ワイヤ

フランス映画・テレビ

『サラの鍵』(2)~映画の予告編のフランス語

邦題、『サラの鍵』、原題がElle s’appelait Sarah (彼女はサラという名前だった)という映画の予告編、2回めです。今回は予告編のまんなかあたりをチェックします。また、著者のタチアナ・ド・ロネを紹介しています。



Elle s’appelait Sarah『サラの鍵』予告編

今回は36秒から56秒のあたりまです。

Tu cherches quoi en fait?
Je n’en sais rien.

Monsieur, je vous en supplie. Faites ce que vous voulez de moi, mais n’emmenez pas
mes enfants. Je vous en supplie.

J’apprécierais que vous cessiez de vous occuper d’histoires qui ne vous regardent pas.

Ça fait plus de 50 ans qu’il n’a pas eu de contacts avec elle.

本当は何を探しているの?
わからないわ。

お願いします。私は何でも好きなようにしてください。でも、子どもたちは連れて行かないでください。お願いします。

あなたに関係のない話に首をつっこむのはやめていただけませんか。

彼女の消息が途絶えてから50年以上たちます。

スクリプトはこちら⇒Bande-annonce: Elle s'appelait Sarah

映画の概要については初回の記事をどうぞ⇒『サラの鍵』(1)~映画の予告編のフランス語

単語メモ

supplie < supplier 懇願する、哀願する、強く頼む
Je vous en supplie.
お願いです。

apprécierais  apprécier の条件法現在 丁寧な言い方
~していただけるとありがたいのですが

cessiez cesser の接続法
cesser de+inf. ~することをやめる

occuper 従事する

regarder ~にかかわる、関係がある
Cela ne vous regarde pas.
それはあなたに関係のないことです。

contact 人との接触、連絡



Tatiana de Rosnay タチアナ・ド・ロネ

この映画の原作を書いた、作家、タチアナ・ド・ロネは、1961年、パリ生まれ。父親はロシア系フランス人の科学者、ジョエル・ド・ロネ、母親はイギリス人で、この人はグラッドウィン・ジェブ (初代グラッドウィン男爵)というイギリスの外交官の娘です。

タチアナというのはロシアの名前ですね。

ほかにも、親類縁者に、学者や画家などがいる名門と言える家に生まれたタチアナはボストンとパリで教育を受けました。そのため、英語もフランス語も話します。

イギリスのイースト・アングリア大学で英文学を専攻。卒業後パリで、ジャーナリストを経て作家になりました。

こちらはタチアナ・ド・ロネがフランス語で自身のことを話している動画です。

こちらは Elle s’appelait Sarah という作品について英語で語っている動画です。

この小説の主人公はジャーナリストなのですが、彼女自身もジャーナリストだったので、その体験が投影されているかもしれません。

映画で、英語とフランス語にたけたジャーナリストを演じるのは、クリスティン・スコット・トーマスです。

彼女のことはこちらに詳しく書いています。
映画 Dans la maison 予告編のフランス語 その2 邦題『危険なプロット』

前回、フランス語版や翻訳の本を紹介しましたので、きょうは英語版のSalah’s key の本へリンクします。

CDや、キンドル版もありますので、英語を学びたい方にもおすすめです。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ピアノ

    フランス映画・テレビ

    『ずっとあなたを愛している』(後編)~予告編のフランス語

    息子を殺した罪で15年服役したあと出所したジュリエットの物語、「ずっと…

  2. スマーフ

    時事ニュース

    スマーフたちと失われた村(2017年アニメーション映画)の紹介

    フランスの子ども新聞、1jour1actuの記事からスマーフの新しいア…

  3. 教室

    フランス映画・テレビ

    『パリ20区、僕たちのクラス』で条件法現在を学ぶ:予告編のフランス語(2)

    フランス映画の予告編を使ってフランス語を学習するシリーズ。先週から、E…

  4. 修道院

    フランス映画・テレビ

    『奇跡のひと マリーとマルグリット』(前編)~予告編のフランス語

    フランス映画の予告編のスクリプトを使ってフランス語を学ぶシリーズ。きょ…

  5. 楽譜

    フランス映画・テレビ

    映画『コーラス』(後編)予告編のフランス語

    「コーラス」というフランス映画のスクリプトでフランス語を勉強しています…

  6. 太陽と鳥

    フランス映画・テレビ

    映画 Stella (ステラ)予告編のフランス語 その2

    映画Stella (ステラ)の予告編を使ってフランス語の勉強をしました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語の学習に役立つおすすめの本
  2. 新しいもの:かわいいフランス語(130)
  3. エピファニー(公現祭)とはどんな意味?
  4. 今年はフランス語をがんばるぞ、という新年の目標を達成するには…
  5. サンタクロースがやってきた:ペッパピッグで学ぶフランス語(3…
  6. クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)
  7. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  8. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  9. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  10. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…

おすすめ記事いろいろ

  1. ドビュッシーの生涯~前編
  2. 歌と訳詞:Amoureuse(恋人)ヴェロニク・サンソン
  3. 予断を許さない2017年フランス大統領選挙。各候補者の支持率…
  4. みんなめがねをかけている~アルフレッド・ド・ミュッセ(名言そ…
  5. ダウン症の従業員が6人いるナントのちょっと特別なレストラン。…
  6. フランス人は働くことが好きなのでしょうか?
  7. 緑色の猫、その正体は?
  8. オーストラリアのシドニー近辺、強風と集中豪雨に襲われ3人死亡…
  9. 不正会計処理問題で東芝の社長が辞任
  10. トリュフォー監督の Les mistons(あこがれ)のmi…

おすすめのまとめ記事

  1. ニュースの記事のまとめ(2)
  2. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  3. フランス語のことわざ~目次 その1
  4. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  5. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  6. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  7. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  8. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  9. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  10. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP