Le CENTQUATRE

虎と小鳥のフランス日記

芸術性あふれる場『104』「虎と小鳥のフランス日記」第43話

虎と小鳥のフランス日記のバックナンバーのキーフレーズをご紹介しているシリーズ。きょうは第43話です。2012年の3月頃撮影されたものです。

『104』という建物(施設)が舞台です。読み方は「サン・キャトル」



104(サン・キャトルとは?)

サン・キャトルはスポーツ施設と文化施設が融合したようなところ。パリの最先端の芸術を紹介するアートスペース、ビジター参加型アートセンターなどと言えます。

ここには«Résidence d’artiste»が集まっています。レジデンスって、日本だとマンションの名前ですね。でも、ここでのrésidence は、住まいではなく、芸術を保護し活性化させる場所や、体制のことです。

それは、金銭面の支援、作品を発表する場所の提供など、いろいろな形で行われます。

レジスタンス résistance という言葉がありますね。権力や侵略者に対して抵抗することで「抵抗運動」と訳されます。レジデンスも「振興運動」と訳せるかもしれません。

フランスは国の威信をかけて芸術を保護していますので入場は無料です。すごく広くてきれいな場所ですが、無料です。

ただし、催しものによっては個別に観覧料を払う必要があります。

さて、この回はかなり難しいですね~。最初はいいんです。いつもの、ククー、サヴァ、サヴァ、エトワ、なんですけど、建物の中に入ると、カミーユさんがいろいろ説明を始めるのですがこれが難しいです。復習必須ですね。

文法項目として、半過去の受動態の文で主語が倒置してるやつとか、大過去とか、これはキーフレーズに入ってますが、条件法過去とか、sur lequelとかぼんぼん出てきます。

しかも例によってだだ~としゃべってますし。もし、バックナンバー買うならこの回もぜひまぜて下さいね。

では、3つのキーフレーズをチェックしましょう。

3つのキーフレーズ

キーフレーズその1

きょうは『104』へ行くのよ。104って

何かわかる?

Le CENTQUATRE

キーフレーズその2

驚くべきなのは、ここはとても居心地がいいことです(←今私たちは、とても居心地のいい場所にいることです)。

Le CENTQUATRE

この写真じゃわからないでしょうが、廊下を歩いています。このあたりは、昔は葬儀屋さんだったので、今のきれいで明るい雰囲気が驚きなのです。

キーフレーズその3

鏡のトリック(後述)をやってみたかったけれど、この日はお休みだったので

残念。やってみたかったのに。

Le CENTQUATRE

答え
1. …tu sais ce que c’est ?

2. Ce qui est incroyable, c’est que là on est dans une ambiance euh, super agréable et tout.

3. Dommage, j’aurais bien voulu le faire.

キーフレーズをちょっと解説

1.はこのまま覚えるべき表現。

2.Ce qui est incroyable, c’est que…

incroyable(信じられない)なことは、どういうことかというと、c’est que 以下のことである、という構文です。

3.j’aurais voulu le faire.

この文章は一見動詞が三つ並んでいるのでぎょっとします。

aurais < avoirの条件法現在
voulu < vouloir の過去分詞
faire < vouloir faire 「~したい」のfaire

助動詞の条件法現在形+過去分詞⇒条件法過去 です。「やりたかったのに・・(できない)」

何をやりたかったのかというと、faireの前の代名詞leです。この言葉の前に、床に寝ると、それが鏡にうつって、まるで建物にぶらさがっているかのように見えるんだけど、と説明しており、そのトリックを自分でもやってみたかったのです。

鏡のトリックとは?

鏡のトリックはこれです。

1分45秒(ちょっと長いです)

Bâtiment, Leandro Erlich au 104



きょうのアルバム

こんな感じの場所です。

Le CENTQUATRE

右下は黄色いキャビンと呼ばれる、小さな図書室(?)。ほかに託児施設もあります。

ホームページはこちら⇒Le Centquatre-Paris : établissement artistique et culturel innovant

住所:
Le CENTQUATRE
5 rue Curial
Paris (19e arr.)






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. カミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    ヴォージュ広場でかくれんぼ「虎と小鳥のフランス日記」第9話

    毎週1つずつ見ている「虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバー。きょ…

  2. パリの田舎町

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」vol.3 第51話~第75話

    「虎と小鳥のフランス日記」の3つのキーフレーズを書いた記事へのリンクそ…

  3. マルシェ・サンピエール

    虎と小鳥のフランス日記

    マルシェ・サン・ピエールで生地のお買い物~虎と小鳥のフランス日記 第116話

    新しい虎と小鳥が配信されました。今回は、モンマルトルの丘のふも…

  4. カミーユとヴァロンティーナ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」vol.5 第101話~125話

    「虎と小鳥のフランス日記」の各エピソードのキーフレーズを書いた記事への…

  5. サンマルタン運河のカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」目次 vol.6 第126話~第150話

    オットドッグ長らくお待たせしました。「虎と小鳥のフランス日記」…

  6. ニュイ・ブランシュ

    虎と小鳥のフランス日記

    ニュイ・ブランシュ(白夜祭)2013年パリ~「虎と小鳥のフランス日記」第125話

    虎と小鳥のフランス日記の新しいエピソードが届きました。今回はパリのニュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語で知るハロウインの由来。
  2. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  3. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  4. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  5. シャネルを物語る5つの色(後編)
  6. 猛暑をフランス語でなんと言う?
  7. 新学期に関する言葉:かわいいフランス語(128)
  8. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ
  9. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  10. シャネルを物語る5つの色(前編)

おすすめ記事いろいろ

  1. 一口サイズがかわいい、ペ・ド・ノンヌの作り方:フランスのお菓…
  2. 2014年春夏ニューヨークコレクション開幕
  3. 『チョコレート女』La femme chocolat オリビ…
  4. クロード・フランソワ、「陽のあたる月曜日」の訳詞
  5. こんなに簡単でいいの?さくらんぼのクラフティーの作り方~フラ…
  6. そのタイトル、フランス語では何という?『白雪姫』第1回
  7. 歌と訳詞:Un flambeau, Jeanette, Is…
  8. キッチンにあるもの~かわいいフランス語(79)
  9. フランスの幸運のお守り:かわいいフランス語教えます(113)…
  10. フランス語のことわざ57~木はしばしば森を隠す(木を見て森を…

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  2. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  6. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  7. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  8. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  9. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  10. かわいいフランス語、教えます~目次 その4

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP