ヴェルサイユ宮殿

フランスにまつわるあれこれ

ヴェルサイユ宮殿って何ですか?

フランスに興味がない人でも、エッフェル塔、シャンゼリゼ、ヴェルサイユ宮殿、ルーブル美術館あたりは知っていると思います。

ですが、子供に、「ヴェルサイユって何?」と聞かれたら、「パリにあるキラキラしたお城だ」ぐらいしか答えられなかったりしませんか?

そんな時のために、ヴェルサイユについて最低限の知識を教えてくれる、1jour1questionの動画を紹介します。



ヴェルサイユ宮殿とは?

1分42秒。

トランスクリプト

À quoi ça sert ? Ça veut dire quoi ça ? Pourquoi c’est comme ça ? C’est où ? C’est qui lui ? Un jour, une question !

C’est quoi le château de Versailles ?

À la fin du XVIIe siècle, le roi de France, Louis XIV, veut un lieu de vie à l’image de son emblème, le soleil.

Alors il fait transformer en château le pavillon de chasse de son père Louis XIII. Celui-ci est situé à 30 km de Paris, à Versailles.

De 1682 à 1715, Louis XIV y vit entouré de ses courtisans et de son gouvernement.

Mais qu’a-t-il de si spécial, ce château ?

Il est grandiose. Louis XIV voit les choses en grand.

Bâtiments majestueux et parc de 8000 hectares : 10 fois plus grand qu’à l’heure actuelle !

De nos jours, Versailles est en troisième position des lieux les plus visités de France, devant la Tour Eiffel !

Chaque année, des millions de touristes viennent y contempler la célèbre galerie des Glaces et ses 357 miroirs.

Mais aussi l’appartement du roi, composé d’une succession de salons et de la fastueuse chambre royale.

Dehors il peuvent admirer les jardins à la française, le grand canal en forme de croix et les fontaines alimentées par d’astucieux systèmes imaginés par Le Nôtre, le jardinier du roi soleil.

En 1837, le roi Louis-Philippe a créé le musée de l’histoire de France au cœur du château.

Aujourd’hui Versailles appartient à la République française, qui l’utilise dans de grandes occasions.

Comme en 1919, quand le traité de paix mettant fin à la Première Guerre mondiale a été signé dans la galerie des Glaces.

Son nom ? Le traité de Versailles !

Tu te poses des questions ? Nous, on y répond !

トランスクリプトの引用元⇒Ilini | What’s the Palace of Versailles?

和訳

それは何の役にたつの? それはどういう意味? どうしてそうなるの? それはどこ? その人は誰? Un jour, une question(1日、1つの質問)。

ヴェルサイユ宮殿って何ですか?

17世紀の終わり、フランスの国王、ルイ14世は、自分を表す太陽のイメージをもつ家が欲しいと思いました。

そこで、彼は、父のルイ13世の狩り用の住宅を城に変えました。それは、パリから30キロのところにあるヴェルサイユにあります。

1682年から1715年まで、ルイ14世はここで、廷臣と自身の政府の人間に囲まれて暮らしました。

この城は、何がそんなに特別なのでしょうか?

この宮殿は壮大です。ルイ14世は、スケールの大きなことを考えていました。

建物は荘厳で、8000ヘクタールの庭がありました。現在の宮殿の10倍の広さです。

今日、ヴェルサイユは、フランスで観光客がよく訪れる3番目の場所で、次がエッフェル塔です。

毎年、何百万人ものツーリストが、かの有名な鏡の回廊と357の鏡をじっくり見るためにやってきます。

さらに、控えの間と、有名な王の寝室からなる、王の続き部屋も見学します。

外にあるフランス式庭園を眺めることもできます。十字形の大きな運河と噴水は、王の庭師だったノートルが考え出した巧みなシステムによって給水されています。

1837年、ルイ・フィリップ王はヴェルサイユ宮殿のまんなかに、歴史美術館(ヴェルサイユ歴史回廊)を作りました。

現在、ヴェルサイユ宮殿は、フランス政府のもので、大きなイベントに使われています。

たとえば、1919年、第一次世界大戦が終わった後、鏡の回廊で平和条約が調印されました。

その名前とは? ヴェルサイユ条約です。

単語メモ

à l’image de qc/qn  ~に似せて、ならって

pavillon 独立家屋、 一戸建ての射て;小屋

voir les choses en grand  大きな視野でものごとを見る

contempler  熟視する、観察する

alimenter  ~に必要なものを供給する



ヴェルサイユ、関連動画

ヴェルサイユ宮殿の歴史、ルイ13世の時代からフランス革命まで。

3分25秒。

フランス革命以後。

2分40秒

■関連記事もどうぞ。

造園家・アンドレ・ル・ノートル生誕400周年

ヴェルサイユ宮殿のコスプレピクニックが大人気

マリー・アントワネット、世界のイコン

おすすめの本。

なぜ、ルイ14世がヴェルサイユ宮殿を作ったのか考察している本です。

この夏、キンドル版を読みましたが、素人にもよくわかるように書いてあって、おもしろく、するする読めました。

*****

前回、マリー・アントワネットの記事を書きましたので、今回はヴェルサイユ宮殿がトピックの動画を紹介しました。

ルイ14世は、自分の名前を不滅にするため、思い切ったスケールの宮殿を作ったのでしょう。

今のところ、彼の名前はとどろいていますね。

建物は老朽化しますから、この先どうなるかわかりませんが、フランスがある限り、改築しながら、存続させるのでしょうね。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. パリの花火

    フランスにまつわるあれこれ

    なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?

    7月14日は言わずと知れた、フランスの革命記念日であり、国民の祝日です…

  2. 布のメッシュ袋に入れたフルーツ

    フランスにまつわるあれこれ

    ゼロ・ウエイスト(Zéro déchet)とは?

    持続可能な社会をめざし、ゴミを出さない生活を心がけるゼロ・ウエイスト(…

  3. エッフェル塔

    フランスにまつわるあれこれ

    パリのエッフェル塔の楽しみ方。

    エッフェル塔は、パリにある有名なタワー(塔)です。パリのみなら…

  4. オリーブの小枝

    フランスにまつわるあれこれ

    アカデミー・フランセーズとは その2

    アカデミー・フランセーズの記事の和訳の続きです。タイトルは…

  5. エッフェル塔のイラスト

    フランスにまつわるあれこれ

    パリの20の行政区~第4回~グランパリ計画

    パリの行政区めぐり、第4回です。前回は、なぜ、パリの区の番号が…

  6. キャラバン・ショップ

    フランスにまつわるあれこれ

    パリのキャラバン・ショップのすべてをあなたに

    「虎と小鳥のフランス日記」第103話で登場したキャラバン・ショップのサ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 1918年の11月11日に起きたこと。
  2. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  3. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)
  4. ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)
  5. 夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ない…
  6. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  7. マリー・アントワネット、世界のイコン
  8. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  9. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)
  10. 男と女 人生最良の日々(2019):予告編のフランス語

おすすめ記事いろいろ

  1. 求職中の人は口座維持費が無料に。CIC(フランスの銀行)のC…
  2. 2013年秋冬ファッションのトレンド その5~マニッシュスタ…
  3. フランスの母の日は、5月の最終日曜日。こんな経緯で生まれまし…
  4. フランソワーズ・アルディ:1日の最初の幸せ(Le premi…
  5. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  6. L30 フランス人の日本への関心
  7. 『パリ20区、僕たちのクラス』で接続法半過去を学ぶ:予告編の…
  8. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
  9. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  10. 映画『シチズンフォー』のレビュー:なぜエドワード・スノーデン…

おすすめのまとめ記事

  1. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  2. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  3. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  5. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  6. フランス語のことわざ~目次 その2
  7. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  8. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  9. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  10. ハロウィン関連記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP