太陽がふりそそぐ野原

フレンチポップスの訳詞

Suivre le soleil (太陽を追う):Vanille(歌と訳詞)

フランスの女性シンガー、Vanille(ヴァニーユ)の、Suivre le soleil という曲を紹介します。

歌詞を見ると、冬の歌なんですが、いつ聞いても感じがいい歌だと思います。

寒くて悲しい冬の日でも、太陽を見れば、目の前がキラキラして気分が変わるわ、という歌です。



Suivre le soleil

2分35秒。

作詞作曲はヴァニーユ自身です。

それでは訳詞に挑戦!

■太陽を追う

目を開けて、目の前をちょっと見たら
空はオレンジとブルー、ライラックを横切る光
ええ、わかってるわ。ええ、パリは
寒いし悲しい
ここは冬
終わりが見えない
☆太陽を追いかけてちょっと肌を変えたら
太陽はあなたの眠りをなでて、暖かい国を作り出すでしょう
あなたのために 金と銀が小川の中を流れるでしょう
空にあるあなたの瞳が美しい国を作りだすように
美しい国☆
肌を変える

あなたの苦しみを風に運んでもらって
朝、あなたの瞳の中で燃える炎がまた生まれますように
ええ、わかってる。ええ、パリは、ええ
寒いし悲しい
冬、春は
まだ明日じゃない

☆~☆ 繰り返し

肌を変える
太陽を追って肌を変える
太陽を追う

☆~☆ 繰り返し

目を開けて、目の前をちょっと見たら

単語メモ

vermeil  金めっきした銀

se faire  作り出す

changer peau の peauを「肌」と訳した理由は、コメントの返信に書いています。

文法メモ・条件法、その他

以下は私の解釈です(間違っている可能性あり)

この歌には条件法現在形の動詞がたくさん出てきます。

「まいにちフランス語」43:L65 条件法現在その1

Si tu ouvrais les yeux:条件法の条件節(条件を提示する節、si+直接法半過去)、あとには節が続かず、名詞だけになっています。

Si tu suivais le soleil :もし太陽を追いかけたら 条件節 si ~ suivais

帰結節では、caresserait ferait couleraient feraient というように条件法の動詞が使われます。

Si tu laisses les vents emporter tes tourments en chemin :これは現在形を使っているので、ふつうの仮定(もし~なら)。条件法を使うときは、実現がありえないことや、難しいという気持ちがあります。

Que renaisse le feu qui brûlait dans tes yeux un matin ここは、仮定に対する帰結節が来るところですが、このque は願望を表していると解釈し(この場合、動詞は接続法)そんなふうに訳しています。

「苦しみを風に運んでもらって、また目に炎が宿ったらいいわね~」という感じ。

brûlait が半過去なのは、以前は、目が輝いていたということでしょう。

si+直接法現在形のときは、「もし~だとしたら」という訳以外にも、~したらいつも、~ではあるが、~なのは(~だからである)という流れもあるので、文脈に合わせて理解してください。



Suivre le soleil・関連動画

■歌詞の動画

■インタビュー(4分26秒)

ヴァニーユ(1988年生まれ)はジュリアン・クレール(Julien Clerc)の娘なんですね。

インタビューで、「うちには、たくさんcavalière(騎手、馬に乗る女性)がいる」と言っていますが、ヴァニーユのお母さんは、Virginie Coupérie-Eiffel(ヴィルジニー・クペリ・エッフェル)という人で元優秀な障害馬術選手(現在はブリーダーらしい)で、有名な方です。

名前にEiffel とついていますが、この方はエッフェル塔を作ったGustave Eiffel(グスタフ・エッフェル)のひ孫なので、ヴァニーユも、エッフェルの血をひいていることになります。

エッフェル塔建設から130周年を迎えて。

ジュリアン・クレールも良家の子息だから、ヴァニーユはいいところのお嬢さん、と言えるかもしれません。

まあ、父親や母親が誰かは、本人はあまり言ってほしくないかもしれません。

インタビューでは、お父さんも喜んでくれたと言ってるし、ジュリアン・クレールとデュエットしているシーンもあるので、親子の仲はいいみたいです。ジュリアン・クレールとヴィルジニー・クペリは現在は離婚しています。

Suivre le soleilはヴァニーユが2019年に発売した Amazona というアルバムに収録されています。

****

Vanilleはヴァニラという意味ですが、たぶん本名です。作詞作曲のクレジットは Vanille Clerc となっていますから。

ヴァニラちゃん、ってかわいい名前ですね。






スマホを見る少女脳によくないからモニターの見すぎに気をつけよう。前のページ

1920年代のパリの女性アーチストの作品を見せるピオニエール展。次のページタマラ・レンピカ、バナー

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト15選
  3. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。

関連記事

  1. 夜明け
  2. ロシュフォール
  3. ステージ

    フレンチポップスの訳詞

    そこへ行くために(Pour en arriver là):ダリダ(歌と訳詞)

    20世紀のフランスを代表する歌手、ダリダの1980年代半ばのヒット曲、…

  4. バラの花

    フレンチポップスの訳詞

    あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ドロン(歌と訳詞)

    フレンチ・ポップスでフランス語になじむシリーズ、今回は懐メロです。…

  5. エニシダ

    フレンチポップスの訳詞

    クロード・フランソワ、「陽のあたる月曜日」の訳詞

    1960年代から70年代にかけて活躍したフランスの男性シンガー、クロー…

  6. ロシュフォールの恋人たち

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 関 春子
    • 2022年 5月 09日 1:32pm

    changer de peau を、肌を変える
    と訳していらっしゃいますが、ちょっとしっくり来なくて調べたら、変貌する、イメージチェンジする、生活(の仕方)を変える、というのがありました。こちらの方がしっくり来るかな、と思いますが、如何でしょうか?

      • pen(フランス語愛好家)
      • 2022年 5月 10日 1:48am

      関春子さん

      こんにちは。penです。
      コメントありがとうございます。
      確かに、肌を変える という表現は日本語にはないから
      違和感たありますよね。
      私も辞書でpeauの定義は全部見ました。

      この歌は、寒くてゆううつなときに、日光にあたると暖かくなるし楽しくなる
      という歌だと思うので(太陽の光の表現がいろいろと出てくるところからそう解釈)、
      「肌」とそのまま訳しました。
      生活を変えるというよりも、
      もっとダイレクトな、肉体的な変化を
      歌っていると思ったからです。

      peauの意味の中に
      体 や 生命 があるので
      そういう意味合いを入れた訳し方がいいかもしれません。

      もちろん、歌の解釈は自由なので
      好きなふうに捉えればいいと思います。

      いつもブログをごらんいただき、ありがとうございます。

      pen

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP