目覚まし時計

フランス語脳プロジェクト

海外組の弱みと強み

私はカナダの英語圏に住んでいます。

15分後に、教材制作チームの海外グループの第1回翻訳会議に参加するので、歌詞をチェックしているところです。

今回は、この翻訳会議について思うところを書きます。



時差があるんですけど

翻訳会議はスカイプを利用します。

すでに何度もミーティングをしているグループもあるようです。が、我が海外グループはそれぞれが違う時間帯に住んでいることもあり、今回が初のミーティング。

本日のミーティングは日本時間の4月21日の午後9時開始。

私の場合、朝の6時です。

たまたまきょうはイースター・マンデーで祝日のため、家族はまだ寝ています。でもふだんですと、6時台は朝食を用意したり、弁当作ったりと忙しいのですね。

実は別の件で、2週間ぐらい前にあったスカイプミーティングにも出席しました。そちらは平日の日本時間、午後8時開始。つまり朝の5時です。このときは、会議が始まってすぐ、自分の言いたいことを、ひそひそ声で発言し、あとはミュートボタンを押したまま放置してました。

私の住んでいるところは、今デイライトセイビングタイムですから、日本より15時間遅れ。フランスからは8時間遅れています。

こっちが夜の8時のとき、日本は朝の11時、フランスは朝の4時。こんな時間にはふつうスカイプなんてしませんよね。

そんなわけで、これまではスカイプ・ミーティングにはろくに出席していませんでした。でも、今回はサブ・リーダーですからね。出なきゃ話になりません。

私はふだん朝の4時には起きているので、5時や6時にスカイプすることは問題ではありません。ただ、早朝パソコンにむかってしゃべっているとうるさいらしくて、家族から文句が出ます。

そりゃそうでしょう。なるべくひそひそとしゃべっていますけど、同じフロアなので聞こえてしまうのです。私、自分の部屋というものを持っておらず、居間にパソコンを置いています。

それでなくても、ふだん4時からタイプをパタパタ打っているので、迷惑がられています。いつも早朝にブログを更新していますから。

最近、スカイプまで始めてしまって、風当たりの強いこと。でも早朝以外に時間を捻出するのが難しく、悩ましいところです。



やっぱりその場にいたいから

先生が主催されるスカイプ・ミーティングは、後日、録音が配布されます。

だから、無理して出なくてもいいのですが、最近、「その場にいることと、あとで録音を聞くことには大きな差がある」、と思うようになりました。それは当事者と傍観者の違いです。

このような問題があると、海外に住んでいると不利だなあと思います。また、日本にいれば、リアルのオフ会やミーティングに出席できますけど、私はできません。

コミュニティ活動を始めてから、もう一つ感じることがあります。「日本にいる人は、海外組が違う時間帯で生活しているという発想が全く出てこない」、ということです。

何でも日本時間で進んで行くんです。でも、これはべつに批判しているわけではありません。当然のことですから。自分が逆の立場に入れば、同じ発想になっているはずです。どんなことでも当事者にならないと、ピンと来ませんよね。

「人間は当事者にならない限り、人の立場で考えることなんてできないものだ」と日々、実感しています。

こんな視点を持てるのは、海外に住んでいるからこそでしょうね。そういう意味では海外に住んでいてよかったとも言えます。

現実問題として、自分が海外にいるという状況は変えられません。

「弱みは強みに変わる」、そう信じて前に進みます。






ギャラリー『20の瞳』パリ20区のギャラリー『20の瞳』~「虎と小鳥のフランス日記」第147話前のページ

2014年春夏のトレンド・カラー~その2次のページ色見本

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ノート

    フランス語脳プロジェクト

    鳥の目になろう~翻訳のコツ

    翻訳者養成プロジェクトの第3回の授業を聞きました。今回私が学ん…

  2. 鉛筆削り

    フランス語脳プロジェクト

    d’ailleurs の訳し方のコツ~翻訳講座第12回前半

    清水先生の翻訳講座、第12回の受講メモです。この回は、水林章先生の「メ…

  3. アリ

    フランス語脳プロジェクト

    日本語はフランス語に比べて否定表現が多い。

    翻訳者養成プロジェクトの第7回の授業を聞きました。今回とりあげ…

  4. 文法講座のテキスト

    フランス語の教材

    フランス語脳プロジェクトのPDFの管理、3つの方法

    私はフランス語脳プロジェクトというインターネットの講座でフランス語を学…

  5. ノート

    フランス語脳プロジェクト

    冠詞の理解を深める~仏作文力養成講座第3回 後半

    仏作文力養成講座第3回後半の受講メモです。後半は冠詞(…

  6. 虎と小鳥のPARIS探訪

    虎と小鳥のフランス日記

    ついに電子書籍発売!~虎と小鳥のパリ探訪

    ★2014年9月30日追記:「虎と小鳥のフランス日記」の配信の終了に伴…

コメント

  1. Penさん、こんにちは!
    「日本にいる人は、海外組が違う時間帯で生活しているという発想が全く出てこない」という言葉、私は逆の立場でまったくその通りでした。

    私は在仏で今スカイプ講座を受講中ですが「日本時間での受講です」と書かれていたにも関わらず、途中でサマータイムに入るのをすっかり忘れていて、時間の調整ができず先生に時間を変更していただいたくらいです。

    何事も自分とその世界を中心に考えてしまう、という癖を認識した出来事でした。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 4月 25日

      ユッキッキさん、こんにちは。
      ああ、スカイプの時間ね。ミスしがちなんですよね。
      サマータイムがあると尚更ですね。

      まあ、ごくふつうにしてると、自分が世界の中心になってしまうんですよね。せめて、相手にも立場がある、ということを考えられるようになりたいと思っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ギロチンの歴史(前編)
  2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 日めくりとpen

アーカイブ

PAGE TOP