、自分らしさを大事にして、家柄など気にしない主人公が出てくるのは別にめずらしくないですよね?

それは西洋も東洋も関係ない気がします。少し前にご紹介した、「アナと雪の女王」に出てくるエルサも、最後には「雪の女王」となり、自分らしさを解放します。それがこの映画のヒットにつながったと思いますし。

「アナと雪の女王」のエルサの歌⇒歌と訳詞:アナと雪の女王「レット・イット・ゴー」のフランス語版

強い女性が出てくる映画はいつも求められているのではないでしょうか?

「かぐや姫の物語」の記事の和訳、これにて完結です。おつきあいありがとうございました。






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. クリスマスのオーナメント

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーの飾り方のアイデア その2 シックなキラキラ

    フランスのWebマガジンでクリスマスツリーを飾るアイデアの記事を読んで…

  2. クリスマス

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーの飾り方のアイデア その3 ほろ酔い加減で

    フランスのWebマガジンで今風のツリーの飾り方の記事を読んでいます。…

  3. ツリーのデコレーション

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーの飾り方のアイデア その1 ナチュラル

    12月になりましたね。フランスの師走は「クリスマス」という一大イベント…

  4. バレエ

    フランス語を読む練習

    ミスティ・コープランド~夢を実現させたバレリーナ

    ミスティ・コープランドについて子ども新聞で読みました。コープラ…

  5. ネコのぬり絵

    フランス語を読む練習

    緑色の猫、その正体は?

    最近また、過去記事も読めるようになった、子ども新聞、1jour1act…

  6. お米

    フランス語を読む練習

    グルテンフリーダイエットとは?~二つの解釈

    翻訳者養成講座の二回目の企画会議の音声が配信されました。この企…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語で知るハロウインの由来。
  2. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  3. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  4. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  5. シャネルを物語る5つの色(後編)
  6. 猛暑をフランス語でなんと言う?
  7. 新学期に関する言葉:かわいいフランス語(128)
  8. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ
  9. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  10. シャネルを物語る5つの色(前編)

おすすめ記事いろいろ

  1. 「まいにちフランス語」34:L56 2つの過去~半過去と複合…
  2. 歌と訳詞:秋のさなかに~マリー・ラフォレ
  3. 自分の性格を語るフランス語の表現と偏見について
  4. 4月から6月をフランス語で言うと?~フランス語の暦(7)
  5. アンディ~リタ・ミツコ(歌と訳詞)
  6. バレンタインデーの歴史とフランスの愛の日の事情。
  7. リチャード・ギアと後藤久美子が登場する「オランジーナ」のCM…
  8. キッチンにあるもの~かわいいフランス語(79)
  9. 夏(季節の単語)~フランス語の暦(2)
  10. ミシェル・フュガンの『愛の歴史(Une Belle Hist…

おすすめのまとめ記事

  1. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  2. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  3. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  4. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  5. フランス語入門日記~目次を作りました
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  7. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  8. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  9. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  10. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話

フランス語の勉強法とか

  1. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP