ピアノ

フランス映画

譜めくりの女(La tourneuse de pages):予告編のフランス語

日本でも公開されて話題になった「譜めくりの女」というフランス映画の予告編を紹介します。

原題は La tourneuse de pages 直訳「ページをめくる女性」です。tourneur/tourneuse は、動詞、tourner(回す、回転させる)の名詞形で、 旋盤工、ろくろを回す人、旅回りの芸人、興行主(プロモーター)という意味もあります。

ページをめくる、の「めくる」も動詞 tourner を使います。

この映画でめくるのは本のページではなく、楽譜のページ。よって、邦題が「譜めくりの女」なのでしょう。



譜めくりの女・予告編

まず予告編をごらんください。2006年、ドゥニ・デルクール監督の作品です。

サスペンス映画のせいか予告編のセリフも少ないですね。

ではトランスクリプションを和訳します。

Pour les vacances de la Toussaint, madame Onfray m’a dit que vous cherchiez quelqu’un. Comme mon stage sera terminé, si vous voulez, je pourrais garder votre fils.

Mais pourquoi pas. Vous savez que c’est à une quarantaine de kilomètres de Paris. Il faudrait que vous logiez là-bas.

オフレー夫人から、トゥーサンでのバカンス中、人をお探しだとお聞きしました。ここでの研修も終わりますし、もしよろしければ、息子さんのお世話をすることができますが。

でも、どうしてなんだい?家はパリから40キロ離れているのを知っているだろう。住み込んでもらうことになるよ。

Je vais vous montrer la maison ?

家の中をお見せしましょうか?

Continue mon chérie. Mélanie viendra te chercher pour le dîner.

続けなさい。夕食になったらメラニーが呼びにくるわ。

Ma femme est pianiste. Elle fait partie d’un trio. Elle s’est mise à avoir le trac. C’est un trac qu’elle a du mal à maîtriser.

妻はピアニストなんだ。トリオで演奏している。すごく緊張するようになってしまってね。その恐怖をなかなか克服できないんだ。

Tu savais que Mélanie jouait du piano.
Non.
En tout cas, Mélanie lis parfaitement la musique. C’est elle qui va me tourner les pages au concert, à la rentrée.

メラニーがピアノを弾くって知ってた?
いや。
とにかく、楽譜をちゃんと読めるのよ。ラジオのコンサートではメラニーに譜面をめくってもらうわ。

Trouvé !
みーつけた!

Qu’est-ce qu’ils font vos parents ?
Bouchers.

ご両親は何をしているの?
肉屋です。

Une tourneuse, c’est quelqu’un qui peut mettre en danger tout un équilibre. N’est-ce pas ?

譜めくりはバランスを台無しにしかねない人だ。そうだよね?

☆トランスクリプションはこちらを参考にしました⇒Bande-annonce: La tourneuse de pages

単語メモ

trac (緊張して)上がること
avoir le trac 上がる

avoir du mal à ~するのに苦労する

en tout cas いずれにせよ、とにかく

équilibre バランス、調和
音楽の調和であり、ピアニストであるアリアーヌの心のバランスのこともさしています。

「譜めくりの女」のあらすじ

amazon.frにあったDVDの紹介をそのまま訳します。

Fille de bouchers dans une petite ville de province, Mélanie, âgée d’une dizaine d’année, semble avoir un don particulier pour le piano.

Elle tente le concours d’entrée au conservatoire mais échoue, perturbée par l’attitude désinvolte de la présidente du jury, une pianiste reconnue.

Profondément déçue, Mélanie abandonne le piano. Une dizaine d’année plus tard, à l’occasion d’un stage, Mélanie rencontre M. Fouchécourt, le mari de cette femme qui a certainement changé le cours de sa vie.

Très vite remarquée pour son sens de l’organisation et son dévouement, Mélanie est recrutée au domicile de M. Fouchécourt, pour veiller sur son fils.

La rencontre avec Mme Fouchécourt se passe merveilleusement bien puisque Mélanie se montre très sensible à la musique et devient sa tourneuse de pages…

小さな田舎町の肉屋の娘、10歳のメラニーは、ピアノの才能があった。メラニーはコンセルヴァトアールの試験を受けたが落ちてしまった。審査員長である高名なピアニストの、無神経な態度に気が散ってしまったのだ。

絶望したメラニーはピアノをやめてしまった。10年後、研修を受けていたとき、メラニーは彼女の人生を変えた女性の夫である、フシェクール氏と出会った。

仕事ぶりや熱意をかわれ、メラニーはすぐにフシェクール氏の屋敷で息子の面倒をみる仕事をさせてもらうことになった。

フシェクール夫人との再会も無事にすみ、音楽がわかるメラニーは、彼女の譜めくりの役を引き受けることになる。

- ☆ -

要するに、メラニーは、子どものとき、フシェクール夫人であるアリアーヌのせいで、試験に落ちてしまい、10年後にその復讐をする、という映画です。



「譜めくりの女」日本市場向けの予告編

「いったい何があったの?」と気になる方に、日本語市場向けの予告編を紹介します。こちらには試験を受けている子ども時代のメラニーが登場します。

アリアーヌが写真にサインをしているのに気づいて気が散っちゃったみたいですね。

でも、あんなことで気が散るもんでしょうか?コンセルヴァトアールの試験ですよ。みんなもっと音楽に没入しているはず。

というより、なぜ試験中に人が入ってくるのでしょう?

それに、メラニーはピアノの才能があるはずなのにそこまでうまくもないですね。

この映画の監督は、自身もヴィオラ奏者で、国立音楽院の教授なんだそうです。試験のシーンはリアルに作ってあるはずなんですが。

こちらは試験のシーンの抜粋です。

この曲は、この映画用のオリジナルの曲みたいです。

気が散ったあとはボロボロの演奏になっていますが、それは自分の実力がなかったということであり、アリアーヌのせいではないのですよ。このぐらいで心が乱れるようでは、コンサートピアニストにはなれません。

というより、まだ10歳なんですから、いくらでも挽回できましたよね。逆恨みしているとしか思えません。

メラニーを演じたのは、デボラ・フランソワ(Déborah François)というベルギーの女優さんです。この映画では何考えているのかわからないクールな女性を演じていますが、「タイピスト!」では、もっと明るい人になっていました。

「タイピスト!」について⇒映画:「タイピスト!」Populaire(ポピュレール)予告編のフランス語 その1

復讐されるピアニストを演じたのは、有名なカトリーヌ・フロ(Catherine Frot)。この女優さん、何を演じてもうまいですね。

フシェクール氏は弁護士なのですが、とんでもない豪邸に住んでいます。

親子3人なのに、あんないに大きな家が必要なのでしょうか。プールまであるんです。






関連記事

  1. フランス映画

    『サラの鍵』(3)~映画の予告編のフランス語

    フランス映画の予告編でフランス語を学習しています。今回は『サラの鍵…

  2. 家

    フランス映画

    映画 «Dans la maison» 邦題『危険なプロット』予告編のフランス語 その1 

    きょうはおもしろそうな映画の予告編を使ってフランス語の勉強をしました。…

  3. ピンクの花

    フランス映画

    映画、La tete en friche(眠っていた才能):予告編のフランス語(前編)

    フランス映画の予告編でフランス語を学ぶシリーズ。今回は La tête…

  4. パリ

    フランス映画

    親指太郎ってどんな話?「プチ・ニコラ」予告編のフランス語(後編)

    フランス映画の予告編でフランス語を学習するシリーズ。今回は「プチ・ニコ…

  5. 家の前のブランコ

    フランス映画

    映画 Dans la maison 予告編のフランス語 その2 邦題『危険なプロット』

    フランソワ・オゾン監督の最新作«Dans la maison»の予告編…

  6. ニーム

    フランス語入門日記

    続・トリュフォー監督の Les mistons(あこがれ)のmistonとは?~入門日記第10回 

    楽しみながらフランス語の語彙を増やすため、トリュフォー監督の映画のタイ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 『最強のふたり』(2): 型破りの介護人
  2. 場所を表す前置詞dansとsurの使い分け
  3. アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。
  4. アニメ「星の王子さまと私」予告編のフランス語・後編
  5. 冠詞にも前置詞にも見えるdeの話~入門日記第11回
  6. L6 フランスには流しのタクシーがない
  7. フランス語のことわざ5~聞こうとしない人は聞こえない人より始…
  8. “selfie” (自分撮り)~イギ…
  9. 『7つの習慣』のオーディオブックをFebeで買ってみた。
  10. 問い合わせのメールの返事が来ないときの解決法

新しく書いた記事です。

  1. スペインのバロセロナとカンブリスで起きたテロ
  2. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
  3. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  4. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  5. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  6. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
  7. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
  8. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  9. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
  10. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…

おすすめのまとめ記事

  1. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  3. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  4. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  6. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  7. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  9. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  10. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1

フランス語の勉強法とか

  1. ペンディクテ中
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本
  4. penのイラスト
  5. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. 数字

    数字

    フランス語の数字【第23回】~0 – 20の復習
  2. カシオエクスワード XD-N7200

    フランス語の勉強法

    1台目の電子辞書、キヤノンワードタンクがこわれた日
  3. 読書する娘

    フランス語脳プロジェクト

    翻訳をするときの心構え、技術より大切なもの~翻訳講座第12回後半(終)
  4. ガブリエル

    不思議の国のフランス

    天の川イルミネーションを楽しみながら七夕を説明するフランス語を学ぼう
  5. 人魚の像

    フランス語を読む練習

    セイレーンの伝説~自分の歌を歌うこと
PAGE TOP