人魚

フレンチポップスの訳詞

Le chant des sirènes(人魚の歌声)、フレロ・デラヴェガ(歌と訳詞)

前回、かわいいフランス語で思い出にまつわる単語を集めましたので、きょうは郷愁にひたっている歌を紹介します。

タイトルは Le chant des sirènes、歌っているのは、フレロ・デラヴェガFréro Delavega)というフランスの男性デュオです。Le chant des sirènes は、人魚の鳴き声、人魚の歌声、人形の歌、という意味です。

歌詞の中に、souvenirs(スヴニール、思い出)という単語が出てきますし、ほかにも、ネーミングに使えそうな「名詞+形容詞」がいくつかありますので、チェックしてください。



Le chant des sirènes

2014年の曲です

海の中で泳いだり、山の中を走っている様子をおさめたシンプルなPVですね。

それでは和訳に挑戦!

人魚の歌声

公園にいる子どもたち、浜辺にいる子どもたち
風が砂の城をくずしてしまいそうだ
僕の指が作った城を

時間から逃れられる者はいない、ああ
年月は流れ、こだまは逃れていく
ピラ砂丘に

季節の流れのままに、スピード写真のように
僕は昔の薄明かりの中に身をまかせる
季節の流れのままに、たくさんの決心をしてきた
僕は身をまかせる

☆記憶が混ざり合うとき、涙が出てくる
そして、人魚の歌声が僕を冬へ引き戻す
ああ、残酷な憂うつ、か細いハーモニー、孤独な陶酔☆

いくつの茶番を、いくつの過ちを
いくつの傷跡を、いくつの仮面を
僕たちは、あそこに置いてきたのか?

銃を置いて、逃げる
喧騒の中に、静けさを見つける
おぼれてしまう前に

☆~☆ 繰り返し

単語メモ

gamin  子ども、少年、少女 (話)

plage  浜、海岸
・・・ですが、わたくし、ここ、plagiatと聞こえます。plagiatは、(誘拐した子どもや奴隷)の人身売買です。

façonner  こしらえる、作る

épargner  免じる、免除する

hélas ああ(嘆き、悲しみ、絶望、後悔を表す感嘆の声)。名詞で、ためいき という意味もあります。

la Dune du Pilat  ピラ砂丘 
フランスのジロンド県にある砂丘。

photomaton  フォトマトン、自動スピード写真機、スピード写真

lueur ほのかな光、微光

au grès de  ~のままに

se mêler  まざりあう、もつれる

replonger  再びひたす、沈める

fluet  (手足・声などが)か細い  

euphorie  幸福感、陶酔

frasques  無分別な行動、非常識 ☆たいてい複数形
frasques de jeunesse 若気のあやまち

prendre la large  沖合に出る、逃げ出す

vacarme  大騒ぎ、喧騒、騒音

人魚(sirène)という単語についてもっと追求したい方はこちらをどうぞ⇒『人魚姫』はフランス語で何と言う? 第4回

***
Au gré des saisons, des photomatons
Au gré des saisons, des décisions

の箇所の、des photomatons と des décisions は、Au gré にかかっている、と解釈して訳しています。

過去のできごとは、スピード写真機でとった写真のようであり、また、日々の決心の積み重ねでもある、ということです。

photomaton は、駅前なんかにあるスピード写真を取る設備・装置です。

映画「アメリ」において、重要な小道具として使われていました。

アメリについて⇒映画『アメリ』の予告編のフランス語

歌詞に出てくる動詞は、みな現在形で、1つだけ複合過去があります。

Combien de farces, …..
Avons-nous laissé là-bas

直訳:いくつの茶番を~、私達はみんなあそこに置いてきましたか?
「あそこ」とは特定の場所ではなく、過ぎ去った時間の中にある世界、つまり過去です。

文法や構文は難しくなく、いろいろな単語を拾える歌だと思います。



フレロ・デラヴェガについて

フレロ・デラヴェガ(Fréro Delavega)は、このまま訳すと、「デラヴェガの弟」という意味になるかと思います。

frérot は口語で、「弟」という意味です。

しかし、実際は、Jérémy Frérot(ジェレミー・フレロ)と Florian Delavega (フロリヤン・デラヴェガ)という男性2人の名字をとってつけられたグループ名です。

この2人は、フランスのThe Voiceをというオーディション番組で注目を集め、デビューしました。

デビューアルバムは、Fréro Delavega というグループ名がタイトルになったもので、このアルバムから5枚シングルカットされています。

Le chant des sirènes はその中でも、一番ヒットした曲で、彼らの代表曲と呼べるでしょう。

アコースティックな曲調で、きれいな曲が多いです。

特筆すべきなのは、ひじょうにフランス語が聞き取りやすいことです。

いっしょに口ずさんでいるうちに、単語を覚えてしまいそうです。勉強に疲れている方は一度耳を傾けてみてください。

デビューアルバムには英語の歌も数曲、入っております。こちらもなかなかよいです。

☆思い出に関する言葉を集めた記事⇒思い出・記憶に関係のある言葉:かわいいフランス語(123)

******
今回は、フレロ・デラヴェガの曲を紹介しました。

男性の二人組はあまり多くないですね。

いまぱっと思い出すのは、サイモンとガーファンクル、ホール&オーツ、ビリー・バンバン、狩人、それと歌手じゃありませんが、セサミストリートのバートとアーニーぐらいです。

フレロ・デラヴェガの2人は仲のよい友達同士のようです。これからも美しい曲をたくさん歌ってもらいたいですね。






思い出の写真思い出・記憶に関係のある言葉:かわいいフランス語(123)前のページ

ヨーロッパを襲った大寒波(2018)次のページ降雪

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。

関連記事

  1. おとぎ話の本

    フレンチポップスの訳詞

    月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)

    1+70年に発売されたフランソワーズ・アルディのアルバム、Soleil…

  2. 黒い鳥

    フレンチポップスの訳詞

    『遠くの森で』~フランスの童謡、歌と訳詞

    きょうは童謡のご紹介です。童謡は歌と訳詞:Dansons la…

  3. アイリッシュハープを弾く女性

    フレンチポップスの訳詞

    Entre ses bras (腕の中で)セシル・コルベルとポム:歌と訳詞

    ブルターニュ出身の歌手、セシル・コルベルが、ポムという女性歌手といっし…

  4. 少女
  5. ヨット
  6. 自転車に乗るカップル

    フレンチポップスの訳詞

    恋はジタンの香り(シルヴィ・バルタン)歌と訳詞

    シルヴィ・バルタンの1981年のヒット曲、L’amour c’est …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP