クリスマス

フレンチポップスの訳詞

歌と訳詞:プチ・ギャルソン(小さな男の子)

クリスマスにちなんだ曲をご紹介します。

1960年代に発売され、今も歌いつがれている Petit Garçon (小さな男の子)というシンプルな歌。

歌詞を見ると、petit garçon は呼びかけで使っているので、「ぼうや」と訳したほうがいいかもしれないのですが。

まずは聞いてください。
歌はGraeme Allwright(グレアム・オールライト)

ノスタルジックですね。
それでは訳詞に挑戦!



Petit Garçon (小さな男の子)

Dans son manteau rouge et blanc
Sur un traîneau porté par le vent
Il descendra par la cheminée
Petit garçon, il est l’heure d’aller se coucher

赤と白の服を着て
風に運ばれるそりに乗って
彼は煙突を降りてくるよ
ぼうや、もう寝る時間だよ

Tes yeux se voilent
Écoute les étoiles
Tout est calme, reposé
Entends-tu les clochettes tintinnabuler

★君は目をつむる
星の音を聞きながら
すべては静かで穏やかだ
鈴の音が聞こえるかい?★

☆明日の朝になったら
上履きの中に
きみが夢見たおもちゃが全部入ってる
ぼうや、もう寝る時間だよ☆

★~★ 繰り返し
☆~☆ 繰り返し

単語メモ

porter 運ぶ

se voiler ヴェールをかける この場合はまぶたがおりるという感じかと思います。

tintinnabuler 鈴のような音をたてる、チリンチリンと鳴る

chausson 上靴、上履き、スリッパ
室内履きのことです。

クリスマスプレゼントはツリーの下に置かれるのが一般的だと思いますが、地方や家庭によっては、暖炉の前に自分の靴を置いておくと、そのまわりにだーっと置かれるらしです。

文法ワンポイント dont

Tous les jouets dont tu as rêvé
君がほしいすべてのおもちゃ

dont は 前置詞 de (~の)を含む関係代名詞です。
この場合の dont = (as rêvé) de tous les jouets

rêver de ~を夢みる、渇望する
société dont je rêve 私が夢に描く社会

dont 他の例
Voilà le livre dont je vous ai parlé.
これがあなたに話していた本です。

le médicament dont j’ai besoin
私が必要な薬
(avoir besoin de ~が必要)

補足

サンタクロースのそり

歌詞を見ると、まるでサンタクロースがそりごと、煙突からおりてくるように思えるかもしれませんが(そんな人はいないでしょうか?)、サンタは、屋根の上にそりを置いて、煙突を降りてきます。

Graeme Allwright(グレアム・オールライト)

Graeme Allwright(1926-)は、ニュージーランドのウエリントンの生まれで、22歳のときにフランスに引っ越してきました。

1960年代に、レナード・コーエンや、ピート・シガーなどのたくさんの英語の曲をフランス語に訳して歌っていました。

この曲のオリジナルはアメリカのカントリー・シンガー、ロジャー・ミラーが1967年に出した、Old Toy Trains(おなじみのおもちゃの汽車)という曲です。

それをグレアム・オールライトがフランス語に訳したのがPetit Garçon.彼はもともとはフランスの人ではないので、名前がイギリス風なのです。

ところで、Graemeというイギリスの男性の名前ですが、カタカナで書くのがひじょうに難しい名前の1つ。

私は「グレアム」としましたが「グレーム」と書かれる場合もあります。グラエムとグレアムのあいだみたいな音です。

発音例⇒ ▲マークを押すと音が聞こえます。

Petit Garçon 歌詞つき動画

一緒に歌う方はこちらをどうぞ
歌詞に出てくる物の画像もあり、わかりやすいです。



オリジナル Old Toy Trains

ロジャー・ミラーのオリジナル

歌詞の内容はだいたい同じ。

冒頭は

Old toy trains
Little toy tracks
Little boy toys
Coming from a sack

Carried by a man
Dressed in white and red
Little boy, don’t you think it’s time you were in bed?

おなじみのおもちゃの汽車
小さな線路
男の子のおもちゃ
袋から出てくるよ

白と赤い服を着た
おじさんが運んでくる
ぼうや、もう寝てる時間じゃないのかい?

いかがでしたか?
グレアム・オールライトはフォーク、ロジャー・はカントリー風ですが、どちらもいい感じですね。

RMは当時2歳の自分の息子のためにこの曲を書きました。
ディーンという名前のこの息子さん。後にカントリーシンガーとなり、今も現役ですが、父親ほど成功はしていません。






関連記事

  1. 青い空と海
  2. サンタクロース

    フレンチポップスの訳詞

    プチ・パパ・ノエルはフランスのクリスマスソングの定番:歌と訳詞

    フランスの子どもたちがもっともよく歌う、クリスマスの歌、Petit P…

  3. 鳥と海

    フレンチポップスの訳詞

    鳥と子ども(L’oiseau et l’enfant)キッズユナイテッド:歌…

    キッズユナイテッド(Kids United)の2016年のヒット曲、鳥…

  4. 春の花

    フランスの暦、年中行事

    ステイシー・ケントの「3月の水」(歌と訳詞)

    ジョルジュ・ムスタキの Les eaux de mars 「3月の水」…

  5. オリーブ

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その2

    ジルベール・ベコーの「故郷の9月」の歌詞を訳しています。ベコー…

  6. 家の前のブランコ

    フレンチポップスの訳詞

    Le Bonheur (幸せ)~ベリー:歌と訳詞

    フランスの女性歌手、ベリーの«Le Bonheur» (幸せ)という曲…

コメント

    • うさぎのぎい
    • 2014年 12月 24日

    Petit Garçonはホンワカした歌で、こんな歌もあったのかと感じいって何度も聴き入ってしまいました。歌詞付動画でフンフンなるほどこう言っているのかと大助かりです。(毎々初心者向けのご配慮有難うございます)attendreもiが入るか入らないかで、ヒャーぁこんな意味が違うの?とこの先の勉強を思い知らされた次第です。カエルも鳩もgrenouilleとpigeonしか知らず。。。でも、日本語でもアマガエルもいれば、トノサマガエルもいる訳でフランスでもカエルの種類によって呼び名が違うよなと変に納得しましたが、違いが日本語のように何とかグルヌイユ、何とかピジョンであったら助かるよなと思ったりして。
    また、クリスマスシーズンに相応しい話題(単語)、本当に有り難うございます。(冬のオリンピックの種目のリュージュ、そうだよなぁあれは橇だよな、フランス語だったの?と初めて知り、これまた感謝しております)

      • フランス語愛好家
      • 2014年 12月 25日

      うさぎのぎいさん、こんにちは。

      そうですね。とってもほんわかした歌ですね。
      心がほっこりしますから、私も好きです。

      attendre atteindre 外国人から見るとそっくりですが、
      日本語でもそういうのいくつもありますよね。
      ようかんと旅館とか。

      日本語ネイティブならまず間違えませんが。

      きょう、明日もクリスマスの話題にしました。
      また読んでいただけますとうれしいです。

    • 樋沼達雄
    • 2014年 12月 25日

    Pen さん ご覧になったかもしれませんが、Petit garcon の思い出を綴ったフランス人のエッセーです。
    (pen追記:リンク先が間違っていたので削除しました 2014/12/26)

      • フランス語愛好家
      • 2014年 12月 26日

      樋沼さん、こんにちは。

      あの、リンク先、ペイパルになっているのですが。
      ご希望があれば、コメント編集してリンク消しますが。

      よろしくお願いします。

      pen

    • 樋沼達雄
    • 2014年 12月 26日

    リン先がペイパルがなっていましたがこれは間違いです。消していただけないでしょうか。

    • 樋沼達雄
    • 2014年 12月 26日

    http://www.culture-chronique.com/chronique.htm?chroniqueid=427&typeid=5
    にPetit Garcon のエッセーが出ています。 すみませんでした。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 12月 26日

      樋沼さん

      こんにちは。エッセイのご紹介ありがとうございました。

      この人は6歳のとき、もうサンタがいないことを知っていたのですね。早熟ですね。

      娘は何歳まで信じていたか聞いてみようと思います。今の子どもはまわりに情報があふれすぎているので、サンタマジックがすぐにとけてしまうでしょうね。

      最初のリンクは削除しました。
      コメントありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. L7 フランスのホテル事情
  2. 初めて買った教材はラジオ講座のテキスト~入門日記第4回
  3. サムライギタリストMIYAVI、ナッシュビルの魅力を語る(後…
  4. L20 バイリンガルになるには?
  5. ラ・セーヌ~ヴァネッサ・パラディとM、歌と訳詞
  6. 『最強のふたり』(3): 逃げ出したいと思わないか?
  7. スパイスとハーブ(1)かわいいフランス語教えます~その57 …
  8. 『楽しいムーミン一家』のテーマソング、フランス語バージョンの…
  9. フランス語の会話で日本人が1番苦手なこととは?~『不思議の国…
  10. 2013年春夏ファッションのトレンドその1~和柄

新しく書いた記事です。

  1. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
  2. アメリカ・ラスベガスで起きたアメリカ史上最悪の銃撃事件。
  3. 初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント…
  4. アリゼ:À cause de l’automne…
  5. このブログの更新の通知を受け取る方法
  6. 美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?
  7. 一口サイズがかわいい、ペ・ド・ノンヌの作り方:フランスのお菓…
  8. ヨーロッパ文化遺産の日とはどんな日でしょうか?
  9. 2017年秋季仏検受付開始~仏検関連記事とおすすめサイト
  10. 学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  2. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  3. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  4. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  5. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  6. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  7. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  8. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  10. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)

フランス語の勉強法とか

  1. penのイラスト
  2. 黒板
  3. 黒板
  4. ペンディクテ中
  5. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. パリ

    フレンチポップスの訳詞

    インディラの「最後のダンス(Derniere Danse)」:歌と訳詞
  2. ハロウイン

    フランス語の語彙

    ハロウィンにまつわる単語 その1
  3. 自然

    フレンチポップスの訳詞

    歌:グリーン・ウォッシング – Tryo(トリヨ) その2/2
  4. サン・トロペ

    フランスのお菓子

    サン・トロペ名物、タルト・トロペジエンヌのレシピと作り方~フランスのお菓子(5)…
  5. 星

    時事ニュース

    星になったデヴィッド・ボウイ
PAGE TOP