ワイヤ

フランス映画

『サラの鍵』(2)~映画の予告編のフランス語

邦題、『サラの鍵』、原題がElle s’appelait Sarah (彼女はサラという名前だった)という映画の予告編、2回めです。今回は予告編のまんなかあたりをチェックします。また、著者のタチアナ・ド・ロネを紹介しています。



Elle s’appelait Sarah『サラの鍵』予告編

今回は36秒から56秒のあたりまです。

Tu cherches quoi en fait?
Je n’en sais rien.

Monsieur, je vous en supplie. Faites ce que vous voulez de moi, mais n’emmenez pas
mes enfants. Je vous en supplie.

J’apprécierais que vous cessiez de vous occuper d’histoires qui ne vous regardent pas.

Ça fait plus de 50 ans qu’il n’a pas eu de contacts avec elle.

本当は何を探しているの?
わからないわ。

お願いします。私は何でも好きなようにしてください。でも、子どもたちは連れて行かないでください。お願いします。

あなたに関係のない話に首をつっこむのはやめていただけませんか。

彼女の消息が途絶えてから50年以上たちます。

スクリプトはこちら⇒Bande-annonce: Elle s'appelait Sarah

映画の概要については初回の記事をどうぞ⇒『サラの鍵』(1)~映画の予告編のフランス語

単語メモ

supplie < supplier 懇願する、哀願する、強く頼む
Je vous en supplie.
お願いです。

apprécierais  apprécier の条件法現在 丁寧な言い方
~していただけるとありがたいのですが

cessiez cesser の接続法
cesser de+inf. ~することをやめる

occuper 従事する

regarder ~にかかわる、関係がある
Cela ne vous regarde pas.
それはあなたに関係のないことです。

contact 人との接触、連絡



Tatiana de Rosnay タチアナ・ド・ロネ

この映画の原作を書いた、作家、タチアナ・ド・ロネは、1961年、パリ生まれ。父親はロシア系フランス人の科学者、ジョエル・ド・ロネ、母親はイギリス人で、この人はグラッドウィン・ジェブ (初代グラッドウィン男爵)というイギリスの外交官の娘です。

タチアナというのはロシアの名前ですね。

ほかにも、親類縁者に、学者や画家などがいる名門と言える家に生まれたタチアナはボストンとパリで教育を受けました。そのため、英語もフランス語も話します。

イギリスのイースト・アングリア大学で英文学を専攻。卒業後パリで、ジャーナリストを経て作家になりました。

こちらはタチアナ・ド・ロネがフランス語で自身のことを話している動画です。

こちらは Elle s’appelait Sarah という作品について英語で語っている動画です。

この小説の主人公はジャーナリストなのですが、彼女自身もジャーナリストだったので、その体験が投影されているかもしれません。

映画で、英語とフランス語にたけたジャーナリストを演じるのは、クリスティン・スコット・トーマスです。

彼女のことはこちらに詳しく書いています。
映画 Dans la maison 予告編のフランス語 その2 邦題『危険なプロット』

前回、フランス語版や翻訳の本を紹介しましたので、きょうは英語版のSalah’s key の本へリンクします。

CDや、キンドル版もありますので、英語を学びたい方にもおすすめです。






関連記事

  1. 鳩時計

    フランス語を読む練習

    アニメ:『ジャックと機械じかけの心臓』~その1

    きょうは子ども新聞の映画に関する記事の和訳です。記事のタイトル…

  2. 楽譜

    フランス映画

    映画『コーラス』(後編)予告編のフランス語

    「コーラス」というフランス映画のスクリプトでフランス語を勉強しています…

  3. 灯台

    フランス映画

    ロング・エンゲージメント:予告編のフランス語

    2004年のフランス映画 Un long dimanche de fi…

  4. 教室

    フランス映画

    『パリ20区、僕たちのクラス』で条件法現在を学ぶ:予告編のフランス語(2)

    フランス映画の予告編を使ってフランス語を学習するシリーズ。先週から、E…

  5. ニーム

    フランス語入門日記

    続・トリュフォー監督の Les mistons(あこがれ)のmistonとは?~入門日記第10回 

    楽しみながらフランス語の語彙を増やすため、トリュフォー監督の映画のタイ…

  6. 古い鍵

    フランス映画

    『サラの鍵』(1)~映画の予告編のフランス語

    Elle s'appelait Sarah (彼女はサラという名前だっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. トリュフォー監督の処女作は『ある訪問』~入門日記第8回
  2. 父の日の贈り物のアイデア~かわいいフランス語教えます(73)…
  3. シャネルは女性の服に革命を起こした:シャネルの物語(3)
  4. 浴衣(ゆかた)の着方をフランス語で説明する~1人で簡単に着つ…
  5. まぎらわしい形容詞、vieux と ancien の違いとは…
  6. バレンタインデーのフランス語~その2 プレゼント
  7. 香水の名前 その2 ブルジョワ:かわいいフランス語教えます~…
  8. 「新学期」~フランス・ギャル(歌と訳詞)
  9. エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?
  10. エリザベス女王2世が在位最長記録更新、記念コイン発売へ

新しく書いた記事です。

  1. ビートルズの「ミッシェル」に出てくるフランス語
  2. スペインのバロセロナとカンブリスで起きたテロ
  3. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
  4. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  5. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  6. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  7. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
  8. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
  9. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  10. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …

おすすめのまとめ記事

  1. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  2. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  3. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  4. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  5. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  8. ハロウィン関連記事の目次
  9. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  10. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. ペンディクテ中
  3. 黒板
  4. penのイラスト
  5. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. 鍋

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ30~割れ鍋にとじぶた
  2. masausaさんのカレンダー

    おまけコーナー

    masausaさんのカレンダー到着~可愛いですよ。
  3. 海岸

    フレンチポップスの訳詞

    「毎日が日曜日」(Il fait dimanche )アンリ・サルヴァドール:歌…
  4. ジュリー・シオン店内

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  5. ローマ数字の時計の文字盤

    数字

    ローマ数字(後編)~フランス語の数字【第53回】
PAGE TOP